支払い方法が App Store や iTunes Store で拒否された場合

請求先情報を訂正し、未払い残高を支払う方法をご案内します。

App Store や iTunes Store で未払い残高がある場合は、以下のいずれかのメッセージが表示されることがあります1

  • 「前回の購入について請求に関する問題が発生しました。支払い情報を編集して問題を修正してください」
  • 「前回の購入について請求に関する問題が発生しました。『購入履歴』をクリックして問題を確認、修正してください。キャンセルすると、請求に関するこの問題が解決されるまで購入できなくなります」

金融機関が請求を拒否した場合や、お支払い方法に何らかの問題がある場合、該当する注文は未払いになります。請求先情報を訂正して未払い金を支払うまでは、ほかのコンテンツを購入したり、App (無料の App も含む) をアップデートしたりすることはできなくなります。

 

iPhone X で「設定」画面の「アカウント」セクションが表示されているところ。

別の支払い方法を使う

iPhone、iPad、iPod touch の「設定」画面や、Mac または Windows パソコンの iTunes で請求先の情報を変更できます。お住まいの国や地域で有効な支払い方法を使い、利用可能残高があることを確認してください。未払い残高がある場合や請求金額のお支払いが必要な状況では、「なし」は選択できません。

請求先情報を訂正した後、App Store や iTunes Store で未払いになっている注文がある場合は、新しい支払い方法への請求が自動的に試みられます。


請求先住所、有効期限日、その他のカード情報を訂正すれば済む場合は、以前と同じお支払い方法を使える可能性があります。米国以外にお住まいの場合、状況によっては、金融機関にお問い合わせの上、海外からの購入の許可を得る必要があります。

iPhone X にサンプルの「購入履歴」が表示されているところ。未払い金が赤字で表示されています。

未払い残高を支払う

iOS デバイスの場合:「設定」>「[ユーザ名]」>「iTunes と App Store」の順に選択し、Apple ID をタップします。「Apple ID を表示」をタップし、Apple ID でサインインして、「購入履歴」をタップします App Store や iTunes Store で購入履歴を確認することもできます)。

未払いの購入代金を探して (通常は、リストの先頭に記載されています)、見つかったらタップし、お支払い方法を変更してください。

未払いの購入代金や定期購読料を支払ってからでないと返金を申請できません。

身に覚えのない請求がある場合

購入代金を支払ったものの、その購入に心当たりがない場合は、返金を申請2できます。また、定期購読の継続を希望しない場合は、解約できます。

お子様や未成年者とデバイスを共有している場合は、ペアレンタルコントロールを設定し、App 内課金を制限できます。お子様や未成年者が自分のデバイスを持っている場合も、ファミリー共有を設定すれば、各自のデバイスで購入するものをコントロールできます。

App Store や iTunes Store からの請求について以前に金融機関に問い合わせたことがある場合は、再び金融機関に連絡し、その請求内容と今後の App Store や iTunes Store からの購入代金について承認しておく必要があります。


さらにヘルプが必要なときは

依然として問題が解決しない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

 

1. ファミリー共有をお使いの場合にこれらのエラーメッセージが表示されたときは、ファミリー共有の管理者が請求先情報を訂正する必要があります。

2. 返金申請は、返金期間中にお手続きください。また、返金できない場合もありますので、ご了承ください。詳しくは、利用規約をご覧ください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: