MacのためのPages: 「Pages」で凡例、グリッドライン、およびその他のマーキングを追加する

「Pages」で凡例、グリッドライン、およびその他のマーキングを追加する

グラフに追加できる、何種類かのグラフマーキングおよび軸ラベルが用意されています。これらの外観を変更してデータを強調したり、グラフタイトルや数値ラベルのテキストスタイルを変更して、これらのテキストを目立たせたりすることができます。

縦棒グラフ。軸ラベルとグラフの凡例が表示された状態。

凡例を追加する

  1. グラフをクリックしてから、「フォーマット」  サイドバーの「グラフ」タブをクリックします。

  2. 「グラフオプション」セクションで、「凡例」チェックボックスを選択します。

  3. 書類内の凡例をクリックして(凡例のみを選択し)、以下のいずれかの操作を行います:

    • 凡例テキストの外観を変更する:サイドバーの上部の「スタイル」タブをクリックしてから、コントロールを使用して、背景の塗りつぶしの追加や枠線の追加などを行います。

    • 凡例のサイズを変更する:凡例の周りの正方形のハンドルをドラッグします。

  4. 目的の位置まで凡例をドラッグします。

    凡例を選択してからキーボードの矢印キーを押すことで、より正確に凡例を配置できます。Shift キーを押しながら矢印キーを押すと、凡例がより大きい幅で移動します。

軸のグリッドラインを変更する

グラフのグリッドラインを表示するかどうかを指定したり、その外観を変更したりできます。

  1. グラフをクリックします。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「座標軸」タブをクリックしてから、変更したい軸(x または y)のボタンをクリックします。

  3. 必要に応じて以下の操作を実行します:

    • 線のタイプを設定する:「グリッドライン」(x 軸の場合)、または「グリッドライン(大)」または「グリッドライン(小)」(y 軸の場合)の横の開閉用三角ボタンをクリックしてから、ポップアップメニューをクリックし、線のタイプを選択します。

    • 線のカラーを設定する:「グリッドライン(大)」セクションで、カラーウェルまたはカラーホイールをクリックしてから、カラーを選択します。

    • グリッドライン(大)の単位を設定する:「グリッドライン(大)」セクションで、単位フィールドの右側の矢印をクリックするか、このフィールドに値を入力します。

    • X 軸または値軸の目盛りを表示する:「目盛り」ポップアップメニューをクリックしてから、場所を選択します。

基準線を表示する/削除する

グラフに基準線を追加して、平均値、中央値、最小値、および最大値を示すことができます。基準線があると、グラフを一目で簡単に理解でき、グラフ内の値をベンチマークの値と比較するのに役立ちます。

積み重ねグラフ、2 軸グラフ、3D グラフ、円グラフ、およびドーナツグラフを除き、すべてのグラフのタイプに基準線を設定できます。グラフには最大 5 本の基準線を設定できます。

  1. グラフをクリックします。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「座標軸」タブをクリックしてから、サイドバーの上部付近にある「値」ボタンをクリックします。

  3. 「基準線」の横の開閉用三角ボタンをクリックし、ポップアップメニューで次の基準線のタイプのいずれかを選択します:

    • 平均値:データの平均値を示す線

    • 中央値:データの中央値を示す線

    • 最小値:最も小さい値を示す線

    • 最大値:最も大きい値を示す線

    • カスタム:サイドバーの「カスタム」セクションで入力する値を示す線

    基準線に平均値が表示されている縦棒グラフ。
  4. 基準線が何を表しているかを表示するには、「名前を表示」チェックボックスと「値を表示」チェックボックスを選択します。

  5. 基準線の設定を変更するには、その線をクリックしてから、右側のサイドバーにある「基準線」タブのコントロールを使用します。

注記:インタラクティブグラフでスライダをドラッグして別のデータセットを表示すると、基準線が移動します。

基準線を削除するには、その線をクリックして選択してから、キーボードの Delete キーを押します。

エラーバーを表示する/削除する

エラーバーによって、データの正確性の全般的な印象が得られます。これらは小さなマークとして表され、その長さは、特定のデータ系列と関連付けられている不確実性の程度(データの変わりやすさ)を示します。2D 折れ線グラフ、面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、積み重ね横棒グラフ、積み重ね縦棒グラフ、バブルチャート、および散布図に追加できます。

  1. グラフをクリックしてから、「フォーマット」  サイドバーの「系列」タブをクリックします。

  2. 「エラーバー」の横の開閉用三角ボタンをクリックしてから、ポップアップメニューをクリックしてエラーバーのタイプを選択します。

  3. 2 番目のポップアップメニューをクリックし、エラー値がどのように計算されるか(たとえば、固定値や割合(%))を選択し、表示したい変わりやすさの範囲を変更します。

  4. エラーバーの外観を変更するには、エラーバーをクリックしてどちらかの端に白いドットを表示します。「エラーバー」タブが右側のサイドバーの上部に表示されます。

    そのデータ系列のすべてのエラーバーが選択されます。

  5. サイドバーの「バーのスタイル」および「影」セクションのコントロールを使用して変更します。

    エラーバーの外観を変更するためのサイドバーコントロール。

    選択したデータ系列のエラーバーのみが変更されます。別の系列のエラーバーを変更するには、そのエラーバーのいずれかをクリックしてから変更します。

エラーバーを削除するには、グラフをクリックして、エラーバーをクリックしてから、サイドバーで「エラーバー」ポップアップメニューをクリックし、「なし」を選択します。

トレンドラインを表示する/削除する

トレンドラインは、データの全体的な方向(または傾向)を示します。トレンドラインは、主に金融投資判断の参考情報として利用され、2D 棒グラフ、線グラフ、散布図、およびバブルチャートに表示できます。

  1. グラフをクリックしてから、「フォーマット」  サイドバーの「系列」タブをクリックします。

  2. 「トレンドライン」の横の開閉用三角ボタンをクリックし、ポップアップメニューをクリックしてトレンドラインのタイプを選択します。

  3. 以下のいずれかを実行します:

    • トレンドラインの名前を表示する:「名前」チェックボックスを選択してから、フィールドに名前を入力します。入力した名前は、グラフ上のすべてのトレンドラインに表示されます。名前を変更するには、グラフ上で名前をダブルクリックしてから、新しい名前を入力します。

    • 方程式または決定係数を表示する:「方程式を表示」または「R2 値」チェックボックスを選択します。

  4. トレンドラインの外観を変更するには、トレンドラインをクリックしてどちらかの端に白いドットを表示してから、「フォーマット」  サイドバーの「トレンドライン」タブをクリックします。

    「線」および「影」セクションのコントロールを使用して変更します:

    トレンドラインの外観を変更するためのサイドバーコントロール。

トレンドラインを削除するには、グラフをクリックして、トレンドラインをクリックしてから、サイドバーで「エラーバー」ポップアップメニューをクリックし、「なし」を選択します。

注記:iOS デバイスでは、グラフにトレンドラインを追加することはできません。ただし、Mac で作成した書類にトレンドラインが含まれるグラフがある場合は、この書類を iOS デバイスで開くと、トレンドラインが表示されます。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?