iTunes と他社製セキュリティソフトウェアとの問題を解決する

iTunes を開けない、コンテンツをダウンロードできない、デバイスを同期できない、またはホームシェアリングを使えない場合は、お使いのセキュリティソフトウェアが原因となっている可能性が考えられます。 

他社製のセキュリティソフトウェアが原因で、iTunes から Apple のサーバやデバイスに接続できなくなる場合があります。デバイスを同期、アップデート、バックアップ、または復元するときに、番号付きのエラーメッセージが表示されることもあります。

セキュリティソフトウェアと iTunes との間で問題が生じている場合は、次の症状が現れることがあります。

  • iPhone、iPad、または iPod touch が iTunes で認識されない、またはこれらのデバイスをバックアップ、復元、アップデート、同期、またはアクティベーションできない
  • iTunes エラー 4、6、1630 〜 1641、3000 〜 3999、または 9000 〜 9999 が表示される*
  • iTunes Store に接続できず、コンテンツを購入またはダウンロードできない
  • iTunes が開かない

* エラー 9006 が表示される場合、コンピュータから Apple サーバまたは iPhone、iPad、または iPod touch にアクセスできていない可能性があります。iTunes と Apple のソフトウェアアップデートサーバとの間の通信に問題が起きていないか調べてください。エラーメッセージが依然として表示される場合は、この先を読み進めて、接続とセキュリティソフトウェアについて調べる方法をご確認ください。


はじめに

セキュリティソフトウェアの設定を変更する前に、以下の点をご確認ください。

  • お使いのコンピュータで日付と時刻、時間帯が正しく設定されていることを確認します。 
  • ゲストアカウントではなく、管理者アカウントを使ってログインします。
  • お使いの iTunes が最新バージョンであることを確認します。
  • macOS または Windows をアップデートします。
  • セキュリティソフトウェアをアップデートします。

iPhone、iPad、または iPod が iTunes for Mac で認識されない場合はこちらの記事、iTunes for Windows で認識されない場合はこちらの記事で対処法をご確認ください。

それでも問題が解消しない場合は、次のセクションに進んでください。


接続をテストする

「hosts」ファイルを調べて、iTunes と Apple のサーバとの通信が阻止されていないかを確認してください。

AirPlay、ホームシェアリング、iTunes、または Remote の使用に際して問題がある場合は、自宅のコンピュータまたはデバイス間の接続をテストします。 コンピュータやデバイスがすべて同じネットワークおよびサブネットに接続していないと、正常に動作しません。

それでも問題が解消しない場合は、次のセクションに進んでください。


セキュリティソフトウェアをテストする

接続テストを行っても問題が解消しない場合は、セキュリティソフトウェアがコンピュータと iTunes との接続に干渉している可能性が考えられます。

状況によっては、問題の切り分けのために、セキュリティソフトウェアを一時的に削除しなければならないこともあります。一部のインターネットセキュリティアプリケーションは完全にはアンインストールされないため、お使いのセキュリティソフトウェアを完全に削除するために、専用のクリーンアップユーティリティをダウンロードして実行しなければならない場合もあります。

お使いのセキュリティソフトウェアのプロバイダにご確認の上、Apple 製品が使うポートとサービスをすべて許可してください。また、セキュリティソフトウェアのアンインストール方法についても、プロバイダにお問い合わせください。

違う種類のセキュリティソフトウェアを同時にインストールしないでください。複数の種類のセキュリティソフトウェアがインストールされていると、ほかにもパフォーマンス上の問題が起きる可能性があります。

それでも問題が解消しない場合は、次のセクションに進んでください。


Windows ファイアウォールを調べる

iTunes を例外として追加していない限り、Windows ファイアウォールで iTunes からインターネットへの接続が阻止される場合があります。Windows パソコンのファイアウォールで iTunes がブロックされていないか、以下の手順で確認してください。

  1. キーボードの Windows キーを押します。キーボードに Windows キーがない場合は、「Control (Ctrl) + Escape (Esc)」キーを押します。
  2. 虫眼鏡のアイコンまたは検索フィールドをクリックします。検索フィールドに「firewall.cpl」と入力します。
  3. 検索結果の「firewall.cpl」をクリックします。「Windows ファイアウォール」ウインドウが開きます。
  4. 「Windows ファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」(Windows 10 および 8) または「Windows ファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可する」(Windows 7) をクリックし、「設定の変更」をクリックします。
  5. iTunes がプライベートとパブリックの両方のネットワークに対して選択され、Bonjour はプライベートネットワークについてのみ選択されていることを確認します。
  6. iTunes または Bonjour がリストに表示されていない場合は、「別のアプリの許可」(Windows 10 および 8) または「別のプログラムの許可」(Windows 7) をクリックします。
    • iTunes がリストに表示されていない場合は、「参照」をクリックし、iTunes の場所 (C:\Program Files\iTunes\) に移動します。
    • Bonjour がリストに表示されていない場合は、「参照」をクリックし、mDNSResponder の場所 (C:\Program Files\Bonjour\) に移動します。
  7. いずれかのプログラムを選択したら、「開く」をクリックします。
  8. 「アプリの追加」ウインドウ (Windows 10 および 8) または「プログラムの追加」ウインドウ (Windows 7) の「追加」をクリックします。
  9. 「許可されたアプリ」ウインドウ (Windows 10 および 8) または「許可されたプログラム」ウインドウ (Windows 7) で「OK」をクリックします。
  10. 「Windows ファイアウォール」ウインドウを閉じます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: