macOS High Sierra

項目の代替アクションを実行する

一部のメニューコマンドでは、修飾キーを押したときに代替アクションが提供されます。

ボタン、チェックボックス、およびユーザインターフェイス要素でも、代替アクションが提供されることがあります。たとえば、ラベルの上にポインタを移動すると、追加のボタンが表示される場合があります。アプリケーションまたは Web サイトの開発者がスクリーンリーダー用のこれらの種類の代替項目を識別すると、自動的に読み上げられるので、それらを表示して移動することができます。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

  • メニューコマンドの場合:VoiceOver カーソルをメニューコマンドに移動して、修飾キーを押したままにします。コマンドにその修飾キーに関連付けられた代替アクションがある場合は、そのアクションが読み上げられます。そのアクションを実行するときは、続けて、修飾キーを押したまま Enter キーを押すか、必要なほかのキーを押します。

  • ユーザインターフェイス要素の場合:代替項目が存在する場合に読み上げられます。VO + Command +スペースバーを押して「アクション」メニューを開き、「代替項目を表示」を選択します。デフォルトの項目を再度表示するには、VO + Command +スペースバーを押して「アクション」メニューを開き、「デフォルト項目を表示」を選択します。