macOS High Sierra

ビデオ通話やオーディオ通話をかける/ビデオ通話やオーディオ通話を受ける

「FaceTime」を使うと、FaceTime ビデオ通話やオーディオ通話、または電話をかけることができます。

  • FaceTime ビデオまたはオーディオ通話:「FaceTime」をサポートしている Mac または iOS デバイスを持っている人と通話します。すべての参加者がインターネットに接続している必要があります。これらの通話では、セルラー通信ではなく Wi-Fi またはモバイルデータ通信が使用されます。

    名前、電話番号、またはメールアドレスを検索バーに入力します。FaceTime ビデオ電話をかけるには、「ビデオ」ボタンをクリックします。「オーディオ」ボタンをクリックして FaceTime オーディオ通話または電話をかけます。
  • Mac での電話:Mac を使って電話をかけたり受けたりすることもできます。これらの通話ではセルラー通信が使用されます。

「FaceTime」を開く

FaceTime ビデオまたはオーディオ通話をかける

FaceTime ビデオまたはオーディオ通話をかけるには、「FaceTime」にサインインしていて、「FaceTime」がオンになっている必要があります。

  1. FaceTime ウインドウの上部にあるフィールドで、通話したい相手のメールアドレスまたは電話番号を入力します。相手のカードが「連絡先」に含まれている場合は、名前を入力するだけで済みます。

    連絡先を表示するには、「連絡先」ボタン をクリックします。

    連絡先の追加について詳しくは、FaceTime 使用中に連絡先を作成するを参照してください。

  2. FaceTime 通話を開始するには、「ビデオ」ボタン または「オーディオ」ボタン をクリックします(または Touch Bar を使用します)。

    「オーディオ」ボタン をクリックしたときに、Mac で電話をかけるように設定している場合は、FaceTime オーディオ通話をかけるか電話をかけるかを選択できます。

Siri に尋ねます。以下のように話しかけます:「母に FaceTime をして」。 Siri の詳しい情報を参照してください。

応答を拒否されたり応答がない場合、「メッセージ」をクリックして相手に iMessage を送信できます(あなたと相手が両方とも iMessage にサインインしている必要があります)。

通話に出る/拒否する

「FaceTime」にサインインしているときは、「FaceTime」が開いていなくても、着信を受け付けたり拒否したりできます。FaceTime 通話を受信すると、デスクトップの右上隅に通知が表示されます。

テキストメッセージを送信したり、リマインダーを作成したりするには、通知内で「拒否」の横にある矢印をクリックします。

以下のいずれかを実行します:

  • ビデオ通話やオーディオ通話に応答する:「応答」をクリックします。

  • ビデオ通話やオーディオ通話に応答して現在の通話を終了する:「終了して応答」をクリックします。

  • オーディオ通話に応答して現在のオーディオ通話を保留にする:「保留して応答」をクリックします。新しい通話を終了すると、保留中の通話が再開されます。一度に 1 つのオーディオ通話のみを一時停止できます。

  • 通話を拒否する:「拒否する」をクリックします。

    ヒント:電話を受けたくない人から着信があった場合は、発信者をブロックすることができます。

  • 通話を拒否して、iMessage を使用してメッセージを送信する:「拒否」の横にある 下矢印 をクリックし、「メッセージで返信」を選択してメッセージを入力してから、「送信」をクリックします。あなたと発信者が両方とも iMessage にサインインしている必要があります。

  • 通話を拒否して後でかけ直すようにリマインダーを設定する:「拒否」の横にある 下矢印 をクリックしてから、リマインダーを受け取るまでの待ち時間を選択します。通知が表示されたら、その通知をクリックしてリマインダーを表示します。リマインダー内のリンクをクリックすると通話が開始されます。

お使いの Mac に Touch Bar がある場合は、Touch Bar を使って通話に応答したり、通話を拒否したり、拒否してメッセージを送信したり、拒否してリマインダーを設定したりできます。