「Apple でサインイン」とは

「Apple でサインイン」なら、すでにお持ちの Apple ID で他社の App や Web サイトにサインインできるので、すばやく簡単、しかもプライバシー対策も万全です。

「Apple でサインイン」について

「Apple でサインイン」ボタンが表示されている場合、その App や Web サイトはこの機能に対応しているので、Apple ID を使ってアカウントを設定できます。ソーシャルメディアのアカウントを使う必要も、フォームに必要事項を記入する必要も、別のパスワードを新たに考える必要もありません。 

「Apple でサインイン」は、プライバシーを重視し、個人情報を本人が管理できるしくみ作りを念頭に、ゼロから構築されています。iOS、macOS、tvOS、watchOS、任意のブラウザに標準対応しています。

プライバシーとセキュリティ

  • App や Web サイトにはじめてサインインする際、アカウント設定のために提示を求められる情報は名前とメールアドレスだけです。 
  • 「メールを非公開」(Apple のプライベートメールリレーサービス) を使って、一意でランダムなメールアドレスを作って共有し、メッセージを個人用メールに転送することができます。そのため、個人のメールアドレスを教えなくても、App から有益なメッセージを受け取ることができます。「メールを非公開」の仕組みについては、こちらの記事を参照してください。
  • 「Apple でサインイン」は、お気に入りの App や Web サイトの使用状況に関する情報収集、また、そうした情報に基づくプロフィール作りは一切行いません。Apple は、ユーザによるサインインとアカウント管理を実現するために必要な情報だけを保持します。
  • 「Apple でサインイン」は、2 ファクタ認証でセキュリティ対策も万全です。Apple 製デバイスをお使いの場合は、いつでもサインインし、Face ID や Touch ID で再認証できます。 


「Apple でサインイン」を使う

「Apple でサインイン」を使うには、この機能に対応した App や Web サイトで「Apple でサインイン」ボタンをタップします。情報を確認するだけで簡単にサインインでき、Face ID、Touch ID、またはデバイスパスコードで認証するので、安全面も心配いりません。 

iPhone、iPad、iPod touch、Web ブラウザで「Apple でサインイン」を使う方法については、こちらの記事を参照してください。

Mac では「システム環境設定」>「Apple ID」で、iPhone、iPad、iPod touch では「設定」>「[ユーザ名]」で、Apple ID を使ってサインインしておく必要があります。また、2 ファクタ認証が有効になっていることも必要です。詳しくは、こちらの記事を参照してください。


関連情報

  • 「Apple でサインイン」ボタンが表示されていない App や Web サイトは、「Apple でサインイン」に未対応です。 
  • 「Apple でサインイン」は、13 歳未満のお子様にはご利用いただけません。この年齢は国や地域によって異なる場合があります。
  • 「Apple でサインイン」を使っている App を確認する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • Apple ID へのサインインや Apple ID の更新、アカウント情報の変更に関してサポートが必要な場合は、こちらの記事を参照してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: