Mac で FaceTime が機能しない場合

FaceTime にサインインできない、カメラやマイクを使えない、接続が途切れるといった場合の対処法をご案内します。

FaceTime にサインインできない場合

  • appleid.apple.com にサインインできるか確かめます。Apple ID を忘れてしまった場合はこちらの記事、Apple ID のパスワードを忘れてしまった場合はこちらの記事で対処法をご確認ください。
  • Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「日付と時刻」をクリックして、「日付と時刻を自動的に設定」を選択します。「時間帯」をクリックし、設定が正しいか確認してください。
  • 最新のソフトウェアアップデートがインストールされているか確認します。

カメラやマイクが機能しない場合

以下のいずれかの方法で解決できる場合があります。

  • FaceTime を終了し、もう一度開きます。 
  • Mac を再起動します (Apple メニュー >「再起動」)。
  • FaceTime が開いていないことを確認の上、別のアプリケーション (Photo Booth など) でカメラが機能するか確認します。機能しない場合、問題の原因は FaceTime ではないことがわかります。
  • 複数のカメラやマイクを Mac に接続している場合は、FaceTime のメニューバーの「ビデオ」メニューで、正しいカメラとマイクが選択されているか確認します。

接続状況や通話品質に問題がある場合

Wi-Fi ネットワークが低速だったり混雑していたりすると、FaceTime 通話に支障が出ることがあります。接続に関する警告が表示されたり、音声や映像の品質が低い場合は、以下の方法で対処してください。

  • 自分と通話相手が高速の Wi-Fi 接続やモバイルデータ通信接続を使っているか確認します。Wi-Fi で FaceTime 通話をする場合は、ブロードバンド接続が必要です。
  • 接続の低速化を招く問題が起きていないか確認します (たとえば、だれかが同じネットワークでコンテンツをストリーミングしているなど)。
  • インターネット速度に関する質問については、インターネットサービスプロバイダにお問い合わせください。

Mac で FaceTime を使う

国または地域によっては FaceTime を利用できない場合があります。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: