macOS High Sierra

内容までスクロールする

VoiceOver コマンドまたは VoiceOver ジェスチャを使って、内容までスクロールできます。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

VoiceOver コマンドを使用する

  1. スクロール領域を操作します

  2. スクロールを開始するときは、VO + Shift + S キーを押します。

    スクロール中は、ほかの VoiceOver コマンドを使用できません。

  3. 内容をスクロールします。サウンドエフェクトが聞こえたら、それ以上はスクロールできません。

    • 上下または左右方向にスクロールする:矢印キーを押します。

    • 一度に 1 ページをスクロールする:縦方向にスクロールするときは、Page Up または Page Down キーを押します。横方向にスクロールするときは、Shift + Page Up または Shift + Page Down キーを押します。

  4. スクロールを停止するときは、Escape キーまたは Fn + Tab キーを押します。

VoiceOver ジェスチャを使用する

  • 一度に 1 ページをスクロールするときは、3 本の指で上、下、左、右にフリックします。

  • 現在のページに表示されているページまたは行の数を読み上げるには、3 本の指でタップします。「Page 4 of 15 and Horizontal page 1 of 2」のように読み上げられます。

  • 「VoiceOver ユーティリティ」の「トラックパッドコマンダー」パネルでは、(スクロールバーではなく)内容を下方向または上方向にスクロールするためのチェックボックスを選択できます。通常は、スクロールバーを下方向または上方向に動かすと、内容は反対方向に動きます。このオプションを選択すると、内容はスクロールしている方向と同じ方向に動きます。

内容を操作すると、VoiceOver カーソルは内容の移動に合わせて自動的にスクロールします。