iTunes for Windows のバックグラウンドプロセスについて

iTunes for Windows は、開いているときにバックグラウンドで実行されるプロセスをいくつかインストールします。各プロセスの処理内容について以下にまとめています。

プロセス 処理内容
AppleMobileBackup.exe お使いの iPhone または iPod touch のデータをバックアップします。
AppleMobileDeviceHelper.exe コマンドをリスニングして、iTunes がデバイスと通信できるよう支援します。
AppleMobileDeviceService.exeまたは AppleMobileDeviceProcess.exe iTunes で iPhone および iPod touch が認識されるようになります。
AppleMobileSync.exe iPhone または iPod touch のデータをコンピュータと同期します。
distnoted.exe iTunes で iPhone および iPod touch と同期できるようになります。
iPodService.exe iTunes がデバイスにアクセスできるようになります。
iTunesHelper.exe コマンドをリスニングして、iTunes がデバイス (iPod など) と通信できるよう支援します。
MDCrashReportTool.exe デバイスからログレポートを抽出し、Apple に送信します (選択されている場合)。
mDNSResponder.exe iTunes でローカルネットワーク上のサービス (ミュージック共有、Apple TV、AirTunes) を検出できるようになります。「Bonjour for Windows」とも呼ばれます。
SyncServer.exe 同期プロセスを調整します。
同期設定に依存するプロセス 処理内容
com.apple.IE.client.exe デバイスを Internet Explorer と同期します。
com.apple.Outlook.client.exe デバイスを Outlook と同期します。
com.apple.Safari.client.exe デバイスを Safari と同期します。
com.apple.WindowsContacts.client.exe デバイスを Windows アドレス帳と同期します。
com.apple.WindowsMail.client.exe Windows Mail と同期します。

設定によっては、これらのバックグラウンドプロセスの一部が表示されない場合があります。iTunes は、同期や診断などの各種の作業を実行するために、ほかのバックグラウンドプロセスを開始することがあります。今後、上記のバックグラウンドプロセスに新しい機能が追加される場合があります。コンピュータ上で iTunes が開いていない場合でも、これらのプロセスを無効にしないでください。

関連情報

Windows コンピュータから Apple のサービスに確実にアクセスできるように、エンタープライズネットワークで Apple 製品を使う方法をこちらの記事、Apple ソフトウェア製品で使われている TCP および UDP ポートをこちらの記事でご確認ください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: