iPhone、iPad、または iPod touch で AssistiveTouch を使う

AssistiveTouch を利用して、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch といったジェスチャの実行に役立てたり、Siri を使ったりすることができます。

AssistiveTouch を有効にする

AssistiveTouch を有効にすると、AssistiveTouch のメニューが表示されます。このメニューは画面の四辺のどこにでもドラッグでき、タップすると開きます。 

AssistiveTouch を有効にする方法はいくつかあります。

  • 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「AssistiveTouch」の順にタップし、「AssistiveTouch」をオンにします。
  • Siri に「AssistiveTouch を有効にして」とお願いします。 
  • 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ショートカット」の順にタップし、「AssistiveTouch」をオンにします。

アクセシビリティショートカットをオンにしておくと、ホームボタンのトリプルクリックで AssistiveTouch のオンとオフを切り替えることができます。ホームボタンを 3 回押すだけです。トリプルクリックの速度は、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ホームボタン」の「クリックの間隔」で調節します。

 

AssistiveTouch を有効にすると、AssistiveTouch のメニューが表示されます。 

このメニューは画面の四辺のどこにでもドラッグでき、タップすると開きます。AssistiveTouch メニューが開いているときにタップすれば、閉じることができます。

 

AssistiveTouch を使ってデバイスをコントロールする

AssistiveTouch を使って、デバイス上の特定の設定項目 (「音量」「画面を回転」「画面をロック」など) を探して調節できます。AssistiveTouch メニューをタップして、変更する設定をタップしてください。

デバイスの電源を切るには、次の手順を実行してください。

  1. AssistiveTouch メニューを開いて、「デバイス」をタップします。
  2. 「スライドで電源オフ」が表示されるまで「画面をロック」を押し続けます。

AssistiveTouch を使ってホーム画面を表示することもできます。AssistiveTouch メニューを開いて「ホーム」をタップすれば表示されます。Siri を使うには、AssistiveTouch メニューを開いて「Siri」をタップします。「Siri」は、デバイスに iOS 5 以降が搭載されている場合のみ表示されます。

通知を表示するには、AssistiveTouch メニューを開いて「通知センター」をタップします。コントロールセンターを開くには、AssistiveTouch メニューを開いて「コントロールセンター」をタップします。この画面から、Bluetooth のオン/オフを切り替える、AirPlay や AirDrop を使う、写真を撮る、などの操作を実行できます。

AssistiveTouch で 3D Touch を使う

iPhone 6s または iPhone 6s Plus をお使いの場合、AssistiveTouch で 3D Touch を使えます。3D Touch は、メッセージ、メール、写真を送るなど、頻繁に行う操作のショートカットとして使うことができます。3D Touch を見つけるには、AssistiveTouch メニューを開いて「カスタム」をタップします。

3D Touch でタップすると、コンテンツ (メッセージなど) を実際に開かずに覗き見 (ピーク) することができます。2 回目のタップで、コンテンツ全体が表示されます (ポップ)。

3D Touch のジェスチャを選択するには、次の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「AssistiveTouch」>「最上位メニューをカスタマイズ」>「3D Touch のアクション」の順にタップします。
  2. AssistiveTouch アイコンで 3D Touch を使うときに実行したいアクションを選択します。

ジェスチャを使う

複数の指でスワイプまたはドラッグ:

  1. AssistiveTouch メニューを開いて、「デバイス」>「その他」>「ジェスチャ」の順にタップします。
  2. 行いたいジェスチャで本来使う指の数を選択します。
  3. 指の数だけ円が表示されるので、そのジェスチャを本来行う方向に 1 本指でスワイプまたはドラッグします。
  4. 完了したら、メニューボタンをタップします。

ピンチ:

  1. AssistiveTouch メニューを開いて、「よく使う項目」>「ピンチ」の順にタップします。
  2. ピンチ用の円が表示されたら、画面上の必要な場所に移動します。 
  3. 円を内外にドラッグしてピンチイン/ピンチアウトできます。
  4. 完了したら、メニューボタンをタップします。 

独自のジェスチャを作成する :

  • AssistiveTouch メニューを開きます。「カスタム」をタップして、空のジェスチャ用プレースホルダ   をタップします。
  • 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「AssistiveTouch」>「新規ジェスチャを作成」の順にタップします。画面の案内に従って作成してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

最終更新日: