iPhone、iPad、iPod touch で明るさや色温度を調整する

iPhone、iPad、iPod touch でディスプレイの明るさや色温度を調整する方法をご案内します。

コントロールセンターで明るさを調節する

iPhone または iPad のコントロールセンターで明るさをすばやく調整できます。

  1. iPhone X 以降、または iOS 12 や iPadOS を搭載した iPad では、画面の右上隅から下にスワイプします。iPhone 8 以前または iPod touch では、画面の下から上にスワイプします。
  2. 明るさ調節のバー  を上下にドラッグして、明るさを調節します。

iPhone X 以降のディスプレイについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。

「設定」で明るさと色温度を調整する

  1. 「設定」>「画面表示と明るさ」の順に選択します。 
  2. スライダを左右にドラッグして、明るさを調節します。

この画面で、ダークモードを有効にすることができます。画面の見やすさを追求して開発された機能です。ダークモードにすると、デバイスに付属している App や多くの他社製 App を使っているときも、全体的に暗めの画面表示になります。

True Tone* はデフォルトで有効になります。先進的なセンサーを用いて、ディスプレイの色と明度を周囲の光に自動的に適応させ、画像をより自然に表示してくれるテクノロジーです。

True Tone を無効にした場合、周辺光が変化しても、ディスプレイの色や明度は一定のまま変わりません。

また、Night Shift も有効にすることができます。Night Shift は、ディスプレイの色を目にやさしい暖色系の色域に切り替えてくれます。色温度を暖色系または寒色系に調整するには、「設定」>「画面表示と明るさ」>「Night Shift」を表示して、「色温度」のスライダを使います。

ディスプレイ関連の一部のアクセシビリティ設定 (「色を反転」「グレイスケール」「コントラストを上げる」など) をオンにすると、True Tone がオフになることがあります。

明るさの度合いについて

iOS デバイスは、環境光センサーを使って、周辺光の状況に応じて明るさの程度を調節してくれます。このセンサーは、暗いところでは明るさを抑え、明るいところでは引き上げます。明るさの自動調節機能はデフォルトでオンになっています。

明るさの自動調節がオンになっていると、光の当たり具合が変わるにつれて、デバイスの明るさの調節スライダが自動的に動きます。

明るさの自動調節機能は、「設定」>「アクセシビリティ」>「画面表示とテキストサイズ」でオン/オフを切り替えられます。明るさの自動調節の設定をリセットするには、「明るさの自動調節」をオフにしてからオンに戻してください。 

iPod touch は明るさの自動調節機能に対応していません。

関連情報

* True Tone は、iPhone 8 以降、iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代)、iPad Pro 11 インチ、iPad Pro 12.9 インチ (第 2 世代)、iPad Pro 10.5 インチ、iPad Pro (9.7 インチ)、iPad Air (第 3 世代)、iPad mini (第 5 世代) で利用できます。

公開日: