支払い方法が拒否された場合/App Store や iTunes Store で請求に関する問題がある場合

請求に関して問題がある場合は、まず、請求先情報の訂正や、未払い残高の支払いが必要ではないかご確認ください。

App Store や iTunes Store で未払い残高がある場合は、以下のいずれかのメッセージが表示されます1

  • 「前回の購入について請求に関する問題が発生しました。支払い情報を編集して問題を修正してください」
  • 「前回の購入について請求に関する問題が発生しました。『購入履歴』をクリックして問題を確認、修正してください。キャンセルすると、請求に関するこの問題が解決されるまで購入できなくなります」

信用照会 (仮請求) は購入時点で行われますが、購入代金の実際の請求 (本請求) は、数日経ってから金融機関で処理される場合があります。金融機関がその時点で請求を拒否した場合や、お支払い方法に何らかの問題がある場合、該当する注文は未払いになります。

この問題を解決するには、請求先情報を訂正するか、未払いの請求残高を支払ってください。

請求先情報を訂正する

iPhone、iPad、iPod touch の「設定」画面、または Mac や Windows パソコンの iTunes で請求先情報を訂正できます。情報を訂正する際は、こちらの記事で挙げているお支払い方法のいずれかをお使いください。未払い残高がある場合や請求金額のお支払いが必要な状況では、「なし」は選択できません。

請求先情報を訂正した後、App Store や iTunes Store で未払いになっている注文がある場合は、新しい支払い方法への請求が自動的に試みられます。

未払い残高を支払う

iOS デバイスの場合:「設定」>「[ユーザ名]」>「iTunes と App Store」の順に選択し、Apple ID をタップします。「Apple ID を表示」をタップし、Apple ID でサインインして、「購入履歴」をタップします (Mac や Windows パソコンの iTunes で購入履歴を見ることもできます)。

未払いの購入代金を探して (通常は、リストの先頭に記載されています)、見つかったらタップし、お支払い方法を変更してください。

Apple ID に入金する

未払い残高を支払う場合、Apple ID クレジットの残高があれば、残高で支払う選択肢が提示されることがあります。

クレジット残高がない場合は、App Store & iTunes ギフトカードを引き換えるか、Apple ID に入金2して、そのクレジットを未払い残高の支払いに充てることができます。

請求内容に覚えがない場合

購入代金を支払った後、その購入品について問題が解消されない場合は、問題としてご報告ください。また、定期購読の継続を希望しない場合は、解約できます。

お子様や未成年者とデバイスを共有している場合は、ペアレンタルコントロールを設定し、App 内課金を制限できます。お子様や未成年者が自分のデバイスを持っている場合も、ファミリー共有を設定すれば、各自のデバイスで購入するものをコントロールできます。

さらにヘルプが必要なときは

依然として問題が解決しない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

 

1 ファミリー共有をお使いの場合にこれらのエラーメッセージが表示されたときは、ファミリー共有の管理者が請求先情報を訂正する必要があります。

2 ギフトカードや、Apple ID への入金は、国や地域によってはご利用いただけません。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: