Boot Camp アシスタントが反応しなくなる場合や「Boot Camp をインストールできませんでした」と表示される場合

Boot Camp アシスタントで Mac に Windows 10 をインストールしている最中に、Boot Camp アシスタントがフリーズしたり、「Boot Camp をインストールできませんでした」と題して、別のエラーメッセージが併せて表示されたりすることがあります。この問題を解決して、Windows をインストールする方法をご案内します。

以前のバージョンの macOS を搭載した Mac に、Windows 10 を 2018 年 10 月のアップデートを使って新規インストールすると、「Boot Camp をインストールできませんでした」というエラーが表示されます。

macOS をアップデートして問題を回避する

この問題は、Windows をインストールする前に Mac を最新バージョンの macOS Mojave にアップデートしておけば回避できます。

最新バージョンの macOS を搭載していない Mac に Windows をインストールする必要がある場合は、Boot Camp アシスタントを使って、まず 2018 年 4 月のアップデートをインストールしてください。その後で、Windows Update を使って、2018 年 10 月のアップデートをインストールします。

Windows 10 の 2018 年 10 月のアップデートを使った新規インストールをすでに試して、Boot Camp アシスタントがフリーズしてしまった場合や、エラーメッセージが表示された場合は、以下の手順で対処してください。

パーティションを削除してから再インストールする

以前のバージョンの macOS を搭載した Mac に、Windows 10 を 2018 年 10 月のアップデートを使って新規インストールしようとした場合、「Boot Camp をインストールできませんでした。Windows インストールファイルのコピー中にエラーが起きました」というエラーメッセージが表示されます。

このエラーメッセージが表示された後、Boot Camp アシスタントが反応しなくなることがあります。強制終了機能を使って、App を終了してください。Boot Camp アシスタントを再び開くと、「起動ディスクにはパーティションの作成および単一パーティションへの復元はできません」というエラーが表示されます。

以下の手順で問題を解決してください。

  1. Microsoft の「Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード」ページにアクセスします。「エディションの選択」の下にあるメニューで、「Windows 10 April 2018 Update」を選択します。その後、所定の手順で ISO ファイルをダウンロードします。
  2. ディスクユーティリティを開きます。
  3. ディスクユーティリティのメニューバーで、「パーティション作成」をクリックします。ボリュームまたはパーティションを追加するかどうかを確認するダイアログが表示されたら、「パーティション作成」をクリックします。
  4. 表示されるグラフで「OSXRESERVED」を選択し、削除 (マイナス) ボタンをクリックします。
  5. 同じグラフで「BOOTCAMP」を選択し、削除 (マイナス) ボタンをクリックします。
    OSXRESERVED と BOOTCAMP は、Boot Camp アシスタントがインストール試行時に作成した空のパーティションです。
  6. 「適用」をクリックし、確認のため、「パーティション作成」をクリックします。
  7. Boot Camp アシスタントを開いて、もう一度インストールしてみます。必ず Windows 10 April 2018 Update の ISO ファイルを使ってください。

インストールが終わった後で、Windows Update を使って 2018 年 10 月のエディションにアップデートできます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: