Final Cut Pro X リリースノート

Final Cut Pro X の最新および過去のアップデートについて説明します。

Final Cut Pro X のアップデートをインストールする前に、現在お使いのバージョンの Final Cut Pro X アプリケーションと Final Cut Pro ライブラリのバックアップを作成しておいてください。

Final Cut Pro X 10.3.2 の新機能

  • オーディオファイルのカスタムフォルダをサウンド・エフェクト・ブラウザに追加できます。
  • オーディオのみのクリップでリップル削除を行っても、選択範囲が無効にならなくなりました。
  • 再起動後もオーディオメーターのカスタム幅が維持されます。
  • 非常に長いプロジェクトの編集時の反応がよくなりました。
  • H.264 ファイルの書き出し時およびフレームレートの変更時のパフォーマンスが改善されました。
  • Compressor を使って ProRes 4444 ファイルを透明度付きで書き出した場合に、正しいアルファチャンネルが作成されます。
  • 複数行タイトルの行間を調整したときに、最初の行しか調整されないという問題が解決されました。
  • ロールが混在する第 2 のストーリーラインがタイムラインで重なってしまう問題が解決されました。
  • Apple USB SuperDrive を使って Final Cut Pro プロジェクトから DVD を作成できないという問題が解決されました。

以前のバージョン

Final Cut Pro X 10.3.1

  • システム環境設定の「言語と地域」でスペイン語を設定しているときに、ビューアで画像がトリミングして表示される問題が解決されました。
  • ライブラリのアップデートに関する問題が解決されました。
  • 「パラメータをペースト」を使ってクリップ間で色補正をコピーする際に起きる問題が解決されました。

Final Cut Pro X 10.3

新しいインターフェイス

  • 新しいダークインターフェイスでビデオに集中
  • 整理やカラーグレーディングなどの作業ごとにウインドウレイアウトをカスタムワークスペースとして保存
  • セカンドディスプレイでタイムラインの全画面表示/非表示を切り替え
  • インスペクタを画面いっぱいの高さで表示

マグネティックタイムライン 2

  • クリップをロール (ダイアログ、ミュージック、エフェクト) ごとに色分けして、プロジェクト全体を一目で把握
  • ロールの作成、割り当て、色の設定により、オーディオクリップとビデオクリップのタイプを簡単に識別
  • 改良されたタイムラインインデックスでオーディオロールをドラッグアンドドロップしてタイムラインのレイアウトを変更
  • タイムラインインデックスの「焦点」ボタンを使って、特定のオーディオロールだけを表示し、ほかのクリップを非表示
  • タイムラインインデックスの「オーディオレーンを表示」ボタンを使って、タイムラインでクリップをオーディオロール別に表示
  • 複合クリップ内のロール全体にオーディオエフェクトや音量変更キーフレームを追加
  • iXML サポートにより、オーディオ・フィールド・レコーダーで設定されたメタデータに基づいてロールを自動的に作成および割り当て
  • カスタムロールの割り当てを読み込み時に iXML メタデータと統合可能
  • Final Cut Pro ライブラリごとに独自のロールセットを作成および管理

色域の拡大

  • 対応している Mac や外部ディスプレイでイメージを広色域で表示
  • 標準の Rec. 601 および Rec. 709 の色空間または Wide Rec. 2020 の色空間でビデオを読み込み、編集、配信
  • ライブラリとプロジェクトの両方で色空間を設定
  • ARRI、Blackmagic Design、Canon、Panasonic、および Sony 社製カメラの Log 素材や、RED RAW 素材を、広い色域を維持しながらリアルタイムで操作
  • ビューアのレンジチェックオーバーレイを使って、標準の RGB 範囲を超えている領域を強調表示
  • ビデオスコープで広色域をリアルタイムで表示

MacBook Pro で Touch Bar をサポート

  • タップして、音量コントロール、フェードイン/フェードアウト、メディアの読み込みなどの基本機能を実行
  • 「クリップ接続を上書き」「トリム開始」「トリム終了」などの詳細編集コマンドに簡単にアクセス
  • タイムライン概要でプロジェクト全体を一目で確認、タッチで移動可能

ビデオ形式のサポート拡大

  • MXF でラッピングされた Apple ProRes を使って、放送配信に適した柔軟性の高い形式で書き出し
  • MXF マスターファイルの書き出しで、オーディオロールを使って業界標準のチャンネルレイアウトを構成
  • Canon Log2/Cinema Gamut と Panasonic V-Log をサポート
  • Sony PXW-FS7 および PXW-X70 カメラの Sony XAVC-L 4K をサポート
  • AVC-Intra ファイルを書き出し

追加の機能

  • フロートランジションによってジャンプカットをシームレスに結合し、インタビュー撮影での考える間や言い直し部分などを除去
  • 「エフェクトを削除」コマンドと「パラメータを削除」コマンドを使って、クリップから特定のエフェクトを削除
  • SMB 3 ネットワークサポートにより、ネットワーク接続ストレージデバイス上のライブラリにアクセス
  • タイムコードエフェクトを使って、ビューアと書き出しファイルでクリップ名とソースクリップのタイムコードを表示
  • タイムコードをコピーアンドペーストして、テキスト書類への数値入力を効率化
  • カスタム Motion プロジェクトを個々の Final Cut Pro ライブラリに統合
  • ブラウザのオプションでクリップを連続再生
  • ブラウザとタイムラインでカスタムメタデータを検索
  • タイムラインインデックスでオーディション、複合クリップ、マルチカムクリップ、同期クリップを検索
  • アンカー付きの隣接クリップでトリムをロール編集
  • メディアブラウザとコンテンツブラウザが大きくなり、フォトライブラリ、サウンドエフェクト、ミュージック、タイトル、ジェネレータの表示領域が拡大
  • 「ミュージック」と「サウンドエフェクト」のブラウザで、オーディオファイルをスキミングして範囲選択
  • Mini DisplayPort または HDMI ケーブルを使って、外部ディスプレイに標準解像度で直接 AV 出力
  • XML 1.6 により、マグネティックタイムライン 2 でのロールベースのオーディオコンポーネントをサポート
  • XML サポートの拡大により、プロジェクトとクリップを既存のイベントに読み込み
  • サポートされるアプリケーションにクリップ、プロジェクト、イベントを XML 形式でドラッグアンドドロップ
  • Final Cut Pro からドラッグアンドドロップでライブラリを XML ファイル形式で書き出し
  • 「オーディオ」インスペクタで「option」キーを押しながらコンポーネントをクリックしてそのコンポーネントを選択し、同時にほかのすべてのコンポーネントを無効化
  • タイムラインでオーディオコンポーネントを選択して「delete」キーを押し、そのコンポーネントを無効化
  • 「command + 上向き矢印」または「command + 下向き矢印」を選択して、タイムラインでクリップを縦方向に選択して移動
  • アングルエディタでマルチカムクリップを開いたときに、オリジナルのタイムラインで表示していたのと同じフレームに再生ヘッドを配置
  • 「ロールを編集」ウインドウで、ロール間でサブロールを移動し、サブロールをほかのサブロールと結合
  • RED R3D ファイルから QuickTime プロキシファイルへ、さらに元の R3D ファイルへの再接続を、一度に 1 ファイルずつ再接続する代わりに一括で処理
  • タイムラインでクリップの高さをキーボードショートカット「command + shift + プラス記号 (+)」または「command + shift + マイナス記号 (-)」を使って変更
  • 同期済みのクリップに、ブラウザやタイムラインで簡単に見分けられるように個別のバッジを表示
  • オーディオフェードを適用するキーボードショートカットをカスタマイズ可能
  • キーボードショートカットでオーディオフェードを適用する際のデフォルトのフェード継続時間を、新しい環境設定で割り当て
  • 「上書き」編集機能が、タイムラインの左上にある「接続」「挿入」「追加」に続く 4 つ目の編集ボタンとして登場
  • 「オーディオをビデオに揃える」機能で、タイムラインで J カットや L カットを簡単にまっすぐに揃える
  • Finder でライブラリをダブルクリックして Final Cut Pro を起動すると、「ライブラリを開く」ウインドウを省略
  • 新しいブロードキャストセーフエフェクトで、ビデオのレベルを Rec. 601 PAL および NTSC、Rec. 709、Rec. 2020 などの特定の色空間に制限
  • マルチカムクリップを XML 形式で書き出した際にアングル ID が維持されるようになり、アセット管理システムとの統合が強化
  • ブラウザのテキスト検索機能を使ってカメラアングル、カメラ名、リールのフィールドを検索可能
  • Sony PXW-X70 で XAVC-Long G を撮影時に、ブラウザの列でさまざまなフレームレートを正しく認識して表示
  • 静止画や動画など、メディアが混在したカメラカードからの読み込み時に、「読み込み」ウインドウに単一のボリュームを表示
  • オーディオエフェクトに、ビデオエフェクトと同様、インスペクタでグローバルな有効化/無効化ボタンを用意
  • ライブラリを Final Cut Pro バージョン 10.3 にアップデートした後で、オーディオクリップを選択してロールを再適用し、クリップの元の iXML メタデータを表示および利用可能
  • 10 ビット非圧縮 SD (標準解像度) ビデオの MXF に対応
  • Final Cut Pro および Compressor の両方からの 16 ビットの TIFF シーケンスの書き出しに対応
  • インスペクタで「DPP 編集/サービス」および「DPP メディア」のメタデータ表示を選択し、Digital Production Partnership AS-11 マスタープログラムファイルの配信時に使用可能
  • カラープロファイルの「読み込み」ウインドウの新しい列で、色空間に基づいて読み込むクリップを表示および選択可能
  • ユーザがカスタムのデフォルトのジェネレータ、タイトル、「下三分の一」タイトルを作成および保存し、キーボードショートカットでタイムラインに追加可能
  • 「ミュージック」および「サウンドエフェクト」メディアブラウザでオーディオソースをプレビュー時にオーディオメーターが機能
  • イベントビューアにタイムコードとオーディオメーターを表示
  • シェイプジェネレータの新しいオプションとして矢印カーソルを追加

Final Cut Pro X 10.3 では、以下の問題が解決されました。

  • リタイミングしたアルファチャンネル付きクリップにオプティカルフローを適用した際に、透明な領域がしばらく不透明になるという症状が解消しました。
  • macOS Sierra でタイムコードウインドウ全体にラインが表示されるという問題を解決しました。
  • ブラウザのリスト表示で、オーディの波形がフィルムストリップの幅に合わせて適切な縮尺で表示されるようになりました。
  • 同期クリップが XML の書き出し/読み込みを経由して正しくラウンドトリップするようになりました。
  • 「置き換え」機能を使って、キーワードやメモが追加されたクリップを、それらが追加されていない新しいクリップと置き換えた場合に、当初のキーワードやメモがタイムラインインデックスに残らなくなりました。
  • 「ディスク作成」の共有オプションを使うと macOS Sierra でハングすることがある問題を解決しました。
  • リスト表示とフィルムストリップ表示を切り替えても、リスト表示でのクリップ選択が変化しなくなりました。
  • オーディションを再生中にトリムしても音量が一定に維持されます。
  • インスペクタで音量をリセットした後、新しいフェードハンドルが「直線状」に設定されなくなりました。
  • ライブラリを読み込まずに Final Cut Pro を起動したときに、ライブラリをアップグレードしないように選択した場合でも、App が開いたままになります。
  • フルスクリーンで再生後にビューアを正常に拡大表示できます。
  • XML 読み込みの後、4K 同期クリップが正しく 4K として表示されるようになりました。
  • シェイプマスクを使ったジェネレータが正しいサイズで書き出されます。
  • 「共有」>「Apple デバイス 1080p」オプションを使った後、iTunes のファイル情報が「SD」1080 と表示されることがなくなりました。
  • ビデオのみの書き出しで、2 回目に書き出したときにオーディオが出力されることがなくなりました。
  • 「マスクを描画」でコントロールポイントを編集中にフルスクリーン再生を終了できるようになりました。
  • 「マスクを描画」エフェクトをマルチカムアングルでクリップに追加しても正常に機能します。
  • 色補正のパックを矢印キーで動かし続けることができます。
  • カラーバランス補正をすると、一部のマルチカムクリップが白くなる問題を解決しました。
  • インスペクタで「なし」を選択してもログ処理がクリップに適用されたままになる問題を解決しました。
  • ログ処理が適用されたクリップでもカラーマスクが機能します。
  • Photoshop レイヤーの色補正に対応しました。
  • カラーマスクの内側から色を減算する際の精度が向上しました。
  • 「マッチカラー」と「バランスカラー」を「パラメータをペースト」機能でほかのクリップにコピーアンドペーストできます。
  • タイトルがガイドに正しくスナップするようになりました。
  • Final Cut Pro を再起動した後、「基本下三分の一」タイトルが元のスタイルに戻り、ユーザが変更した内容が維持されない問題を解決しました。

Final Cut Pro X 10.2.3

  • デフォルトエフェクトのカスタマイズが可能で、キーボードショートカットを割り当てられたビデオエフェクトとオーディオエフェクトの両方を選択可能
  • Apple デバイス用のビデオファイルを作成できる 4K の書き出しプリセット
  • SAN 上のライブラリを開くときの速度が向上
  • OS X El Capitan の Dashboard でのタイムコード表示に支障が出る場合のある問題を解決
  • Canon C300 Mark II のビデオファイルを含む Canon XF-AVC の読み込み
  • 複数の YouTube アカウントへのビデオの共有が可能
  • プロジェクトを開いたとき、または Compressor に共有したときに、無効にしたビデオエフェクトについて「エフェクトが見つかりません」と表示されることがある問題を解決
  • iPhone でトリミングしてから読み込んだ iPhone のビデオクリップに黒いフレームが表示されることがある問題に対処
  • 短いタイトルの編集中に再生ヘッドが前にジャンプすることがある問題を修正
  • ブラウザで表示を切り替えたときにタイムラインでの再生が停止することがある問題を修正
  • ベジェシェイプ上のポイントが「直線状」から「スムーズ」に誤って切り替わることがある問題を修正
  • Motion テンプレート内の一部のオブジェクトがソフトエッジでレンダリングされることがある問題を修正
  • 共有ウインドウに表示される Apple デバイスの互換性リストに iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPad Pro、および Apple TV (第 4 世代) を追加

Final Cut Pro X 10.2.2

  • 最大解像度 4K の Sony XAVC-L および Panasonic AVC-Intra 4:4:4 をネイティブサポート
  • Canon プラグインを使用した Canon XF-AVC 8 ビット・ビデオ・ファイルの読み込み
  • インターレース H.264 ビデオの書き出し
  • Final Cut Pro からの共有時にアセット管理システムがライブラリ・バックアップ・ファイルを取り込み可能
  • 3D テキスト付きの反射素材を使用するときに発生するレンダリングエラーを解決
  • 公開されたパラメータを持つ3D テキスト上の素材を交換するときの安定性を向上
  • テキストスタイルを読み込むときのパフォーマンスを向上
  • テキスト・レイアウト・パラメータが公開された Motion タイトルテンプレートを正しく書き出すことが可能に
  • レンダリング時に 3D テキストが暗くなる問題を解決
  • 特定のアニメーションエフェクトのタイミングの問題を解決

Final Cut Pro X 10.2.1

  • 25p および 30p の Panasonic AVCCAM ビデオを再びサポート
  • タイムライン内でドラッグして範囲を選択するときの精度が向上
  • Final Cut Pro が起動時に終了することがある問題を修正

Final Cut Pro X 10.2

3D タイトルの導入

  • 美しくカスタマイズもしやすい 3D アニメーションテキスト
  • 手早く仕上げられるシンプルなテンプレート
  • 背景やアニメーションが組み込まれた映画のようなテンプレート
  • ワンクリックで美しく仕上げられる豊富なテキストスタイルのコレクション
  • さまざまな素材、ライティング、エッジを無数に組み合わせてタイトルをカスタマイズ
  • 周囲の環境やシャドウなどを調整するコントロールを新たに追加
  • 2D タイトルを 3D に瞬時に変換
  • Motion でタイトルを開いて、複数のライト、カメラ、モーショントラッキングを追加

高度なエフェクト

  • 最大 4 つのビデオスコープを同時に表示
  • あらゆるクリップに適用できる「スーパー楕円」のシェイプマスク
  • 直線状、ベジェ、B スプラインのスムージングオプションであらゆるクリップに適用できる「マスクを描画」
  • すべてのエフェクトでシェイプマスクとカラーマスクを調整する新しいコントロール
  • すべてのエフェクトマスクのアルファチャネルを瞬時に表示
  • カスタムのエフェクトをプリセットとして保存してすばやく使える
  • カラーボードを新しい色補正エフェクトに統合
  • 色補正エフェクトの処理順序を変更
  • キーフレーム機能が強化し、モーションスムージングの精度が向上
  • オプティカルフローが改良され、幅広いコンテンツで美しいスローモーションを実現
  • 複数のフレームを使用する FxPlug プラグインや内蔵エフェクト (視覚的なエコーや軌跡など) のパフォーマンスを向上

カメラのフォーマット

  • Panasonic AVC-Ultra コーデックファミリーに対応
  • Sony XAVC S フォーマットに対応
  • Sony XAVC および XDCAM フォーマットを個別のプラグインを使わずに読み込み
  • JVC H.264 Long GOP フォーマットに対応
  • デュアル GPU に対応し、GPU アクセラレーションを利用した RED RAW 処理が可能に
  • RED RAW アナモフィックフォーマットに対応

追加の機能

  • スマートコレクションをイベントレベルおよびライブラリレベルで使用可能に
  • 読み込みウインドウのすべてのオプションを 1 つのサイドバーに統合
  • デュアル GPU に対応し、「Compressor へ送信」の使用時に GPU レンダリングが可能に
  • マルチパスエンコーディングの CABAC エントロピーモード
  • XML 1.5 で他社製アプリケーションとの連携に対応。他社製のレガシーアプリケーション用に、引き続き XML 1.4 をサポート

Final Cut Pro X 10.2 の補足機能

  • オーディオ波形をすばやく描画できるので、とりわけネットワーク上での編集時にパフォーマンスが向上
  • 第 2 のストーリーラインの写真に変形コントロールが正しく作用
  • サイズ調整可能な「フィルタ」ウインドウで検索
  • フリーズフレームを使って複数のライブラリ間でメディアをコピー
  • iPhone から読み込んだスローモーションビデオクリップをブラウザにバッジ付きで表示
  • フルスクリーンで再生しても、トランスポートコントロールが自動的にスーパーインポーズされない
  • Long GOP 方式のビデオ (AVCHD など) のスキミング時のパフォーマンスが向上
  • i-Frame コーデック (ProRes など) を使ってマスターファイルを書き出す際、書き出しが完了していなくても QuickTime Player で再生可能
  • 120 fps および 240 fps で撮影された XAVC S ビデオをサポート
  • AVC-Intra ファイルや非圧縮ファイルを内包する MXF の書き込みが高速に

Final Cut Pro X 10.1.4

  • Pro Video Formats 2.0 のソフトウェアアップデートにより、MXF のネイティブでの読み込み、編集、および書き出しに対応
  • AVC-Intra の MXF ファイルの書き出しオプション
  • Panasonic の AVC-LongG メディアでの読み込みおよび編集をサポート
  • 自動ライブラリバックアップの問題を修正
  • Canon および Sanyo 製カメラの特定のフレームレートのクリップが正しく読み込まれない問題を修正
  • App Nap が有効になっている際に長時間にわたる読み込みが中断する問題を修正
  • 240 fps のビデオでの手ぶれ補正およびローリングシャッターの低減の正常な動作

Final Cut Pro X バージョン 10.1.3

  • Blu-ray ディスクへの書き込み時または Blu-ray ディスクイメージの作成時における信頼性の問題を修正
  • ほかのクリップからペーストした色補正を共有時に保持
  • クリップをタイムラインに追加するときに、以前のバージョンの Final Cut Pro のブラウザでそれらのクリップに適用したエフェクトを保持
  • ギャップクリップ使用時の XML ラウンドトリップの正常な読み込みが可能
  • 自動ライブラリバックアップの信頼性が向上
  • サイズが増加し続けるファイルをブラウザでスキミングするときの安定性が向上

Final Cut Pro X バージョン 10.1.2

  • 最適化されたメディア、プロキシメディア、およびレンダリングされたメディアがライブラリ以外の場所に保存可能
  • 「ライブラリのプロパティ」インスペクタを使って、ライブラリのそれぞれの保存場所を表示して設定
  • 最適化されたメディア、プロキシメディア、およびレンダリングされたメディアを Final Cut Pro X 内から簡単に削除
  • 複合、マルチカム、および同期クリップに使用中のメディアのマークを表示
  • ブラウザに使用されていないメディアのみを表示するオプション
  • ARRI、Blackmagic Design、Canon、および Sony 製カメラからの高ダイナミックレンジで広色域なビデオに標準 (Rec. 709) 形式をリアルタイムで適用
  • 新しい AMIRA カメラから 3D LUT 内蔵 ARRI を自動的に適用
  • Apple ProRes 4444 XQ のサポート
  • クリップ同期時の速度と精度を向上
  • カウントダウン、複数のテイクからの自動オーディション作成など、オーディオ収録の向上
  • XDCAM メディアを含むカットのみのプロジェクトの高速書き出し
  • ライブラリ全体を 1 つの XML ファイルとして書き出し
  • インスペクタでライブラリに主要なメタデータが表示されるように選択
  • クリップまたは選択範囲の相対音量および絶対音量の調整
  • メディアの読み込み時に Finder タグからキーワードを作成
  • 「ライブラリ」リストでイベントを日付または名前で並べ替えるオプション
  • ブラウザに直接ドラッグしてクリップを読み込む
  • 4K ビデオを Vimeo で共有

Final Cut Pro バージョン 10.1.2 は、さらに以下の問題も修正されています。

  • サイズの大きいライブラリで作業する際に、起動、終了、コピー、および全体のパフォーマンスがより速くなりました。
  • キーフレーム間の直線状とスムーズの動きの補間が時間と距離の両方に適用されます。

Final Cut Pro X バージョン 10.1.1

  • ライブラリの統合中に外部ドライブまたはネットワークの接続が解除された場合、メディアファイルが保持されます。
  • ミュージックとサウンドブラウザでオーディオコンテンツを読み込むときの問題が修正されます。
  • 「テキストをスクロール」ビヘイビアが含まれる Motion エフェクトを適用するときの安定性の問題が修正されます。
  • プロキシメディアとオリジナルメディア/最適化されたメディアをより速く切り替えられます。
  • 非常に大きいプロジェクトでのタイムラインの応答性が改善されます。

Final Cut Pro X バージョン 10.1

  • 新しい Mac Pro でデュアル GPU を利用して、再生およびレンダリングを最適化
  • 一部の Mac コンピュータで Thunderbolt 2 および HDMI を使って、最大 4K でビデオモニタリング
  • タイトル、トランジション、およびジェネレータの 4K コンテンツ
  • ライブラリを使用して、複数のイベントとプロジェクトを 1 つのバンドルに整理
  • 個々のライブラリをすばやく開閉して、必要な素材のみを読み込む
  • メディアをライブラリ内外の場所に読み込むオプション
  • 指定したドライブまたはネットワークの場所に自動的にライブラリをバックアップ
  • プロジェクトスナップショットでプロジェクトの状態をすばやく保存し、手軽にバージョン管理
  • タイムラインの各オーディオチャンネルにオーディオフェードハンドルを装備
  • タイムラインに数値を入力して、詳細なリタイミング速度を追加
  • リップルなしのリタイミングオプション
  • ワンステップで置き換えおよびリタイミング
  • プロジェクトのフレームサイズをカスタマイズ
  • すべてのクリップのタイプでスルー編集を表示
  • 「スルー編集を結合」コマンドで、タイムラインのクリップのブレードカットを削除
  • タイムラインのマルチカムクリップからオーディオを切り離して、オーディオおよびビデオを個別に編集
  • マルチカムクリップをソースとして使用して、タイムラインでビデオまたはオーディオのみを編集
  • J カットおよび L カットでオーディオをブレードおよび移動
  • J カットおよび L カットのスプリット編集中にオーディオをロール
  • ブラウザを非表示にするオプションで、画面上の表示領域を拡大
  • AVCHD カメラの .MTS および .MT2S ファイルをネイティブサポート
  • ソースクリップに使用中のメディアのマークを表示
  • 大きいプロジェクトのパフォーマンスを向上
  • 多くのクリップに同時にキーワードを追加したり編集したりするときのパフォーマンスを向上
  • 複数のキーフレームを簡単に移動、コピー、およびペースト
  • Ken Burns エフェクトにリニア・アニメーションのオプションを追加
  • InertiaCam および Tripod モードで、イメージの手ぶれ補正を向上
  • iOS デバイスから写真を読み込む
  • ビューアメニューからプロキシおよび再生品質のコントロールにアクセス
  • 静止画像の縦方向および横方向のメタデータをサポート
  • XML メタデータにエフェクトパラメータ、フォント、およびテキストサイズを追加
  • 収録中のメディアの追いかけ編集のサポートを向上
  • 他社製ソフトウェアを使用したカスタム共有操作の API
  • FxPlug 3 使用時のカスタムプラグインインターフェイスおよびデュアル GPU をサポート
  • 4K 解像度で YouTube に直接共有
  • 中国のビデオサイト Youku および Tudou に直接共有
  • スペイン語にローカライズ

Final Cut Pro X バージョン 10.1 では安定性とパフォーマンスが全体的に改善されました。また、以下の問題も修正されています。

  • SAN からのライブラリの読み込みが大幅に高速化されました。
  • ドライブのライブラリを閉じた後でもドライブを取り出すことができます。
  • タイムラインでトランジションを含むクリップを移動して、トランジションを含む基本シナリオから非常に簡単に取り出すことができるようになりました。
  • トリムのロール編集を使って、クリップをタイムラインから完全に切り取ることができます。
  • メディア管理機能をやり直し機能でキャンセルできます。
  • アプリケーションを終了すると、バックグラウンドプロセスがキャンセルされます。
  • AVCHD としてカメラから取得した 5.1 サウンドトラックサウンドオーディオは、読み込み中にステレオにミックスダウンされなくなりました。
  • 他社製アプリケーションを使って RED RAW ファイルを ProRes にトランスコードした場合、Final Cut Pro 内で元の RED ファイルに再接続できます。
  • 変形で、すべてのキーフレームのリニアモーションを適切に維持します。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.9

  • Sony XAVC メディアの使用時にグリーンのアーチファクトが発生する問題が解決されます。
  • インターレースメディアおよびリタイミングセグメントに関連したいくつかの問題 (書き出しが失敗することがある問題) が解決されます。
  • 安定性が改善されました。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.8

  • Sony XAVC コーデック (最高解像度:4K) のサポートが追加されます。
  • ARRI ALEXA カメラの ProRes Log C ファイルを標準 Rec. 709 のカラー/コントラストレベルで表示するオプションが追加されます。
  • 一部の他社製のエフェクトのレンダリング時に緑色のフレームが生成される問題が解決されます。
  • 一部のタイトルとエフェクトの使用時に起きることがあるパフォーマンス上の問題が解決されます。
  • 時間が反転されているクリップをバックグラウンドでレンダリングできます。
  • タイムラインのクリップのアピアランスを調整するキーコマンドを使用できます。
  • ビデオファイルのタイムコードトラックに含まれるリール番号メタデータを表示できます。
  • サラウンドプロジェクト内のモノラルオーディオファイルが正しい音量レベルで書き出されます。
  • アプリケーションの再起動時に、ドロップゾーンがビデオの最初のフレームにリセットされなくなります。
  • 1 つのクリップ内で複数の範囲を選択するときのパフォーマンスの問題が解決されます。
  • 外部ビデオデバイスで視聴するときに、一部のクリップで「折り返して再生」機能が正常に動作しない問題が解決されます。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.7

  • レターボックスエフェクトの「オフセット」スライダが復元されました。
  • 1 層 DVD を作成する際に発生する可能性のある問題が修正されています。
  • 一部の他社製エフェクトが原因で Final Cut Pro がバックグラウンドレンダリング中に反応しなくなる問題が修正されています。
  • 一部の他社製トランジションでソースメディアではなく間違って黒が使われる問題が修正されています。
  • 取り込みを実行中の MXF ファイルの編集のサポートが追加されています。
  • Image Unit など、Motion テンプレートのレンダリングに関する問題が修正されています。
  • 同期したクリップまたは複合クリップでの「Modify RED RAW settings」ボタンの表示に関する問題が修正されています。
  • Vimeo への 1 GB を超えるクリップのアップロードに関する問題が修正されています。
  • ピクセルアスペクト比が異なる 2 つの隣接するクリップ上のフィルタに不正確なフレームサイズが使われる問題が修正されています。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.6

  • マルチチャンネルのオーディオファイルをタイムライン内で直接展開して、個々のオーディオチャンネルを詳細編集できます。
  • 読み込みウインドウが統合され、ファイルベースのカメラ、ネットワーク、ファイルのフォルダからメディアを転送する際の単一のインターフェイスとなります。メディアの表示方法としてフィルムストリップ表示とリスト表示のいずれかを選択でき、頻繁に使う場所はすばやくアクセスできるように「よく使う項目」サイドバーに保存しておけます。
  • 共有インターフェイスのデザインが刷新され、書き出しが効率化されました。カスタムバンドルを作成しておけば、複数の場所に一度に書き出せます。
  • イベントブラウザまたはプロジェクトのタイムラインで選択した範囲を書き出すことができます。
  • RED カメラがサポートされ、最大 5K までの REDCODE RAW のネイティブ編集や、Apple ProRes 4444 または ProRes Proxy にトランスコードするオプションを利用できます。Final Cut Pro でディベイヤーのコントロールを直接調整できます。
  • MXF プラグインがサポートされ、他社製プラグインから読み込んだ MXF ファイルをネイティブで扱えるようになりました。アセット管理システムに、カスタムメタデータ付きのアーカイブ済みメディアを読み込む場合や、メタデータ付きのメディアを書き出す場合に理想的です。
  • それぞれにビデオスコープディスプレイを備えたデュアルビューアにより、ショットを比較し、アクションと色をマッチさせることができます。ビューアとイベントビューアの下に表示できるように、スコープには縦向きレイアウトのオプションもあります。
  • ビデオファイル、DVD、および Blu-ray ディスクに書き出すために、タイムラインにチャプタマーカーを追加できます。また、カスタムのポスターフレームを設定するオプションも備えられています。
  • 範囲の選択機能では、イベントブラウザでもクリップ上の開始点と終了点が保持されるようになりました。「command」キーを使えば、1 つのクリップ上でも複数の範囲を選択できます。
  • 「パラメータをペースト」ウインドウでは、クリップ間でコピーする特定のエフェクトを選択できます。
  • Flexible Clip Connections により、基本シナリオ上でクリップをスリップ、スライド、移動させている際、「`」キーを押すことで、接続されたクリップを固定したまま保持できます。
  • 1 回のキー操作 (option + F) でフリーズフレームをタイムラインに追加できます。
  • 直感的なオンスクリーンコントロールを使って、ドロップシャドウエフェクトを適用し、位置、エッジの切り落とし、アングルなどを調整できます。
  • マルチカムクリップ内で別のアングルからのオーディオを組み合わせることができます (アングルビューアで「command + option」キーをクリック)。
  • タイムラインで複合クリップを作成すると、そのクリップがほかのプロジェクトでも使えるように、イベントブラウザに保存されるようになりました。元の複合クリップを変更すると、複数のプロジェクトで使われているその複合クリップのコピーがすべてアップデートされます。「新しい親クリップを参照」コマンドを使って、タイムラインで複合クリップを選択し、1 回の操作でイベントにコピーを保存できます。
  • XML 1.2 には、他社製 App との統合がより豊富に行えるように、強化されたメタデータの読み込みと書き出し機能が備えられています。
  • 「すべてをブレード」コマンドでは、ブレードツールを使って、すべてのストーリーラインおよび接続されたクリップを任意の位置で 1 回クリックするだけでカットできます。「すべてをブレード」を実行する位置を決める際は、「shift」キーを押しながらクリックします。
  • トランジションブラウザで「control」キーを押しながらサムネールをクリックして、「デフォルトにする」を選択すると、新しいトランジションをデフォルトとして選択できます。デフォルトのトランジションは、「command + T」キーを押せば、どのクリップにでも割り当てることができます。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.6 では安定性とパフォーマンスが全体的に改善されました。また、以下の修正点が追加されています。

  • バックグラウンドレンダリングにグラフィックカードの GPU を使うことで、トランスコードやプロキシの作成など、CPU ベースのプロセスを、エフェクトのレンダリング中も中断せずに続行させることができます。
  • 「ループ再生」と「選択項目を再生」機能によって、インスペクタで調整を加えながらループ再生を続行させることができます。
  • データ転送に PTP (Picture Transfer Protocol) を使う、デジタル一眼レフやその他のカメラをコンピュータに直接接続した場合に、これらのカメラが「読み込み」ウインドウに表示されるようになりました。
  • システムパフォーマンスが向上し、複合クリップを扱う際のプロジェクトのサイズが小さくなりました。
  • タイムラインでクリップをクリックすると、再生ヘッドを移動せずにクリップを選択できます。「option」キーを押しながらクリップをクリックすると、クリップを選択して、同時に再生ヘッドを移動できます。
  • カスタムメタデータビューを作成して、XML 書き出しのプリセットとして使うことができます。カスタムメタデータのフィールドも併せて XML を読み込めば、Final Cut Pro でもデータが保持されます。
  • インスペクタの「アナモフィックの上書き」オプションを使って、クリップを手動でアナモフィックとしてタグ付けすることができます。
  • メディアが共有ストレージにあるイベントやプロジェクトを複製すると、リンクのみがコピーされます。同じ共有メディアにリンク付けされている別の編集ステーションに、イベントやプロジェクトを複製および移動する速度が上がります。
  • タイムラインでクリップを別の垂直位置に移動する場合の動作が向上しました。
  • ジェネレータが 1.8:1 のアスペクト比をサポートするようになりました。このアスペクト比は、フレームサイズの範囲に使われます。
  • ビデオのディゾルブは、いくつかのイーズインとイーズアウトが含まれるフィルムルックではなく、リニアのビデオルックがデフォルトになりました。
  • SDII オーディオファイルを読み込むことができます。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.5

  • Final Cut Pro X バージョン 10.0.5 は全体的な安定性が向上し、MacBook Pro (Retina, Mid 2012) 用に強化されています。
  • SAN 使用時に変更内容が正しく保存されない問題が修正されています。
  • SAN 上でプロジェクトを切り替える際のパフォーマンスが向上しています。
  • Final Cut Pro X の再起動後にマルチカムクリップのロールが消失する可能性があるという問題が修正されています。
  • 15 分以上のムービーを YouTube にアップロードできるようになりました。
  • Sony の「Camera Import (カメラから読み込む)」プラグイン PDZK-LT2 を使って取り込んだスパンクリップのイン点とアウト点を正確にマークできるようになりました。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.4

  • 他社製 PCIe と Thunderbolt I/O デバイスを用いたブロードキャストモニタリングの画像の品質と反応が向上しています。
  • マルチカム同期と編集のパフォーマンスが向上しています。
  • 簡体中国語の言語サポートが追加されています。
  • 対応する iOS デバイス上で 1080p ビデオの共有オプションが追加されています。

Final Cut Pro バージョン 10.0.4 は、さらに以下の問題も修正されています。

  • 新規プロジェクトにデフォルトのオーディオチャンネルとしてステレオが設定されています。
  • XML プロジェクトの書き出しにマルチカムのメタデータが含まれています。
  • アルファチャンネルでバックグラウンドの上にスーパーインポーズされたビデオが、レンダリングの前と後でビューアに異なって表示されるという問題が修正されています。
  • アプリケーション起動後に一部のタイトルが再びレンダリングされる原因となった問題が修正されています。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.3

  • 自動同期機能でマルチカム編集。フォーマットやフレームレートの混在や、最大 64 のアングルをサポート
  • カラーサンプリングとエッジ品質をコントロールできる高度なクロマキーイング機能
  • プロジェクトやイベントを新しいメディアに手動で接続する際にメディアを再接続
  • レイヤー化された Photoshop グラフィックスの読み込み/編集
  • XML 1.1。プライマリカラーグレーディング、エフェクトパラメータ、オーディオキーフレームをサポート
  • 新しいキーコマンド、編集可能な数値フィールド、ドラッグしたときに無限のスライダのように動作する調整可能なパラメータなど、カラーボードの機能の向上
  • インスペクタで色補正を並べ替える機能
  • イベントブラウザでリスト表示時にビデオクリップのクリップ範囲を表示
  • クリップの日付と時刻のバッチオフセット
  • 「よく使う項目」範囲および「不採用」範囲に追加されたテキストを検索する機能
  • 他社製 PCIe や Thunderbolt I/O デバイスを用いたベータ版のブロードキャストモニタリング

Final Cut Pro X 10.0.3 では安定性とパフォーマンスが全体的に改善されました。また、以下の問題も修正されています。

  • タイトルのテキストを編集している際のパフォーマンスが向上しています。
  • エフェクトブラウザからエフェクトを適用する際のパフォーマンスが向上しています。
  • インスペクタでのキーフレームの動作が向上しています。時間的に別のポイントに移動したり、パラメータを調整したりしたときにキーフレームが自動的に追加されます。
  • 新しく追加されたトランジションすべてが利用可能なメディアを使い、プロジェクトの長さを維持するよう、トランジションの動作が修正されています。
  • スキミング中にソロのオーディオが影響を受ける問題が修正されています。
  • 無音のオーディオチャンネルを含むメディアでの「クリップを同期」の使用に関連する問題が修正されています。
  • 「エフェクトをペースト」コマンドの使用時に連続的なスピードのリタイミングが正しく適用されない問題が修正されています。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.2

  • Final Cut Pro X の再起動時にタイトルのフォントがデフォルトに戻ってしまう問題が修正されています。
  • 一部の他社製モバイルデバイスで収録したファイルが正しく再生されない問題が修正されています。
  • 複合クリップの開始時間を変更する際の安定性の問題が修正されています。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.1

  • ロール機能を使用して、オーディオおよびビデオのステムを 1 つのマルチトラック QuickTime ムービーまたは分割されたファイルとして書き出すことができます。
  • XML の読み込みと書き出しにより、他社製のワークフローをサポートします。
  • プロジェクトとイベントを Xsan に配置することにより、エディタ間の共同作業が向上します。
  • プロジェクトにカスタムの開始タイムコードを設定できます。
  • 接続されたクリップに、1 回の操作でトランジションを追加できます。
  • OS X Lion でフルスクリーン表示を有効にできます。
  • GPU で高速化した書き出しにより、配信速度を向上できます。
  • 4 つのアニメーション化されたタイトルと、それにマッチする 1 つのトランジションを備えた新しいテーマ「トリビュート」を利用できます。

このアップデートでは安定性とパフォーマンスも全体的に改善されました。また、以下の問題も修正されています。

  • Aperture および iPhoto から写真ブラウザを通じて DSLR ビデオを読み込む機能が追加されています。
  • Final Cut Pro X が開いているときにカメラカードを取り出す機能が追加されています。
  • メディアストレージとして起動ボリュームまたは Time Machine ボリュームを常に使用する機能が追加されています。
  • オーディオの同期パフォーマンスが改善され、フレームサイズおよびフレームレートが異なるオーディオを同期する機能が追加されています。
  • アルファチャンネルがトランジションに適切に保存されない問題が修正されています。
  • タイトルがタイムライン上で移動することがある問題が修正されています。
  • スローモーションを適用する際、またはインターレースのビデオで作業する際のビデオのリタイミングの品質の問題が修正されています。
  • カスタムの ICC カラープロファイルがビューア内のイメージに影響をおよぼす問題が修正されています。
  • 自動保存の性能と信頼性が向上しています。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: