MacのためのPages: Pages 書類に図形を追加する/編集する

Pages 書類に図形を追加する/編集する

図形ライブラリには、さまざまなカテゴリの何百もの図形が含まれています。ページに図形を追加した後、さまざまな方法で図形をカスタマイズできます。たとえば、標準の 5 頂点の星形を 20 頂点の星形にしたり、四角形の角の丸みを調整したり、図形の内部にテキストを追加したりできます。

図形を追加する

  1. ツールバー「図形」ボタン をクリックします。

    図形ライブラリ。左側にカテゴリ、右側に図形が表示されています。上部の検索フィールドを使って図形を探したり、スクロールしてほかの図形を表示したりできます。
  2. 左側のカテゴリを選択してから、図形をクリックするか書類にドラッグして追加します。

    すべての図形をブラウズするには、図形パネルの上にポインタを移動してから、下にスクロールします。

    図形を検索するには、図形ライブラリ上部の検索フィールドに図形名を入力します。図形の上にポインタを移動すると、図形名が表示されます。

  3. 図形をドラッグして、ページ上での位置を調整します。

図形の端の曲線を調整する

  1. 図形を選択します。

  2. 画面上部の「フォーマット」メニューから「フォーマット」>「図形と線」>「編集可能にする」と選択します。

  3. 白いハンドルをダブルクリックして、曲線を直線に変更します。

    ハンドルはさまざまな種類の線を表します:

    • 輪郭が赤い四角形:直線を示します。このポイントにつながる線は直線です。

    • 輪郭が赤い円:曲線を示します。このポイントにつながる線は曲線です。

      編集可能なポイントのある図形。
  4. 編集が終わったら図形の外側をクリックします。

デフォルトの曲線をベジェ曲線に変更するには、画面上部の「Pages」メニューで、「Pages」>「環境設定」と選択してから、「一般」タブで「カーブのデフォルトをベジェに設定」を選択します。ベジェ曲線を使った図形を編集するときは、ポイント上のハンドルを使って曲線を調整します。

図形の機能を調整する

選択すると緑のドットが表示される基本図形(図形ライブラリの「基本」カテゴリに含まれる図形)の外観を変更できます。たとえば、星の頂点の数を 5 つよりも増やすことができます。

選択ハンドルのある図形。
  1. 図形を選択します。

  2. 必要に応じて以下の操作を実行します:

    • 角丸四角形の角の形状を変更する:緑のドットを角の方向にドラッグすると角が鋭くなり、角から遠ざけるようにドラッグすると角が丸くなります。

    • 星形の頂点の数を変更する:外側の緑のドットを時計回りにドラッグすると頂点の数が増え、反時計回りにドラッグすると頂点の数が減ります。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。

    • 星形の頂点の形状を変更する:内側の緑のドットを星形の中心方向にドラッグすると頂点が細長くなり、星形の中心から遠ざけるようにドラッグすると頂点が太く短くなります。

    • コールアウトまたは吹き出しの形状を変更する:緑のドットを吹き出しの本体の上にドラッグして、形状を変更します。緑のドットをポイントの先端にドラッグすると、長さと位置を変更できます。緑のドットをポイントの根本にドラッグすると、太さを変更できます。

    • 多角形の辺の数を変更する:緑のドットを時計回りまたは反時計周りにドラッグして、辺の数を調整します。

    • 矢印の比率を調整する:緑のドットを矢印の先端方向にドラッグすると矢印の頭の部分が小さくなり、矢印の側面ポイントの方向にドラッグすると矢印の胴体部分が太くなります。

    • 追加の編集ハンドルを表示して図形を自由に変更する:画面上部の「フォーマット」メニューから「フォーマット」>「図形と線」>「編集可能にする」と選択します。既存の 2 つのポイントの間にポインタを置き、ハンドルが表示されたら、そのハンドルをドラッグします。必要なだけハンドルをドラッグし、完了したら、図形の外をクリックします。

図形を描画する

独自のフリーハンドの図形を作成できます。

  1. ツールバー「図形」ボタン をクリックしてから、「ペン」ボタン をクリックします。

  2. ページ上のいずれかの位置をクリックすると、その位置に、カスタム図形の開始ポイントができます。

  3. ポインタを移動し、クリックして別のポイントを作成します。この操作を繰り返して、必要なだけポイントを追加します。

    曲線セグメントを作成するには、クリックしてドラッグし、再度クリックしてセグメントを終了します。

    直前に作成したセグメントを削除するには、ポイントを選択してからキーボードの Delete キーを押します。

  4. 図形を完成するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 図形を閉じる(終了ポイントと開始ポイントを結ぶ実線を追加する):開始ポイントをクリックします。

    • 図形を閉じない(終了ポイントと開始ポイントを結ぶ実線を追加しない):Esc(Escape)キーを押します。

図形のポイントや線の輪郭を変更するには、図形を選択し、画面上部の「フォーマット」メニューから「フォーマット」>「図形と線」>「編集可能にする」と選択します。

複合図形を分割する

複合図形(複数の要素でできた図形)を各要素に分けて、新しい図形を作成できます。複合図形には、スニーカー(アッパーとソール)、ハス(各花びら)、トラック(車輪、運転台、その他)などがあります。図形ライブラリでは、どれが複合図形なのかは示されていませんが、ほとんどの複合図形は複雑な形状をしています。

図形を要素に分割すると、ほかの図形と同じように各要素も編集できます。それぞれを独自の図形として使ったり、並べ替えて新しい図形に変えたり、不要な要素を削除したりできます。

構成要素に分割された複合図形。
  1. 複合図形を選択します。

  2. 画面上部の「フォーマット」メニューから「フォーマット」>「図形と線」>「分割」と選択します。

    編集できる図形要素には白い選択ハンドルが表示されます。

    メニューで「分割」が淡色表示になっている場合、選択した図形は複合図形ではありません。

図形を結合して新しい図形を作成する

図形を別の図形と結合して、新しい図形を作成することができます。たとえば、ハートの形をした図形を作成したい場合、3 つの図形(1 つのひし形をと 2 つの円)を使用して、これらの図形を結合して 1 つの図形にします。ほかの図形から図形を抜き取ったり、2 つの図形の重複している領域を削除することもできます。

図形の結合の例。
  1. 接しているか重複している 2 つ以上の図形を、Shift キーを押したままクリックして選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「配置」タブをクリックします。

  3. サイドバーの下部にある配置ボタンをクリックします:

    • 結合:選択した図形を結合して 1 つの図形にします。

    • 交差:重複している領域から図形を作成します。

    • 減算:別の図形の上のレイヤーに配置されている図形を削除します。必要に応じて、削除したい図形を最前面に移動します。オブジェクトを重ねる方法について詳しくは、オブジェクトを重ねる/グループ化する/ロックするを参照してください。

    • 除外:複数の図形の重複している領域を除外した図形を作成します。

カスタム図形を図形ライブラリに保存する

パスの閉じている図形(ロゴなど)を作成またはカスタマイズした場合、図形ライブラリに保存できます。保存すると、お使いの Mac の Keynote 書類、Pages 書類、および Numbers 書類で利用できるようになります。カスタム図形を保存すると、図形のパス、反転、回転プロパティが保存されます。サイズ、色、不透明度などのプロパティは保存されません。

  1. カスタム図形を選択してから、画面上部の「フォーマット」メニューで「フォーマット」>「図形と線」>「マイシェイプに保存」と選択します。

    図形が図形ライブラリの「マイシェイプ」カテゴリ(カスタム図形がある場合にのみ表示されます)に保存されます。図形は作成した順でライブラリに表示されます。この順序は変更できません。

  2. 図形の下に表示されるフィールドに図形の名前を入力するか、名前をクリックして変更します。

カスタム図形を削除するには、図形ライブラリで Control キーを押しながらクリックして、「図形を削除」を選択します。

図形内にテキストを追加する/揃える

  1. 新しい図形を追加して入力を始めるか、既存の図形を選択してから入力します。

    図形内に表示するテキストの分量が多すぎることを意味するクリッピングインジケータ が表示されたら、図形をクリックして、白い正方形のいずれかを、すべてのテキストが表示されるまでドラッグします。

  2. 図形内のテキストを揃えるには、図形を選択して、「フォーマット」  サイドバーの「テキスト」タブをクリックし、上部付近にある「スタイル」ボタンをクリックしてから、「配置」セクション内のいずれかのボタンをクリックします。

    「配置」セクション。テキスト配置ボタンと間隔ボタンのコールアウトが表示された状態。
公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?