Safari で Web ページが開かない場合や正常に機能しない場合

Mac の Safari が正常に機能しない場合は、以下のいずれかの方法で対処してみてください。

この記事の手順は、たとえば以下の症状など、閲覧に問題が生じている場合全般の対処法です。この先に進む前に、Mac がインターネットに接続されていることを確認しておいてください。

  • Web ページが開かない (ページに何も表示されない)、またはページのコンテンツが一部表示されない
  • 正しいサインイン情報を使っているのに Web ページにサインインできない
  • Web ページで Cookie の削除やリセットを要求される
  • Safari の反応が遅い、または反応しなくなる

ページを再読み込みする

ページが開かない場合や最後まで読み込まれない場合は、再読み込みしてみてください。「表示」>「ページを再読み込み」の順に選択するか、「command + R」キーを押します。それでうまくいかない場合は、「command + Q」キーを押して Safari を終了してから開き直し、もう一度試してください。Safari が終了しない場合は、「option + command + esc」キーを押して、Safari を強制終了します。

ソフトウェア・アップデートをインストールする

提供されている Apple のソフトウェア・アップデートをすべてインストールします。これには、Safari のアップデートも含まれています。Safari 機能拡張をインストールしている場合は、それらもアップデートしてください。 

Safari 機能拡張を無効にする

Safari 機能拡張が最新版になっていても、一時的に無効にして、Safari の動作に支障をきたす原因になっていないか確かめてください。「Safari」>「環境設定」の順に選択し、「機能拡張」をクリックします。機能拡張を無効にするには、そのチェックボックスの選択を解除します。

プライベートウインドウでテストする

Web サイトは Cookie、キャッシュ、その他のデータを Mac に保存することがあり、そうしたデータに問題があると、その Web サイトの使用に支障が生じる場合があります。Web サイトがこうしたデータを使わないようにするには、プライベートウインドウでその Web サイトを表示します。「ファイル」>「新規プライベートウインドウ」の順に選択してください。

これで問題が解決した場合は、以下の手順にそって、その Web サイトのデータを Mac から削除してください。その後必要があれば、Web サイトは新しいデータを作成できます。サインインが必要な Web サイトの場合は、この先に進む前に、サインイン情報を用意しておいてください。

  1. 「Safari」>「環境設定」の順に選択し、「プライバシー」をクリックします。
  2. 「Web サイトデータを管理」をクリックします。
  3. 表示されるリストの中から、問題が起きている Web サイトを選択します。
  4. 「削除」をクリックします。
  5. 「完了」をクリックします。
  6. その Web サイトをプライベートではないブラウザウインドウで再び開きます。

ネットワーク設定を確認する

一部のネットワーク設定 (プロキシサーバやカスタムの DNS サーバの使用に関係する設定など) が、インターネット上のコンテンツへのアクセスに影響する場合があります。ネットワーク設定を自分で変更していなくても、そうした設定を自動的に変更するソフトウェアをインストールした可能性も考えられます。

Mac 上のネットワーク設定が問題に関係しているかどうかを調べるには、同じネットワークに接続されているほかのデバイスから該当する Web サイトを表示してみます。また、すばやくネットワーク設定をリセットしてテストする方法として、システム環境設定の「ネットワーク」パネルで新しいネットワーク環境を追加することもできます。

ネットワークそのものに問題があるのかどうかを調べるには、別のネットワークに接続してから、該当する Web サイトを表示してみてください。

ほかの問題を解決する

  • Safari で想定外のホームページが表示され続ける場合は、こちらの記事を参照してください。
  • 何度もリダイレクトされて Safari でページを開けない場合は、こちらの記事を参照してください。
  • ポップアップ広告やポップアップウインドウを阻止したい場合は、こちらの記事を参照してください。

 


上記の手順を試しても問題が解決しない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

公開日: