macOS High Sierra

テキストを読み上げる

VoiceOver では、さまざまな方法でテキストを読み上げることができます。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

読み上げる場所

操作方法

先頭から(「すべてを読み上げる」)

VO + A キーを押すか、2 本の指で上にフリックします。書類を操作する必要はありません。

VoiceOver カーソルから最後まで

VO + A キーを押すか、2 本の指で下にフリックします。最初に書類を操作する必要があります。

段落

VO + P キーを押します。次または前の段落に移動するときは、VO + Shift + Page Down キーまたは VO + Shift + Page Up キーを押します。

VO + L キーを押します。次または前の行に移動するときは、VO +上矢印キーまたは VO +下矢印キーを押します。

VO + S キーを押します。次または前の文に移動するときは、VO + Command + Page Down キーまたは VO + Command + Page Up キーを押します。

単語

VO + W キーを押します。単語のスペルを読み上げるときは、VO + W キーをもう一度押します。単語のフォネティックスペリングを読み上げるときは、VO + W キーをもう一度押します。次または前の単語に移動するときは、VO +右矢印キーまたは VO +左矢印キーを押します。

段落、行、文、または単語(ジェスチャを使用)

トラックパッド上に 1 本の指を置きながら Command キーを押します。これを繰り返して、使用したい設定が読み上げられたところで放します。

文字

VO + C キーを押します。文字のフォネティックスペリングを読み上げるときは、VO + C キーをもう一度押します。次または前の文字に移動するときは、右矢印キーまたは左矢印キーを押します。

「VoiceOver ユーティリティ」で「フォネティックスペリングを使用」を選択した場合は、「a alpha n november t tango」のように、文字のフォネティックスペリングが読み上げられます。

下矢印キーを使ってテキストの次の行に移動するときは、挿入ポイントがある行が読み上げられます。書類の先頭行で下矢印キーを押した場合は、挿入ポイントが次の行に移動してしまうため、その行は読み上げられません。書類のテキストの先頭行を読み上げるときは、VO +下矢印キーを押してください。

方向コマンド(VO + F4 + F4 および VO + F5 + F5 + F5)を使うと、書類内の挿入ポイントの場所がどこにあるのかが分かって便利です。

「すべてを読み上げる」を使用したときにテキストをすばやく早送りおよび巻き戻しできるようにするキーにコマンドを割り当てるときは、「VoiceOver ユーティリティ」を開き(VoiceOver がオンのときに、VO + F8 キーを押す)、「コマンダー」をクリックします。