法人向けの管理対象 Apple ID について

会社から割り当てられた管理対象 Apple ID の使い方をご案内します。

この記事は、管理対象 Apple ID をお使いの方を対象としています。IT 管理者の方は、Apple Business Manager を使って管理対象 Apple ID を作成し、利用する方法について、こちらを参照してください。 

会社は、業務に利用するため、社員用の管理対象 Apple ID を作成できます。管理対象 Apple ID は会社に固有の ID となり、利用者が各自で作成する Apple ID とは区別されます。管理対象 Apple ID を、個人用の Apple ID と同じメールアドレスや電話番号に関連付けることができます。個人用の Apple ID とは違い、管理対象 Apple ID で利用できるサービスは IT 管理者が管理します。

利用できる機能を確認する

社員は iCloud、iWork やメモ App を使った共同制作など、Apple のサービスを利用できますが、管理対象 Apple ID は業務利用のみが認められていて、各組織を守るために一部の機能は無効になっています。

メールは無効になり、FaceTime や iMessage は、管理対象 Apple ID がデバイスで使っている唯一の Apple ID である場合に限り利用できます。 

管理対象 Apple ID ではコンテンツの購入ができないため、管理者が管理対象 Apple ID や割り当て済みのデバイスにコンテンツを配布できます。

国や地域によっては利用できないサービスもあります。

ユーザ名とパスワードについて

会社がアカウントを作成した後、該当する利用者がその管理対象 Apple ID を使えるようになります。管理対象 Apple ID には、会社の名前や「appleid」といった語が含まれる場合があります。たとえば、johnappleseed@appleid.mycompany.com というような ID になります。

アカウント名は、会社の Apple Business Manager の管理者が設定します。ユーザ名が間違っている場合や、アカウント情報を変更する必要がある場合は、会社の管理者にお問い合わせください。

パスワードを作成する

管理対象 Apple ID にはじめてサインインする際は、管理者から支給された仮のパスワードを使います。サインインすると、新しいパスワードの設定画面が表示されます。パスワードの設定を終わらせないと、一部の Apple のサービスにサインインできません。

ユーザマネージャ、デバイスマネージャ、コンテンツマネージャ、その他のスタッフメンバーの方は、Mac または iOS デバイスで appleid.apple.com にサインインし、パスワードを設定してください。8 文字以上の数字と文字から成る標準のパスワードを使う必要があります。

パスワードをリセットする

個人用の Apple ID とは違い、パスワードのリセットは管理者が行います。以下の手順にそって、新しいパスワードを作成してください。

  1. 管理者に問い合わせて、仮のパスワードを発行してもらいます。
  2. 仮のパスワードを使って共有 iPad にサインインするか、デバイス上で iCloud にサインインします。または、自分の役割にアクセス権が割り当てられている場合は、仮のパスワードで Apple Business Manager にサインインします。
  3. 新しいパスワードを作成します。

管理対象 Apple ID のパスワードは、Apple ID のアカウントページiforgot.apple.com ではリセットできません。

管理対象 Apple ID でサインインする

Apple Business Manager で設定されているデバイスにログインするには、管理対象 Apple ID とパスワードを使います。Apple Business Manager で設定されていないデバイスにサインインする場合は、ご自分の役割に応じて、以下の該当する手順で行ってください。

  • スタッフ:管理対象 Apple ID またはパスワードを使います。 
  • ユーザマネージャ、デバイスマネージャ、コンテンツマネージャ:2 ファクタ認証が設定された管理対象 Apple ID とパスワードを使います。

アカウントへのアクセスを管理する

管理対象 Apple ID を発行した会社が、該当するアカウントを所有します。IT 管理者は、いつでも利用者のアカウントにアクセスし、以下の操作を実行できます。

  • アカウントへのアクセスを制限する
  • アカウントを削除する
  • アカウント情報を更新する

管理対象 Apple ID の個人利用について、ユーザマネージャ、デバイスマネージャ、コンテンツマネージャが設けているポリシーをご確認ください。

アカウント情報を更新する

ユーザマネージャ、デバイスマネージャ、コンテンツマネージャは、Apple ID のアカウントページを使って、アカウント情報を管理および更新できます。信頼済みのデバイスを変更するには、ユーザマネージャ、デバイスマネージャ、コンテンツマネージャの資格が必要です。

スタッフメンバーがアカウント情報を更新する場合は、管理者に確認してください。 

公開日: