macOS High Sierra

コンテンツの領域とグループを操作する

デフォルトでは、項目に移動する前に、その項目が含まれるコンテンツ領域(スクロール領域や表)またはその他のグループ(ツールバーなど)を操作する必要があります。この動作により、コンテンツ領域やグループをバイパスしたり、停止して操作したりできます。たとえば、Finder ウインドウで、サイドバーを超えて表示ブラウザを操作するか、またはサイドバーを操作してフォルダやファイルを開くかを切り替えることができます。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

  • 操作を開始する:VO + Shift +下矢印キーを押すか、トラックパッド上で 2 本の指を使って右にフリックします。操作の最後に達すると、サウンドエフェクトが聞こえます。

    VoiceOver カーソルは操作している領域の境界内に留まるので、その領域内でのみ操作できます。

  • 操作を停止する:VO + Shift +上矢印キーを押すか、トラックパッド上で 2 本の指を使って左にフリックします。

一部の Web ページ上での移動を効率化するため、VoiceOver は自動的にグループを操作する場合があります。自動的にグループを操作したくない場合は、VO + Shift +右矢印または左矢印を押します。クイックナビが有効になっている場合は、Shift +右矢印または左矢印を押します。

VoiceOver で、グループを操作することなく、グループ内の項目に直接移動できるようオプションを設定できます。「VoiceOver ユーティリティ」を開き(VoiceOver がオンのときに、VO + F8 キーを押す)、「ナビゲーション」カテゴリをクリックし、「グループ化の動作」をクリックしてから、「標準」(デフォルト設定)以外の設定を選択します。設定について詳しくは、「ナビゲーション」パネルの「ヘルプ」ボタンをクリックします。

注記:一部の領域(表など)は選択した設定内容に関わらず、常に操作を必要とします。これにより、「メール」受信箱のように数千規模の項目がある場合にそれらの移動を避けることができます。

「メール」のボタンやスマートアドレスなど、タイトルや埋め込みテキストがある要素を操作して、単語や文字で要素を読み上げることができます。