iPhone、iPod touch、Apple Watch でヘルスケアデータを管理する

ほかの App やアクセサリからヘルスケア App にデータが送られるように設定したり、データを手入力したり、それらのソースからヘルスケア App で集めたデータの優先順序を変更したりできます。

ヘルスケア App にデータを追加する方法

ヘルスケア App は、歩数や歩行距離、走行距離を自動的に数えてくれます。さらに、Apple Watch を持っていれば、Apple Watch がアクティビティデータを全部自動的に記録してくれます。別の App を使ってヘルスケアデータを管理している場合は、その App からヘルスケア App にデータを追加してみてください。そうすれば、すべての情報を一括管理できるようになります。 

ヘルスケアに関する情報を追加する

  1. ヘルスケア App を開いて、「ブラウズ」タブをタップします。 
  2. カテゴリ (「アクティビティ」など) をタップします。 
  3. サブカテゴリ (「歩数」など) をタップします。
  4. 右上隅の「データを追加」をタップします。
  5. 日付、時間、該当するデータを入力します。
  6. 終わったら、「追加」をタップします。

ほかの App から情報を追加する

  1. ヘルスケア App を開きます。
  2. 右上隅のプロフィール画像 をタップします。
  3. 「プライバシー」で「App」をタップします。すでに所有している App のうち、ヘルスケア App に対応しているものが表示されます。表示されない App は、互換性がないと考えられます。 
  4. App をタップし、その App で記録したいヘルスケアデータのカテゴリをオンにします。

その App を開いて、ヘルスケア App とデータを共有できるように設定を調整しなければならない場合もあります。 

ヘルスケア App と互換性のある App を探す

  1. ヘルスケア App を開いて、「ブラウズ」タブをタップします。
  2. カテゴリ (「睡眠」など) をタップします。 
  3. サブカテゴリ (「睡眠分析」など) をタップします。
  4. 下にスクロールして、そのカテゴリのおすすめ App を表示します。App をタップして詳細情報を確認し、ダウンロードしてください。 
  5. ヘルスケア App のプライバシー設定画面に戻り、その App でヘルスケア App のデータを読み書きできるように許可します。 

ヘルスケア App にどの情報を保存するか、またヘルスケア App からどの App に情報を送信するかは、自分で決められます。HealthKit にアクセスする App には、必ずプライバシーポリシーが適用されます。健康とフィットネスに関する情報へのアクセスを許可する前に、その App のプライバシーポリシーを確認してください。

Apple Watch から情報を追加する

  • 設定してある目標 (ゴール) や、ムーブ、エクササイズ、スタンドのデータを見るには、ヘルスケア App を開いて「ブラウズ」タブをタップし、「アクティビティ」をタップします。
  • 心拍数のデータを確認する場合は、ヘルスケア App を開いて「ブラウズ」タブをタップし、「心臓」をタップします。心拍センサーの精度と制限について詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • 呼吸 App のデータを表示するには、ヘルスケア App を開いて「ブラウズ」タブをタップし、「マインドフルネス」をタップします。呼吸 App について詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • Apple Watch のほかの App でも、ヘルスケアデータの読み書きができます。それらの App は Apple Watch で直接管理できます。「設定」>「ヘルスケア」>「App」の順に選択してください。

歩数やその他の情報がヘルスケア App に記録されていない場合は、以下の手順で対処してください。

  1. ヘルスケア App を開きます。
  2. プロフィール をタップし、「デバイス」をタップします。
  3. Apple Watch をタップします。
  4. 「"設定" の "プライバシー"」をタップし、「フィットネス・トラッキング」がオンになっているか確認します。

ヘルスケア App で複数のソースから集めたデータの取り扱い方

ヘルスケア App は、別々のデータソースから似たようなデータ (iPhone で記録された歩数と、Apple Watch で記録されたアクティビティなど) を収集しますが、そのソースに応じてデータを整理します。デフォルトでは、以下のように優先順序が付けられます。

  1. 手入力したヘルスケアデータ
  2. iPhone、iPod touch、Apple Watch から収集したデータ 
  3. ほかの App や Bluetooth 対応デバイスから収集したデータ

新しいデータソースを追加すると、ヘルスケア App にデータを提供しているほかのすべての App とデバイスの上に、そのソースが表示されます。ソースの優先順序はいつでも変更できます。

データソースを表示する

以下の方法で、特定のヘルスケアカテゴリに最新データを提供しているデバイスや App を確認できます。

  1. ヘルスケア App を開いて、「ブラウズ」タブをタップします。 
  2. カテゴリ (「アクティビティ」など) をタップします。カテゴリが表示されていない場合は、下にスワイプして検索バーを表示し、カテゴリを入力してください。
  3. サブカテゴリ (「歩数」など) をタップします。
  4. 下にスクロールして、「データソースとアクセス」をタップします。その種類のデータを提供しているソースだけが表示されます。 

ヘルスケア App のすべてのソースを確認する方法は、以下の通りです。

  1. ヘルスケア App を開きます。 
  2. 右上隅のプロフィール画像 をタップします。
  3. 下にスクロールして「プライバシー」を表示し、「App」または「デバイス」をタップします。

 

データソースの優先順位を決める

以下の方法で、ヘルスケア App で優先して使うソースを選択できます。

  1. ヘルスケア App を開いて、「ブラウズ」タブをタップします。
  2. カテゴリをタップし、サブカテゴリをタップします。
  3. 下にスクロールして、「データソースとアクセス」をタップします。
  4. 「編集」をタップします。
  5. データソースの横にある並べ替えボタン をタッチしたまま、リストの中で上下にドラッグします。
  6. データソースを無効にして、そのカテゴリのデータを提供しないようにする場合は、そのソースの横のチェックマークをタップします。
  7. 「完了」をタップします。

複数のソースが同じ種類のデータを提供している場合、リストの一番上にあるデータソースが、ほかのデータソースに優先して使われます。新たに追加した App やデバイスは、自動的にリストの先頭 (iPhone や iPod touch の上) に表示されます。 

ヘルスケアデータをバックアップする

ヘルスケア App の情報は iCloud に保管され、iCloud とデバイス間を行き来する際、および iCloud に保管されている間は暗号化されます。エンドツーエンドで暗号化するには、iOS 12 と 2 ファクタ認証が必要です。ヘルスケアデータを iCloud に保管しない場合は、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順に選択し、「ヘルスケア」をオフにしておきます。

iCloud をお使いではない場合は、iTunes バックアップを暗号化する方法でヘルスケア App の情報をバックアップできます。

自分について作成または収集した個人情報は、本人がその取り扱いを管理し、iPhone をロックすればパスコードで暗号化されます。

ヘルスケア機能を使いこなそう

  • iPhone や iPod touch でヘルスケア App を設定し、使う方法については、こちらの記事を参照してください。
  • ヘルスケア App でメディカル ID を設定して、重要な医療情報を確認できるようにしておきましょう。
  • 時計 App の「ベッドタイム」を使って、睡眠時間を記録できます。
  • iOS 11.3 では、複数の医療機関から入手したヘルスケアレコードを iPhone で直接確認できます。ヘルスケアレコードの追加方法についてはこちらの記事、この機能に対応している医療機関についてはこちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: