iPhone の Super Retina ディスプレイや Super Retina XDR ディスプレイについて

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max の Super Retina ディスプレイや、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max の Super Retina XDR ディスプレイを最大限に活用する方法をご案内します。

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max の Super Retina ディスプレイや、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max の Super Retina XDR ディスプレイは、Apple が驚異的な高水準を掲げて開発し、その水準を見事クリアしています。スマートフォンに搭載された OLED ディスプレイとしては史上最高で、色の再現精度も業界随一だと自負しています。Super Retina ディスプレイと Super Retina XDR ディスプレイは、コントラストが高く、輝度も高く、映画制作の標準となる広色域に対応しています。最高水準のシステムカラーマネジメントと相まって、色を精緻に補正し、最適な視聴体験を届けてくれます。

High Dynamic Range

Super Retina および Super Retina XDR は High Dynamic Range (HDR) にも対応しています。HDR は、写真やビデオの暗いところも明るいところも階調を残して幅広く表現できます。そのため、漆黒の闇から、まばゆく明るい白まで、その間の印象深いニュアンスを残しつつ、再現してくれます。写真はもっと鮮やかに見栄えし、ドルビービジョン、HDR10、HLG で視聴する映像の見たことないほどの美しさに息をのむことでしょう。

OLED テクノロジー

Super Retina ディスプレイと Super Retina XDR ディスプレイは、有機 EL (OLED) テクノロジーを採用しています。従来の OLED ディスプレイをさらに進化させた Super Retina と Super Retina XDR は、驚きの視聴体験を届けてくれます。iPhone にふさわしい基準にはじめて到達したディスプレイです。

OLED テクノロジーは、コントラスト比も解像度もきわめて高く、バックライトがなくても、素子自体が発光するため、ディスプレイの薄型化にも一役買っています。Super Retina ディスプレイと Super Retina XDR ディスプレイは、高輝度、広色域対応、業界随一の色精度のおかげで、従来の OLED ディスプレイが持つ課題を克服しています。

OLED ディスプレイを見る角度を変えると、色味や色合いが若干変化するのに気付くかもしれません。これは、OLED の特性で、問題ではありません。長期的に使っているうちに、見え方に若干の変化が見られる場合もあります。これもまた予想されることで、「残像」や「焼き付き」など、画面に新しい画像が表示された後も前の画像がかすかに残って映るといった現象も、起きるようになる場合があります。極端な例になると、高コントラストの同じ画像が長い時間表示され続けることもあります。

Super Retina ディスプレイと Super Retina XDR ディスプレイの開発にあたっては、こうした OLED の「焼き付き」現象の低減という点でも、業界最高を目指しました。たとえば、特殊なアルゴリズムを用いて個々のピクセルの使用状況を監視し、ディスプレイの補正データを生成します。iPhone はこのデータを使い、各ピクセルの明るさを適時に自動調整し、視覚的な「焼き付き」現象を抑えつつ、いつでも同じように画面を観続けられる環境を整えます。

また、OLED や LCD など、どのディスプレイも経年劣化に伴い、明るさが落ちていく傾向にあります。これは、消費家電製品にはつきものの現象です。 

Super Retina および Super Retina XDR ディスプレイを有効活用する

最新バージョンの iOS を搭載した iPhone は、長期利用による劣化を極力抑え、Super Retina ディスプレイや Super Retina XDR ディスプレイの表現力を長持ちさせる作りになっています。Super Retina ディスプレイと Super Retina XDR ディスプレイを最大限に活用できるよう、さらに以下の点に配慮してください。

  • iPhone を最新バージョンの iOS にアップデートしてください。新しいアップデートが公開されると、アップデートの案内が表示されます。「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」でアップデートを確認することもできます。
  • 「明るさの自動調節」を使って、周辺光に合わせてディスプレイの明るさを自動的に調節してください。この設定はデフォルトで有効になっています。設定状況を調べるには、「設定」>「アクセシビリティ」>「画面表示とテキストサイズ」の順に選択し、下にスクロールして「明るさの自動調節」をオンにします。
  • iPhone のディスプレイを使っていないときは、その電源を切るように設定しておきましょう時間を短く設定しておくことを推奨します。設定を調整するには、「設定」>「画面表示と明るさ」>「自動ロック」の順に選択します。
  • 静止画像を最大輝度で長時間表示し続けることは避けてください。iPhone を特に使っていないときでもディスプレイをオンのままにしておく App がある場合は、コントロールセンターを使って明るさを一時的に低くしておけます。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: