iPhone で「背面タップ」を使う

iOS 14 で「背面タップ」を使えば、iPhone の背面をすばやく 2 回または 3 回叩くだけで、コントロールセンターを開く、スクリーンショットを撮る、アクセシビリティ関連のアクションを呼び出すなど、さまざまなことができます。

「背面タップ」をオンにする

  1. iPhone 8 以降で最新バージョンの iOS を使っていることを確認します。
  2. 「設定」>「アクセシビリティ」>「タッチ」の順に選択し、「背面タップ」をタップします。
  3. 「ダブルタップ」または「トリプルタップ」をタップし、アクションを選択します。
  4. iPhone をダブルタップまたはトリプルタップすると、設定したアクションが呼び出されます。

ダブルタップまたはトリプルタップでアクセシビリティのショートカットを呼び出して、AssistiveTouch、Siri ショートカット 、拡大鏡、簡易アクセス、VoiceOver などの機能にすばやくアクセスできるように設定しておくこともできます。

関連情報

  • AssistiveTouch を有効にして、音量を調節する、画面をロックする、複数の指によるジェスチャを使う、デバイスを再起動する、ボタンを押す操作を画面のタップに置き換えるなど、さまざまに活用できます。
  • Siri ショートカットを使えば、普段よく使う App で行う毎日の作業を Siri に頼んですばやくこなせます。
  • 拡大鏡を使えば iPhone や iPad が虫眼鏡になり、近くにあるものを拡大表示できます。
  • iPhone のアクセシビリティ機能について詳しくは、こちらを参照してください。
公開日: