「Apple でサインイン」の使い方

「Apple でサインイン」なら、すでにお持ちの Apple ID で App や Web サイトにサインインできるので、すばやく簡単、しかもプライバシー対策も万全です。

「Apple でサインイン」について

「Apple でサインイン」ボタンが表示されている場合、その App や Web サイトはこの機能に対応しているので、Apple ID を使ってアカウントを設定し、サインインできます。ソーシャルメディアのアカウントを使ったり、フォームに必要事項を記入して別のパスワードを新たに考えたりしなくても、「Apple でサインイン」ボタンをタップし、情報を確認するだけで簡単にサインインでき、Face ID、Touch ID、またはデバイスパスコードによる認証で安全面も心配いりません。

「Apple でサインイン」は、プライバシーを重視し、個人情報を本人が管理できるしくみ作りを念頭に、ゼロから構築されています。App や Web サイトにはじめてサインインする際、アカウント設定のために提示を求められる情報は名前とメールアドレスだけです。「メールを非公開」(Apple のプライベートメールリレーサービス) を使って、一意でランダムなメールアドレスを作って共有し、メッセージを個人用メールに転送することができます。そうすれば、個人のメールアドレスを教えなくても、App から有益なメッセージを受け取ることができます。このメールアドレスを使って連絡できるのは登録先の App やサイトのデベロッパだけで、いつでも使用を停止できます。

「Apple でサインイン」は、お気に入りの App や Web サイトの使用状況に関する情報収集、また、そうした情報に基づくプロフィール作りは一切行いません。Apple は、ユーザによるサインインとアカウント管理を実現するために必要な情報だけを保持します。

必要な環境

「Apple でサインイン」に対応した App や Web サイトにサインインするには、以下のものが必要です。

「Apple でサインイン」は、最新のソフトウェア (iOS 13 以降、iPadOS 13 以降、watchOS 6 以降、macOS Catalina 10.15 以降、tvOS 13 以降) を搭載した Apple 製デバイス上で、この機能に対応した App で利用できます。また、Safari で、この機能に対応した Web サイトで利用できます。ほかの Web ブラウザやプラットフォーム (たとえば Android や Windows) でも「Apple でサインイン」を使えます。

「Apple でサインイン」は、13 歳未満のお子様にはご利用いただけません。この年齢は国や地域によって異なる場合があります。

Apple 製のデバイスで「Apple でサインイン」を使う

最新のソフトウェアを搭載した Apple 製デバイスでは、「Apple でサインイン」を使うと速くて簡単です。デバイス上で Apple ID を使ってサインインしておいてください。

  1. 「Apple でサインイン」に対応した App や Web サイトで「Apple でサインイン」ボタンをタップします。 
  2. App やサイトでアカウントを設定するための情報提示を特に求められない場合は、Apple ID が正しいことを確認し、手順 4 に進みます。
  3. 名前とメールアドレスの提示が必要な場合は、Apple ID から情報が自動的に読み込まれます。必要に応じて名前を編集し、「メールを共有」または「メールを非公開」を選択してください。
  4. 「続ける」をタップして、Face ID、Touch ID、またはデバイスパスコードで簡単に認証を済ませてサインインします。Face ID、Touch ID、またはデバイスパスコードを設定していない場合は、Apple ID のパスワードを入力してください。 

デバイスにサインインしている限りは、ほとんどの App で自動的にサインインした状態が維持されます。 

再度サインインする必要ができた場合は、「Apple でサインイン」ボタンをタップして、Face ID、Touch ID、またはパスコードによる簡単な認証を済ませます。同じ Apple ID でサインインしているほかの Apple 製デバイスでも、同様に機能します。

ほかのプラットフォームで「Apple でサインイン」を使う

多くの App が、Apple 製デバイス、Web、その他のプラットフォーム (Android、Windows など) に幅広く対応しています。デベロッパは、開発した App やサービスを提供する場ならどこにでも「Apple でサインイン」を追加できるので、すばやく簡単なサインインが叶います。

  1. 「Apple でサインイン」に対応した App や Web サイトで「Apple でサインイン」ボタンをタップします。  
  2. Apple が管理する安全な Web ページが表示されたら、Apple ID とパスワードを入力します。 
  3. はじめてサインインする際には、信頼済みの Apple 製デバイスや電話番号に届いた確認コードの入力が必要です。デバイスを確認し、コードを入力してください。Web 上では、使用中のブラウザを信頼する選択肢を選べば、初回のサインインから 30 日間はこの手順を割愛できます。
  4. App やサイトでアカウントを設定するための情報提示を特に求められない場合は、Apple ID が正しいことを確認し、手順 6 に進みます。 
  5. 名前とメールアドレスの提示が必要な場合は、Apple ID から情報が自動的に読み込まれます。必要に応じて名前を編集し、「メールを共有」または「メールを非公開」を選択してください。
  6. 「続ける」をタップし、サインイン手続きを終わらせます。

関連情報

  • 「メールを非公開」オプションについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • アカウントを管理して、「Apple でサインイン」を使っている App を確認できます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: