Safari が遅い、応答しない、予期せず終了するなどの問題がある場合

この問題は、Safari 機能拡張、インターネットプラグイン、またはほかのアドオンが原因で起きることがあります。 

Safari 機能拡張、インターネットプラグイン、およびその他のアドオンは、よりブラウズしやすい環境を作り、カスタマイズする意図で作られています。アドオンはインターネット上で幅広く入手可能で、いくつかは App またはほかのソフトウェアの一部としてインストールされます。アドオンがインストールされていると、問題の原因となる場合があります。

Web サーフィン中に不要なポップアップウインドウ、広告、およびグラフィックスが表示される場合は、Mac から広告挿入ソフトウェア (アドウェア) を削除する方法をこちらの記事でご確認ください。

Safari 機能拡張を無効にする

Safari 機能拡張を無効にしてみて、問題の原因になっていないか調べることができます。

  1. 「Safari」メニューから「環境設定」を選択します。
  2. 「機能拡張」アイコンをクリックして、リストから機能拡張を選択します。 
  3. 選択した機能拡張を無効にするには、「有効にする」チェックボックスの選択を解除します。 

機能拡張を無効にすると問題が解決する場合は、ウインドウの左下隅にある「アップデート」をクリックして機能拡張のアップデートがないか確認してください。または、「アンインストール」ボタンをクリックして機能拡張を削除します。

Safari 環境設定の「機能拡張」タブ

インターネットプラグインとほかのアドオンを削除する

インターネットプラグインとほかのアドオンを削除してみて、問題の原因になっていないか調べることができます。プラグインやアドオンを探すには、Safari を終了して以下の「ライブラリ」フォルダを開きます。

  • ハードドライブの最上位にある「ライブラリ」フォルダ。開くには、Finder のメニューバーから「移動」>「フォルダへ移動」の順に選択し、「/ライブラリ」と入力して「移動」をクリックします。
  • ホームフォルダにある「ライブラリ」フォルダ。開くには、「option」キーを押したままメニューバーから「移動」>「ライブラリ」の順に選択します。

これらの「ライブラリ」フォルダには、アドオン用の以下のフォルダがあります。これらのフォルダの中にファイルがある場合はすべてゴミ箱に移動してください。

  • Internet Plug-Ins
    「Default Browser.plugin」、「nslQTScriptablePlugin.xpt」、「Quartz Composer.webplugin」、または「QuickTime Plugin.plugin」は削除しないでください。
  • Input Methods
  • InputManagers
  • ScriptingAdditions

これらのフォルダからファイルを削除すると問題が解決する場合は、Safari を再び終了して、ファイルを少しずつ戻し、問題の原因になっているものを突き止めます。

  1. ゴミ箱を開き、削除したファイルの 1 つを選択します。「ファイル」>「戻す」の順に選択します。ファイルが元のフォルダに戻ります。
  2. Safari を開き、問題が再発するか確認します。
    • 問題が再発する場合は、元に戻したばかりのアドオンが問題の原因だったことがわかります。そのアドオンの使用を控えるか、アップデートされたバージョンが提供されていないか開発元にお問い合わせください。 
    • 問題が再発しなければ、Safari を終了し、別のファイルを戻してみます。 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: