macOS High Sierra

点字ディスプレイでルーターキーを使用する

多くの点字ディスプレイには、点字セルの上にルーターキーが付いていて、これを使って VoiceOver カーソルを動かすことができます。一般的には、点字行の特定の項目の上でルーターキーを押して、VoiceOver カーソルや選択したものをその項目に移動するために使います。

コントロールの上でルーターキーを押すと、VoiceOver カーソルがそのコントロールに移動します。VoiceOver カーソルがすでにそのコントロールにある場合は、ルーターキーを押すと、そのコントロールのデフォルトの処理が実行されます。たとえば、ボタンをクリックするときは、ルーターキーを押して VoiceOver カーソルをそのボタンに移動し、もう一度ルーターキーを押すことでボタンをクリックします。コンピュータのキーボードをまったく使わずに操作できます。テキストを読み上げたりテキスト上を移動しているときにも、ルーターキーを押すと、テキスト上のその場所に VoiceOver カーソルが移動します。

状況セルの上でルーターキーを押せば、そのセルの各ドットの詳しい説明を点字で表示することもできます。この説明を終了するには、ほかのルーターキーを押します。