macOS High Sierra

操作コマンド

画面上の項目の操作などを実行するときは、これらのコマンドを使用します。VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

注記:VoiceOver がオンになっていると、ファンクションキー(F1 キーから F12 キーまで)を使う代わりに、VoiceOver 修飾キーで Fn キーと数字キーを使って VoiceOver コマンドを入力できます。たとえば、「VoiceOver ユーティリティ」を開くときは、Control + Option + Fn + 8 キー(Control + Option + F8 キーの代わり)を押すことができます。

ファンクションキー(F1 から F12)を使用する場合、「キーボード」環境設定のファンクションキーの動作の設定によっては、Fn キーを押したままにする必要があります。

項目の操作を開始する

VO + Shift +下矢印

項目の操作を停止する

VO + Shift +上矢印

自動的にグループを操作せずに Web ページを移動する

VO + Shift +左矢印または右矢印キー

クイックナビが有効になっている場合は、Shift +右矢印または左矢印を押します。

VoiceOver カーソル内の項目にデフォルト操作を実行する

VO +スペースバー

マウスをクリックする

VO + Shift +スペースバー

マウスをダブルクリックする

VO + Shift +スペースバー+スペースバー

リストまたは表で複数選択を開始し、各項目を選択する

VO + Command + Return

複数選択を停止するには、選択した項目をカットまたはコピーするか、Escape キーまたは Fn + Tab キーを押すか、あるいは項目があるリストまたは表の操作を停止します。

複合マウスを上方向または下方向に移動する(ある場所の項目をドラッグして別の場所にドロップするときに使用します)

VO + Command + Shift +スペースバー

メニューやリストの項目を選択する

VO + Return

開閉用三角ボタンを開く/閉じる

VO +バックスラッシュ(\)

イメージまたは写真を説明する

VoiceOver では、イメージ内のテキストの内容を説明します(イメージに注釈が付いていない場合でも)。木、犬、または 4 人の笑顔など、写真内のものについても説明します。

VO + Shift + L

表内の行ヘッダを読み上げる

VO + R

表の行の内容のうち、VoiceOver カーソルの場所から行の最後まで読み上げます。

VO + R + R

表内の列ヘッダを読み上げる

VO + C

表の列の内容のうち、VoiceOver カーソルの場所から列の最後まで読み上げます。

VO + C + C

表内の行番号と列番号を読み上げる

VO + Shift + T

表内の列と行の数(大きさ)を読み上げる

VO + Shift + T + T

スクロールバーの操作を開始する

VO + Shift + S

次に、上方向、下方向、または横方向にスクロールするときは、矢印キーを使用します。縦方向に 1 ページずつスクロールするときは、Page Up および Page Down キーを使用します。横方向に 1 ページずつスクロールするときは、Shift + Page Up および Shift + Page Down キーを使用します。

ウインドウのサイズを変更する

VO +ティルダ(~)

メニューから、「サイズ変更」、「サイズを変更してグリッドに移動」、または「項目のサイズを変更してセクションに移動」を選択します。次に、端または隅のサイズ変更を選択できるサブメニューに移動するか、サイズを変更してグリッド内の左上などの領域に移動するか、サイズを変更していずれかのセクション(下半分など)に移動します。

端のサイズを変更するときは、VO キーと矢印キーを使います(たとえば、ウインドウの右端を拡張するときは、VO +右矢印キーを押します)。

隅のサイズを変更するときは、VO キーと 2 つの矢印キーを使います(たとえば、ウインドウの右上隅を拡張するときは、VO +右矢印キー+上矢印キーを押します)。

ウインドウを移動する

VO +(`)

それから VO キーと矢印キーを使います(たとえば、ウインドウを左方向へ移動するときは、VO +左矢印キーを押します)。ウインドウを対角線方向に移動するときは、VO キーと 2 つの矢印キーを使います(たとえば、ウインドウを左上対角線方向に移動するときは、VO +左矢印キー+上矢印キーを押します)。

オブジェクトのサイズを変更する

VO + Command +ティルダ(~)

メニューから、「サイズ変更」、「サイズを変更してグリッドに移動」、または「項目のサイズを変更してセクションに移動」を選択します。次に、端またはハンドルのサイズ変更を選択できるサブメニューに移動するか、サイズを変更してグリッド内の左上などの領域に移動するか、サイズを変更していずれかのセクション(下半分など)に移動します。

端のサイズを変更するときは、VO キーと矢印キーを使います(たとえば、オブジェクトの右端を拡張するときは、VO +右矢印キーを押します)。

ハンドルのサイズを変更するときは、VO キーと 2 つの矢印キーを使います(たとえば、オブジェクトの右上ハンドルを拡張するときは、VO +右矢印キー+上矢印キーを押します)。

オブジェクトを移動する

VO + Command +(`)

それから VO キーと矢印キーを使います(たとえば、オブジェクトを左方向へ移動するときは、VO +左矢印キーを押します)。オブジェクトを対角線方向に移動するときは、VO キーと 2 つの矢印キーを使います(たとえば、オブジェクトを左上対角線方向に移動するときは、VO +左矢印キー+上矢印キーを押します)。

スクロールまたはサイズ変更を中止する

Escape または Fn + Tab

カスタムラベルを作成する

VO +スラッシュ(/)

現在のウインドウまたは「Mission Control」で選択したデスクトップを閉じる

VO + Command + Escape

「アクション」メニューを開く

VO + Command +スペースバー

アクティビティセレクタを開く(このコマンドはアクティビティを作成したアプリケーションまたは Web サイトでのみ有効です)

VO + X

前のアクティビティへ切り替える

VO + X + X