macOS Mojave 10.14.3 追加アップデートのセキュリティコンテンツについて

macOS Mojave 10.14.3 追加アップデートのセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。

macOS Mojave 10.14.3 追加アップデート

2019 年 2 月 7 日リリース

FaceTime

対象 OS:macOS Mojave 10.14.3

影響:グループ FaceTime 通話を始めただけで、相手が応答していなくても通話可能になる場合がある。

説明:グループ FaceTime 通話の処理におけるロジックに問題がありました。ステート管理を改善し、この問題に対処しました。

CVE-2019-6223:カタリナ・フットヒルズ・ハイスクールの Grant Thompson 氏、Daven Morris 氏 (テキサス州アーリントン)

Foundation

対象 OS:macOS Mojave 10.14.3

影響:アプリケーションに、昇格した権限を取得される可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2019-7286:匿名の研究者、Google Threat Analysis Group の Clement Lecigne 氏、Google Project Zero の Ian Beer 氏、Google Project Zero の Samuel Groß 氏

FaceTime の Live Photos

対象 OS:macOS Mojave 10.14.3

影響:FaceTime サービスのセキュリティ監査を徹底した結果、Live Photos の問題が発覚した。

説明:FaceTime サーバの検証を改善し、この問題に対処しました。 

CVE-2019-7288:Apple


macOS Mojave 10.14.3 追加アップデートを Mac にインストールすると、macOS のビルド番号が 18D109 になります。このビルドには、この記事で説明しているセキュリティコンテンツが含まれています。macOS Mojave 10.14.3 にアップデートした後で、macOS のビルド番号が 18D109 でない場合は、追加アップデートも併せてインストールしてください。 

Mac で macOS のバージョンとビルド番号を調べる方法については、こちらの記事を参照してください。

Mac のソフトウェアをアップデートする方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: