macOS High Sierra

検索コマンド

テキスト書類や Web ページ内のテキスト属性、グラフィックス、コントロール、およびその他の項目の検索などの操作を実行するときは、これらのコマンドを使用します。VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

注記:VoiceOver がオンになっていると、ファンクションキー(F1 キーから F12 キーまで)を使う代わりに、VoiceOver 修飾キーで Fn キーと数字キーを使って VoiceOver コマンドを入力できます。たとえば、「VoiceOver ユーティリティ」を開くときは、Control + Option + Fn + 8 キー(Control + Option + F8 キーの代わり)を押すことができます。

ファンクションキー(F1 から F12)を使用する場合、「キーボード」環境設定のファンクションキーの動作の設定によっては、Fn キーを押したままにする必要があります。

検索する

VO + F

「検索コマンド」メニューを開く

VO + Shift + F

次の検索テキストを検索する

VO + G

前の検索テキストを検索する

VO + Shift + G

次のリストを検索する

VO + Command + X

前のリストを検索する

VO + Command + Shift + X

次のボールドテキストを検索する

VO + Command + B

前のボールドテキストを検索する

VO + Command + Shift + B

次のスタイル変更を検索する

VO + Command + C

前のスタイル変更を検索する

VO + Command + Shift + C

次のイタリックテキストを検索する

VO + Command + I

前のイタリックテキストを検索する

VO + Command + Shift + I

次のカラー変更を検索する

VO + Command + K

前のカラー変更を検索する

VO + Command + Shift + K

次のフォント変更を検索する

VO + Command + O

前のフォント変更を検索する

VO + Command + Shift + O

次の表を検索する

VO + Command + T

前の表を検索する

VO + Command + Shift + T

次の下線付きテキストを検索する

VO + Command + U

前の下線付きテキストを検索する

VO + Command + Shift + U

次のコントロールを検索する

VO + Command + J

前のコントロールを検索する

VO + Command + Shift + J

次の別の項目を検索する

VO + Command + D

前の別の項目を検索する

VO + Command + Shift + D

現在の項目と同じタイプの次の項目を検索する

VO + Command + S

現在の項目と同じタイプの前の項目を検索する

VO + Command + Shift + S

次のグラフィックを検索する

VO + Command + G

前のグラフィックを検索する

VO + Command + Shift + G

次の見出しを検索する

VO + Command + H

前の見出しを検索する

VO + Command + Shift + H

次のリンクを検索する

VO + Command + L

前のリンクを検索する

VO + Command + Shift + L

同じレベルの次の見出しを検索する

VO + Command + M

同じレベルの前の見出しを検索する

VO + Command + Shift + M

次の標準テキストを検索する

VO + Command + P

前の標準テキストを検索する

VO + Command + Shift + P

次の閲覧済みリンクを検索する

VO + Command + V

前の閲覧済みリンクを検索する

VO + Command + Shift + V

次のスペルミスのある単語を検索する

VO + Command + E

前のスペルミスのある単語を検索する

VO + Command + Shift + E

次のブロック引用を検索する

VO + Command + Q

前のブロック引用を検索する

VO + Command + Shift + Q

同じレベルの次のブロック引用を検索する

VO+ Command + W

同じレベルの前のブロック引用を検索する

VO+ Command + Shift + W