MacのためのPages: Pages 書類を保存する/名前を付ける

Pages 書類を保存する/名前を付ける

書類を最初に保存するときは、書類に名前を付け、保存する場所(デスクトップやフォルダなど)を選択します。その後は、作業中に書類が自動的に保存されます。書類の名前を好きなときに変更したり、別の名前で複製を作成したりできます。

新しい書類を保存する/新しい書類に名前を付ける

  1. 書類ウインドウ内をクリックしてウインドウを有効にしてから、画面上部の「ファイル」メニューで「ファイル」>「保存」と選択します。

  2. 「別名で保存」フィールドに名前を入力してから、1 つまたは複数のタグを入力します(オプション)。

  3. 書類の保存先を選択するには、「場所」ポップアップメニューの横にある矢印をクリックして、ダイアログで場所(フォルダやデスクトップなど)を選択します。

    macOS High Sierra 10.13 では、「別名で保存」テキストフィールドの横の矢印をクリックします。

    iCloud Drive が設定されているすべての iOS デバイスで「Pages」に書類を表示するには、iCloud Drive の「Pages」フォルダに書類を保存します。(このオプションを表示するには、Mac に iCloud Drive が設定されている必要があります。)

    書類の「保存」ダイアログ。「場所」ポップアップメニューで「Pages — iCloud」が選択されている状態。

    ヒント:書類を入れる新しいフォルダを作成するには、フォルダの保存先を選択してから、「名前」ダイアログの下部にある「新規フォルダ」をクリックします。フォルダの名前を入力してから、「作成」をクリックします。

  4. 「保存」をクリックします。

サイズの大きな書類をパッケージとして保存する

デフォルトでは、書類は単一ファイルとして保存されます。書類のサイズが 500 MB を超える場合、または書類に大きいビデオファイルやイメージファイルが含まれる場合は、パフォーマンスを確保するために書類をパッケージとして保存することをお勧めします。

  • パッケージファイルとして保存する:書類ウインドウ内をクリックしてウインドウを有効にしてから、画面上部の「ファイル」メニューで「ファイル」>「詳細」>「ファイルタイプを変更」>「パッケージ」と選択します。

  • パッケージファイルを単一ファイルフォーマットに戻す: 「ファイル」>「詳細」>「ファイルタイプを変更」>「シングルファイル」と選択します。ご利用の Web サービスまたはメールサービスでパッケージファイルのアップロードや添付ができない場合は、この方法でフォーマットを戻してください。

詳しくは、Apple サポート記事「Pages、Numbers、または Keynote で書類をパッケージまたは単体のファイルとして保存する」を参照してください。

書類の名前を変更する

  • 「Pages」ウインドウの上部にある書類名をクリックし、新しい名前を入力してから、ダイアログの外側をクリックして閉じます。

書類のコピーを保存する

  1. 書類が開いている状態で、キーボードの Option キーを押したまま、画面上部の「ファイル」メニューで、「ファイル」>「別名で保存」と選択します。

  2. コピーの名前を入力して、Return キーを押します。

コピーがオリジナルと同じ場所に保存されます。コピーが保存されている場所を変更したり、ほかのユーザにコピーを送信したりできます。

ほかのフォーマット(Microsoft Word、PDF、Pages '09 など)で書類のコピーを保存するには、そのフォーマットで書類のコピーを作成します。方法については、Word、PDF、または別のファイルフォーマットに書き出すを参照してください。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?