Final Cut Pro X 10.1 以降をバックアップする

Final Cut Pro X 10.1 以降のアプリケーションとライブラリをバックアップする方法、プロジェクトをアーカイブする方法について説明します。

Final Cut Pro X をアップデートする前に、現在お使いの Final Cut Pro アプリケーションのコピー既存のライブラリをバックアップしておいてください。そうすれば、必要に応じてファイルを別の Mac に移動して、それらのプロジェクトの作業を以前のバージョンの Final Cut Pro で継続できます。また、安全対策として、Final Cut Pro X のファイルは定期的にバックアップしてください。

Final Cut Pro X アプリケーションをバックアップする

現在お使いの Final Cut Pro X アプリケーションのコピーをバックアップするには、以下の手順を実行してください。

  1. 「アプリケーション」フォルダに新規フォルダを作成します。アプリケーションの名前とバージョンをフォルダの名前にします (例:「Final Cut Pro X 10.3」)。お使いの Final Cut Pro X のバージョンを確認するには、アプリケーションを開いて、「Final Cut Pro」メニューから「Final Cut Pro について」を選択します。
  2. 「アプリケーション」フォルダで Final Cut Pro X アプリケーションを選択します。「ファイル」>「“Final Cut Pro” を圧縮」の順に選択します。圧縮が完了するまでに、数分かかります。
  3. 圧縮された「Final Cut Pro.zip」ファイルを手順 1 で作成したフォルダに移動します。
  4. zip ファイルが入っているフォルダをバックアップドライブに移動します。

ライブラリをバックアップする

Final Cut Pro X ライブラリをバックアップするには、Time Machine などのシステム全体のバックアップソリューションを使うか、単純にライブラリを専用のバックアップドライブにコピーすることができます。後者は、オリジナルのメディアアセットを、関連付けられたイベントやプロジェクトと一緒にライブラリ内に保管している場合 (管理対象メディア) に適しています。「ファイルを統合」コマンドを使って、外部メディアを管理対象のメディアとして同じライブラリ内にまとめておけば、簡単に移動またはアーカイブできるようになります。

メディアを保護するため、Final Cut Pro で使っているメディアファイルの保存先ストレージデバイスまたはパーティションとは別の場所にバックアップする必要があります。

プロジェクトをアーカイブする

短期的なソリューションとしてプロジェクトをアーカイブして、ストレージの空き容量を増やしたり、または長期的な保管の目的でアーカイブしておき、アップデートや用途変更が必要なときに戻すことができます。

  1. アーカイブするライブラリで、1 つまたは複数のイベントまたは最終プロジェクトなどの項目を選択します。アーカイブに含まれるメディアは、選択する項目によって異なります。
    • イベントを選択すると、プロジェクトに使われているかどうかにかかわらず、イベント内のすべてのメディアをアーカイブします。 
    • プロジェクトを選択すると、プロジェクトとそのプロジェクトに必要なメディアをアーカイブします。このようにすると、アーカイブのサイズが小さくなります。 
  2. 「ファイル」>「[項目]をライブラリにコピー」>「新規ライブラリ」の順に選択します。新しいライブラリの名前を入力して、新しいライブラリの場所に移動して、「保存」をクリックします。
  3. 表示されたウインドウで下記のいずれかの操作を行います。
    • できるだけ小さいサイズのアーカイブにする場合は、「最適化されたメディア」および「プロキシメディア」チェックボックスが有効になっていないことを確認します。 
    • 最適化されたメディアを含める場合 (かつ、コピー時間と保存容量が問題ではない場合)は、「最適化されたメディア」チェックボックス、「プロキシメディア」チェックボックス、またはその両方を選択します。 
  4. 「OK」をクリックします。新しいライブラリが (元のライブラリからストレージ設定を継承した状態で) ライブラリリストに表示されます。 
  5. 新しいアーカイブライブラリの保存場所を調整する場合は、ライブラリを選択し、「ファイル」>「ライブラリのプロパティ」の順に選択して (または「control + command + J」キーを押して)、「ライブラリのプロパティ」インスペクタを開きます。必要な変更を行います。
  6. 「統合」をクリックするか、または「ファイル」>「ライブラリファイルを統合」を選択してから「OK」をクリックします。
    • ライブラリ内で管理対象のメディアを統合すると、後で必要になるものすべてが含まれた 1 つのライブラリファイルが作成されます。 
    • 外部の場所に統合すると、ライブラリと「Media」フォルダの 2 つの項目に分かれますが、後でこのメディアをより簡単に複数のエディタと共有できます (たとえば、ストレージエリアネットワーク上など)。

レンダリングファイルは、ライブラリ間でコピーされません。ライブラリを再び開いたときに再生成できます。

追加のファイルをアーカイブする

ライブラリのほかに、アーカイブが必要な項目がいくつかあります。これらは、新しいシステムを構成し、アーカイブしておいたライブラリを編集する場合に必要となるプロジェクトの要素です。

  • Motion テンプレート:「~/ムービー/Motion Templates/」に作成されるカスタムのモーションテンプレート
  • フォント:システムに含まれないカスタムのフォント
  • プラグイン:FxPlug エフェクト、Audio Units プラグイン、または RED、Sony XAVC、Canon XF のような、特定のカメラ形式の再生を可能にするカメラメーカーのプラグインなど、プロジェクト内で使用されている他社製のプラグイン

最終プロジェクトの Final Cut Pro X から書き出された XML と一緒に、最終プロジェクトのマスターメディアファイルをアーカイブすることもお勧めします。この XML ファイルには、編集のタイミング、アセットの参照、エフェクト、メタデータ、その他の利用可能な情報のすべてと共に、タイムラインで編集されたシーケンスを示す読み取り可能なテキストが含まれています。これは、EDL よりもさらに豊富なアーカイブの選択肢であり、後日プロジェクトをより正確で完全に再作成することができます。XML ファイルの書き出しの詳細については、http://help.apple.com/finalcutproの Final Cut Pro X ヘルプを参照してください。

関連情報

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: