macOS High Sierra

ローターを使用して移動する

アプリケーションでの作業中または Web ページのブラウズ中に、ローターを使って、アプリケーションウインドウまたは Web ページ内の特定の項目に直接移動できます。たとえば、「メール」のメールメッセージや、Web ページの見出しまたはリンクに移動できます。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

  1. VO + U キーを押してローターを開きます。

  2. 右矢印キーまたは左矢印キーを使ってリスト内を移動し、ウインドウスポットや見出しなどの目的のリストが読み上げられたところで放します。

    使用しているアプリケーションによっては、コンテンツセレクタが読み上げられます。コンテンツセレクタから、アプリケーション内のコンテンツリストにすばやくアクセスできます。たとえば、「メール」のコンテンツセレクタでは、メッセージリスト内のメッセージが読み上げられます。「カレンダー」の「週表示」では、各日のイベントの数が読み上げられます。

  3. 上矢印キーまたは下矢印キーを使ってリスト内の項目を移動し、目的の項目が見つかったところで放します。

    • ほとんどのリストでは、項目名の一部を入力することにより、入力した文字が含まれる項目にリストを絞り込むことができます。「見出し」リストの場合は、見出しレベル(3 など)を入力することで、そのレベルの見出しだけにリストを絞り込むことができます。

      リスト内のすべての項目を再表示するときは、Delete キーを押します。

    • 項目のヘルプタグを読み上げるときは(該当する場合)、VO + Shift + H キーを押します。

    • 項目のインターネットアドレスを読み上げるときは(該当する場合)、VO + Shift + U キーを押します。

    • 目的の項目が見つからない場合は、何も選択せずに Escape キーまたは Fn + Tab キーを押してローテーションを終了します。

  4. 項目を選択してそこにジャンプするときは、Return キーまたはスペースバーを押します。

    ローテーションを終了します。

「VoiceOver ユーティリティ」のオプションを設定して、Web ページの表示中にローテーションに表示される項目をカスタマイズすることができます。詳しくは、「Web」カテゴリの「Web ローター」パネルを参照してください。

VoiceOver ジェスチャを使用する場合は、ジェスチャでローテーション設定を使用することができます。