Siri の音声や言語を変更する

Siri が使う音声や言語の変更方法をご案内します。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

「設定」>「Siri と検索」の順に選択します。

「言語」をタップして、Siri が要望を聞き取るときや応答するときに使う言語を変更します。

「Siri の声」をタップして、Siri が話す声の性別や方言を変更します。*

デバイスで Siri が声で反応するのを聞くには、「音声フィードバック」をタップし、以下のオプションの中から選択します。

  • 常にオン:着信スイッチが消音に設定されているときでも、Siri は声で反応します。
  • 着信スイッチで制御:着信スイッチが消音に設定されている場合、Siri は声では応えません。「Hey Siri」を使った場合や、Bluetooth デバイス、ヘッドフォン、CarPlay に接続している場合は、Siri の使用時にビープ音が鳴り、音声フィードバックも聞こえます。
  • ハンズフリーのみ:「Hey Siri」を使った場合や、Bluetooth デバイス、ヘッドフォン、CarPlay に接続している場合にだけ、Siri の使用時にビープ音が鳴り、音声フィードバックが聞こえます。

Mac の場合

macOS Sierra 以降を搭載した Mac では、Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「Siri」をクリックします。この画面で、以下のオプションを選択できます。

  • 言語:Siri が要望を聞き取るときや応答するときに使う言語を変更します。
  • Siri の声:Siri が話す声の性別や方言を変更します。*
  • 音声フィードバック:Siri に声で応えてもらう場合はオンにします。オフにすると、Siri は声では応えなくなりますが、Siri のウインドウに文字を表示する形で応えてくれます。

Apple Watch の場合

Siri は、iPhone に設定されている言語と声を Apple Watch でも使います。Apple Watch Series 3 以降では、Siri に声で応えてもらうこともできます。Apple Watch で、「設定」>「一般」>「Siri」の順に選択します。「音声フィードバック」で、以下のオプションの中から選択してください。

  • 常にオン:Apple Watch が消音モードに設定されている場合でも、Siri は声で応えます。
  • 消音モードで制御:Apple Watch が消音モードに設定されている場合、Siri は声では応えません。
  • ヘッドフォンのみ:Apple Watch が Bluetooth ヘッドフォンに接続されている場合のみ、Siri は声で反応します。

以前のモデルの Apple Watch では、Siri の応答内容が画面に文字や画像で表示されます。Apple Watch の Siri について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代) の場合

Siri は、Apple TV 4K や Apple TV (第 4 世代) に設定されているのと同じ言語を使います。Siri が使う言語を変更するには、「設定」>「一般」>「Siri」の順に選択し、「言語」を選択します。

Siri は Apple TV では声は発しませんが、話しかけられた内容を処理し、応答内容を画面に表示します。

Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) の Siri について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

関連情報

  • お使いのすべての Apple デバイスで Siri を使う方法については、こちらの記事を参照してください。
  • Siri の対応状況や機能は、言語や国/地域によって異なります。Siri の機能の対応状況 (国/地域別) については、こちら (iOS)、こちら (Mac)、こちら (watchOS)、こちら (Apple TV) を参照してください。

*「Siri の声」に表示される性別や方言のオプションは、選択した言語によって異なります。女性または男性のいずれかの声しか選択できない言語も、両方から選べる言語もあります。英語、スペイン語、フランス語などの一部の言語では、さまざまな方言も用意されています。たとえば、「英語 (アメリカ合衆国)」を使っていれば、「アメリカ」「イギリス」または「オーストラリア」のアクセントで Siri が話してくれます。

公開日: