Mac ノートブックのバッテリーに問題がある場合

Mac ノートブックのバッテリーを最適に使って長持ちさせる方法、バッテリーに関する問題の解決方法、修理サービスを受ける方法などを説明します。

バッテリーを最適に使って長持ちさせる

ノートブックのバッテリーがどれくらい持つかは、コンピュータの構成と使用状況によって異なります。コンピュータのバッテリーを最大限長持ちさせる効果のある設定項目や設定手順をいくつかご紹介します。

「バッテリー」環境設定を調べる

システム環境設定の「バッテリー」パネルには、Mac ノートブックのバッテリーを長持ちさせるのに役立つ設定項目がいくつかあります。「バッテリー」の設定を見るには、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「バッテリー」または「省エネルギー」をクリックし、「バッテリー」タブを選択してください。 

システム環境設定の「バッテリー」パネルのバッテリーオプション

上の例は macOS Big Sur のものです。グラフィックスの自動切り替えPower Nap などの一部の機能は、Mac ノートブックのモデルまたは macOS のバージョンによっては利用できません。

バッテリーを最大限長持ちさせるには、以下の設定項目を使ってください。

  • 「バッテリー電源使用時はディスプレイを少し暗くする」をオンにします。この設定をオンにすると、コンピュータを電源から外した時点でディスプレイの明るさが 75 % に調整されます。
  • 「バッテリー電源使用時に Power Nap をオンにする」をオフにします。そうしておけば、Mac がスリープ状態の間はメールやその他の iCloud アップデートのチェックが行われなくなり、スタンバイ時間が長くなります。
  • 「バッテリー使用時のビデオストリーミングを最適化」をオンにします。この設定を使うと、バッテリー電源の使用時にはハイダイナミックレンジ (HDR) ビデオが標準ダイナミックレンジ (SDR) で再生されるので、節電になります。
  • 「グラフィックスの自動切り替え」をオンにします。この設定を使うと、グラフィックスプロセッサを複数搭載している MacBook Pro モデルでバッテリーの駆動時間が最大限長くなるように、グラフィックスプロセッサが自動で切り替わります。

ディスプレイの明るさを調整する

デフォルトでは、ディスプレイの明るさが自動調整され、電力消費が抑えられます。「輝度を自動調節」をオフにした場合は、バッテリーを節約するため、後でオンに戻してください。明るさを自動調整するには、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「ディスプレイ」をクリックして、「輝度を自動調節」をオンにします。明るさを自分で調整する方法については、こちらを参照してください。

バッテリーの状態を調べる

バッテリーの状態はシステム環境設定の「バッテリー」パネルまたはバッテリーの状況メニューで確認できます。

  • macOS Big Sur では、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「バッテリー」をクリックして、サイドバーで「バッテリー」を選択してから「バッテリーの状態」をクリックします。
  • macOS Catalina 以前では、「option」キーを押しながらメニューバーのバッテリーアイコンをクリックすると、バッテリーの状況メニューが表示されます。

バッテリーの状態として、以下のいずれかが表示されます。

  • 正常:バッテリーは正常に機能しています。 
  • 修理サービス推奨:バッテリーの蓄電容量が新品時や正常動作時と比べて少なくなっています。Mac をそのまま使い続けても安全面で問題はありませんが、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちになり、バッテリーの評価を受けてください。

バッテリーの修理を申し込むには、Apple にお問い合わせください。

以前のバージョンの macOS では、バッテリーの蓄電容量が新品時より少なくなっている場合やバッテリーの修理が必要な場合に、バッテリーの状況として「間もなく交換」「今すぐ交換」「バッテリーの交換修理」と表示されることがありました。充電能力の低下のせいで作業効率が悪くなるようであれば、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダでバッテリーの評価を受けてください。

バッテリーの状態を報告する他社製の App もありますが、これらの App で報告されるデータは正確を欠くことがあり、システム稼働時間が短くなったという実情を示す決定的材料とはなりません。メニューバーに表示されるバッテリー状況の情報 (上記を参照) を参考に判断した方が確実です。  

バッテリーの問題を診断する

ハードウェアを診断する方法、エネルギー消費が激しい App や機能を特定する方法、充電周りの問題の解決方法をご案内します。

診断を実行する

バッテリーの問題のトラブルシューティングを行うときは、まず Mac ノートブックに搭載されている診断ツールを使うことをお勧めします。Mac での Apple Diagnostics の使い方については、こちらの記事を参照してください。

Apple Diagnostics で問題が見つからなかった場合は、バッテリーのトラブルシューティングについて、この先を読み進めてください。

バッテリーの状況メニューを調べる

バッテリーの状況メニューには、バッテリーの充電残量と、充電中かどうかが表示されます。バッテリー状況はメニューバーの右側に表示されます。

macOS Big Sur のメニューバーでバッテリーメニューが開いているところ

バッテリー状況のメニューは、ディスプレイや App によるエネルギー消費が著しい場合、そのことも知らせてくれます。リストに App が表示されている場合は、バッテリーを節約するため、その App を閉じることを検討してください。

macOS Big Sur で「バッテリー充電の最適化」をお使いの場合は、Mac を電源につないでいるときに、充電の保留中かどうかや、バッテリーがフル充電されるまでの時間といった補足情報が表示されます。充電が保留中のときに Mac をすぐにフル充電する必要がある場合は、「今すぐフル充電」をクリックしてください。

充電に関する問題を解決する

Mac が電源アダプタを認識しない、100 % まで充電されないなど、その他の問題の解決方法をご案内します。

Mac が充電されない場合

コンピュータに適切なワット数の AC アダプタを使っているか確認します。システムの必要条件以下のワット数の電源アダプタが使われている場合は、コンピュータが正しく充電されないことがあります。コンピュータでどの電源アダプタを使えばいいのかわからない場合は、こちらの記事を参考にして、Mac ノートブックに適した電源アダプタとコードを確認してください。

また、USB-C 電源アダプタで Mac ノートブックが充電されない場合は、こちらの記事を参照してください。問題が解決しない場合は、Mac をシステム終了し、ディスプレイを閉じて 30 秒経ってから、もう一度充電してみてください。または、Intel 搭載の Mac をお使いの場合は、SMC をリセットしてください。

Mac が 100 % まで充電されない場合

macOS Big Sur で「バッテリー充電の最適化」をお使いの場合や macOS Catalina 以前をお使いの場合は、電源アダプタに長い間つないでおいた後でも、macOS にバッテリーがフル充電 (100 %) として表示されないことがあります。これは、バッテリーの寿命を延ばすための動作であり、正常です。 

Mac ノートブックのバッテリーを修理する

バッテリー内蔵モデルの MacBook、MacBook Air、MacBook Pro コンピュータのバッテリー交換は、必ず Apple 正規サービスプロバイダまたは Apple Store 直営店に依頼してください。 自分で内蔵バッテリーを交換しようとすると機器が損傷する恐れがあります。自分でバッテリーを交換しようとして生じた損傷は保証対象外となりますので、ご注意ください。

一部の古い Mac ノートブックのバッテリーは取り外し可能で、お客様ご自身で交換できます。取り外し可能なバッテリーの修理については、Apple 正規サービスプロバイダまたは Apple Store 直営店にご連絡ください。

バッテリーの保証情報

Apple 製品 1 年限定保証では、欠陥のあるバッテリーの交換が保証対象になります。Mac ノートブックの AppleCare Protection Plan にご加入いただいている場合は、バッテリーが本来の容量の 80 % 未満しか維持できなくなったとき、そのバッテリーを無償で交換いたします。ご加入いただいていない場合は有償での交換となります。 

Mac ノートブックのバッテリーについて

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro は、省スペースで最大限のバッテリー駆動時間を実現するリチウムポリマーバッテリーを搭載しています。バッテリーのテクノロジーやバッテリー駆動時間について理解する上で、バッテリー関連の一般的な用語を知っていると役に立ちます。

  • 充放電回数:バッテリーは所定の充放電回数に達すると、劣化していきます。この数字は、バッテリーの寿命を通じた、完全放電と部分放電の合計回数を表します。お使いのコンピュータの充放電回数の上限については、こちらの記事を参照してください。
  • 完全充電時の容量:バッテリーの蓄電容量から、デバイスのシステム終了に必要な消費電力を差し引いた値を mAh (ミリアンペア時間) で表しています。使い方と経年変化によってバッテリーが劣化することで、この数字は減っていきます。
  • 残りの充電量:この数字は、現在のバッテリー残量を mAh (ミリアンペア時間) で表しています。AC 電源に接続していないときにコンピュータを使うと、バッテリーから電力が供給されるにつれて値が小さくなります。
  • 不良バッテリー:材質または製造上の欠陥によってバッテリーが機能しなくなると、不良バッテリーとみなされます。不良バッテリーは、Apple の 1 年間限定製品保証と延長サービス契約の適用対象になります。
  • 負荷:1 つまたは複数のタスクによって実行されているアクティビティの量です。電力消費の多いプロセスはバッテリーへの負荷が大きくなり、その結果、充電 1 回あたりの駆動時間は短くなります。

関連情報

Apple 製品に搭載されているバッテリーについて詳しくは、こちらを参照してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: