macOS High Sierra

スペルミスのある単語を修正する

「テキストエディット」や「メール」などの多くの macOS アプリケーションでは、スペルミスのある単語を入力時に検出して、訂正候補を表示させることができます。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

自動スペル訂正を使用する

スペルミスのある単語を通知されたときは、次のいずれかの操作を行います:

  • 単語を自動的に訂正するときは、入力を続けます。

    単語を訂正できない場合は、その単語に赤の下線が引かれます。これらのスペルミスを書類をチェックして手動で訂正できます。

  • 推奨された訂正から選択するときは、下矢印キーを押してから左矢印キーまたは右矢印キーを押していると、使いたい訂正候補が読み上げられます。そして Return キーを押します。

    訂正候補を選択しないで終了するときは、Escape キー、Fn + Tab キー、または上矢印キーを押します。

  • 自動訂正された単語のスペルを元に戻すには、その単語に移動して、その単語の直後に挿入ポイントを配置し、下矢印キーを押して元のスペルまで移動してから、スペースバーを押してそれを選択します。

スペルを自動的に訂正したくない場合は、「編集」>「スペルと文法」と選択してから、「スペルを自動的に修正」コマンドの選択を解除します(可能な場合)。

スペルを手動で訂正する

自動スペル訂正を使用しないことを選択した場合、または書類にスペルミスのある単語が含まれているけれども訂正候補が表示されない場合は、手動でスペルミスを確認して訂正できます。

ヒント:ローテーションには書類内でスペルミスのあるすべての単語のリストが表示されるので、各単語にすばやくジャンプして修正できます。スペルミスのある単語のリストを使用するには、VO + U キーを押してローテーションを開き、「スペルミス」と読み上げられるまで左矢印または右矢印キーを押します。

  1. 最初のスペルミスのある単語に移動して、Command +セミコロン(;)キーを押します。

    • 単語のスペルを聞くには、VO + W + W キーを押します。

      その単語が実際にはスペルミスでない場合は、Command +セミコロン(;)キーを押し続けて、訂正が必要な単語が読み上げられたところで放します。

    • 訂正候補や辞書などのショートカットメニューを開くには、VO + Shift + M キーを押します。

  2. 使用したいスペルに移動してから、VO +スペースバーを押して選択します。

    適切な訂正が読み上げられない場合は、Escape キーまたは Fn + Tab キーを押し、VO + Shift + F4 キーを押して VoiceOver カーソルをスペルミスのある単語に移動してから、修正内容を入力します。

スペルミスのある単語の通知方法を変更するときは、「VoiceOver ユーティリティ」を開き(VoiceOver がオンのときに、VO + F8 キーを押す)、「詳細度」をクリックして、「テキスト」をクリックします。