macOS High Sierra

キー、ショートカット、ジェスチャのヘルプを表示する

キーボードヘルプを使うと、キーに対応する VoiceOver コマンドをすばやく読み上げることができます。たとえば、「Control-Option-D Go to Dock Moves VoiceOver cursor to the Dock」を読み上げるには、Control + Option + D キーを押します。

コマンダー、更新式点字ディスプレイ、および VoiceOver ジェスチャでキーボードヘルプを使うことができます。キーボードヘルプを使用しているときに、その他の作業でキーボード、点字ディスプレイ、またはトラックパッドを使用することはできません。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

VO + K キーを押してキーボードヘルプを開始し、以下のいずれかを実行します:

  • キーボードまたは点字キーの名前を読み上げる:そのキーを押します。

  • キーに対応する VoiceOver コマンドを読み上げる:Control キーと Option キー、または Caps Lock キーを押してから、そのキーを押します。

  • ジェスチャの名前と対応する VoiceOver コマンドを読み上げる:ジェスチャを使用します。

  • キーまたはジェスチャの代替機能を読み上げる:Control キーと Option キー、または Caps Lock キーを修飾キー(Shift キーなど)と一緒に押してから、キーを押してみてください。そのキーの代替機能が読み上げられます。

キーボードヘルプを終了するときは、VO + K キー、Escape キー、または Fn + Tab キーを押します。

標準 QWERTY キーボードを使用することが困難な場合は、Dvorak 配列を使ってみてください。入力しやすいキー配列に最適化できます。