macOS High Sierra

VoiceOver 修飾キーを使用する

VoiceOver コマンドを入力するには、VoiceOver 修飾キーとほかのキーを押します。VoiceOver 修飾キーを Caps Lock キーまたは Control + Option キーに設定できます。たとえば、VoiceOver ヘルプメニューを開くには、Caps Lock + H キーを押す方法と、Control + Option + H キーを押す方法があります。

ヘルプでは、VoiceOver コマンドは「VO +キー」と表記されます。VO は「VoiceOver ユーティリティ」の「一般」カテゴリで指定した VoiceOver 修飾キーです。たとえば、VoiceOver コマンド VO + Shift + M は、VoiceOver 修飾キーと Shift キーと M キーを同時に押すことを意味します。使用する VoiceOver 修飾キーによって、Caps Lock + Shift + M キーを押す場合と、Control + Option + Shift + M キーを押す場合があります。

VoiceOver コマンドを入力しやすくするために、VoiceOver 修飾キーをロックして、それらのキーを押さなくてもいいようにすることができます。たとえば、VoiceOver 修飾キーをロックすると、VO + Shift + M というコマンドを入力する際、Shift + M キーを押すだけで済みます。Caps Lock キーや Control + Option キーを押す必要はありません。

  • VoiceOver 修飾キーをロックするには、VO + ;(セミコロン)を押します。修飾キーをロック解除するときは、同じコマンドをもう一度押します。

  • VoiceOver 修飾キーが Caps Lock キーに設定されている状態で、Caps Lock キーを使って大文字を入力したい場合は、Caps Lock キーをすばやく 2 回押します。