MacのためのPages: Pages 書類にイメージを追加する

Pages 書類にイメージを追加する

写真やグラフィックスをフォトライブラリから書類に追加したり、写真やグラフィックスを Web サイトや Finder からドラッグしたりできます。イメージの不要な部分をマスクすることでトリミングし、背景および露出を調整できます。

イメージを追加する/置き換える

必要に応じて以下の操作を実行します:

  • コンピュータや Web ページからメディアプレースホルダまたはページ内の好きな位置にイメージをドラッグします。

  • メディアプレースホルダの右下隅にある 「メディア」プレースホルダボタン をクリックして、フォトライブラリからイメージを選択します。

  • ツールバー「メディア」ボタン をクリックし、「写真」を選択してから、イメージをフォトライブラリからページまたはメディアプレースホルダにドラッグします。

    イメージを検索するには、メディアウインドウの右上隅にある虫眼鏡をクリックします。

  • 置き換えるイメージを選択してから、「フォーマット」  サイドバーの「イメージ」タブをクリックします。「置き換える」をクリックして、イメージを選択します。新しいイメージは、元のイメージと同じサイズになります。

ページ上のイメージを置き換えることができない場合、そのイメージはロックまたはグループ化されているか、マスターオブジェクトの可能性があります。

イメージギャラリーを追加する

イメージギャラリーでは、写真のコレクションをページ上の 1 つの場所に表示して、一度に 1 枚ずつ表示することができます。EPUB フォーマットで書き出された書類では、インタラクティブなギャラリーのイメージをスライドショーのようにクリックして操作できます。

  1. ツールバーの 「メディア」ボタン をクリックしてから、「イメージギャラリー」を選択します。

  2. ページ上でイメージギャラリーの位置を調整するには、イメージギャラリーをドラッグします。サイズを変更するには、選択ハンドルをドラッグします。

  3. イメージを追加するには、イメージをコンピュータからイメージギャラリーにドラッグします。

  4. イメージギャラリーをカスタマイズするには、選択されていることを確認してから、以下のいずれかの操作を行います:

    • イメージの位置または拡大/縮小レベルを調整する:ページ上のイメージをダブルクリックしてから、ドラッグしてフレーム内で移動します。スライダをドラッグして拡大/縮小します。

    • イメージを並べ替える:「フォーマット」  サイドバーの「ギャラリー」タブをクリックしてから、イメージのサムネールをドラッグして並べ替えます。

    • イメージのキャプションを追加する:ページ上のイメージの下にあるテキストボックスをダブルクリックして、テキストを入力します。

      すべてのイメージで同じキャプションを使用するには、「フォーマット」 サイドバーで「ギャラリー」タブをクリックしてから、「全イメージで共通のキャプション」を選択します。イメージの下にあるテキストボックスをダブルクリックして、テキストを入力します。

      キャプションをオフにするには、「キャプション」の選択を解除します。

    • 操作補助技術(VoiceOver など)で使用できるイメージの説明を追加する:「フォーマット」 サイドバーの「ギャラリー」タブをクリックしてから、イメージのサムネールをクリックします。「イメージの説明」テキストボックスにテキストを入力します。イメージの説明は、書類ではどこにも表示されません。

  5. イメージギャラリーを表示するには、「左をブラウズ」ボタン または 「右をブラウズ」ボタン をクリックします。

ギャラリーからイメージを削除するには、「フォーマット」 サイドバーの「ギャラリー」タブをクリックし、イメージのサムネールをクリックしてから、Delete キーを押します。

メディアプレースホルダを作成する

イメージファイル、ビデオファイル、またはオーディオファイルを追加できるメディアプレースホルダを書類に追加できます。メディアプレースホルダを使用すると、ページ上のほかの要素の邪魔をすることなく、メディアを簡単に置き換えることができます。

  1. 書類にイメージを追加してから、書類内でイメージをどのように表示したいかに合わせてフォーマットします。

    マスクを追加したり、枠線を追加したり、イメージを回転させたり、サイズを変更したりできます。

  2. イメージを選択してから、画面上部の「フォーマット」メニューで、「フォーマット」>「詳細」>「メディアプレースホルダとして定義」と選択します。

イメージまたはその他のオブジェクトを置き換えできない場合

テンプレート上のオブジェクトを置き換えできない場合は、オブジェクトがロックされているか、マスターオブジェクトの可能性があります。編集可能にするには、以下のいずれかの操作を行います:

  • オブジェクトを選択し、「フォーマット」  サイドバーの「配置」タブをクリックしてから、「ロック解除」をクリックします。

  • オブジェクトを選択し、画面上部の「配置」メニューで、「配置」>「セクションマスター」>「マスターオブジェクトを選択可能に設定」と選択します。

iOS デバイスで写真を撮影またはスキャンして書類に追加する

近くに iOS デバイスがある場合は、デバイスを使用して写真を撮影またはスキャンして Mac 上の書類に直接挿入できます。

注記:Mac と iOS デバイスでこれができることを確認するには、Apple サポート記事「Mac、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch で連係機能を使用するためのシステム条件」を参照してください。

  1. 写真またはスキャンを追加したいページのツールバーで 「メディア」ボタン をクリックしてから、デバイス名の下にある「写真を撮る」または「書類をスキャン」を選択します。

  2. iOS デバイスで、以下のいずれかの操作を行います:

    • 写真を撮る:「シャッター」ボタン をタップしてから、「写真を使用」をタップします(写真を再撮影する場合は「再撮影」をタップします)。

    • 書類を自動的にスキャンする:書類を表示内に置くと、ページが自動的に取り込まれ、トリミングされ、遠近が補正されます。スキャンを書類に挿入するには、「保存」をタップします。

    • ページを手動でスキャンする:「シャッター」ボタン をタップしてから、フレームをドラッグしてスキャンしたい領域を調整します。「スキャンを保持」をタップしてから、「保存」をタップします。

  3. イメージをドラッグすると移動します。選択ハンドルをドラッグすると書類内でのサイズが変わります。

注記:複数の項目をスキャンした場合は、最初の項目のみが書類に表示されます。

写真をマスク(切り取り)する

イメージ自体を変更せずにイメージの不要な部分を隠すことができます。

  1. イメージをダブルクリックします。

    マスクコントロールが表示されます。デフォルトのマスクはイメージと同じサイズです。

    ヒント:感圧タッチトラックパッド付きの Mac でマスクコントロールを表示するには、イメージを強めにクリックします(深いクリックを感じるまでトラックパッドを強く押してください)。

  2. コントロールを使って、イメージの表示したい部分だけを囲みます。

    写真の上のマスクコントロール。
  3. 「完了」をクリックします。

イメージを図形でマスクするには、イメージを選択し、「フォーマット」>「イメージ」>「図形でマスク」と選択してから、図形を選択します。図形のハンドルをドラッグして、サイズを調整します。

写真から背景やその他の要素を削除する

「インスタントアルファ」ツールを使って、イメージの一部を透明にします。この機能は、イメージから不要な背景や色を削除する場合に便利です。

  1. イメージを選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「イメージ」タブをクリックします。

  3. 「インスタントアルファ」をクリックします。

  4. イメージ上の削除したい色をクリックして、その上をゆっくりとドラッグします。

    ドラッグを続けると、選択部分が、同様の色を使っている領域に広がっていきます。クリックしてドラッグを繰り返すと、複数の色を削除できます。

    • すべての色を削除する(イメージのほかの部分も含む):キーボードの Option キーを押したままドラッグします。

    • 色をイメージに戻す:キーボードの Shift キーを押したままドラッグします。

  5. 「終了」をクリックします。すべての変更内容を取り消してイメージをオリジナルの状態に戻す場合は、「リセット」をクリックします。

露出、彩度、その他のイメージ設定を調整する

  1. イメージを選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「イメージ」タブをクリックします。

  3. 調整を行うには、コントロールを使用します:

    • 露出:イメージの明るさまたは暗さを調整します。

    • 彩度:イメージの色の濃さを変更します。右にドラッグすると、色が濃くなり、より鮮やかになります。

    • 調整:ヒストグラム上で赤、緑、青の色調を均一に拡散して、イメージを自動的に調整します。

  4. イメージヒストグラムを表示し、コントラスト、ハイライト、シャドウ、シャープネス、ノイズ除去、色温度、色合いなどの高度な機能を調整するには、詳細イメージボタン をクリックします。

    「イメージ調整」ウインドウ。露出、コントラスト、彩度、ハイライト、シャドウ、シャープネス、ノイズ除去、色温度、および色合いを設定するためのスライダが表示された状態。

元の設定に戻すには、「リセット」をクリックするか、「イメージ調整」ウインドウで「イメージをリセット」をクリックします。

「イメージ調整」コントロールを別のウインドウに開いて、好きな場所に移動できるようにすることができます。画面上部の「表示」メニューで、「表示」>「イメージ調整を表示」と選択します。

イメージの説明を追加する

書類内のイメージに説明を追加できます。イメージの説明は、ほかのユーザが操作補助技術(VoiceOver など)を使用して書類にアクセスした際に、その操作補助技術が読み上げることができます。イメージの説明は、書類ではどこにも表示されません。

  1. イメージを選択してから、「フォーマット」  サイドバーの「イメージ」タブをクリックします。

  2. 「説明」テキストボックスをクリックして、テキストを入力します。

イメージギャラリーのイメージに説明を追加する場合は、上記の「イメージギャラリーを追加する」を参照してください。

イメージにキャプションを追加する方法については、キャプションを追加するを参照してください。

ヒント:「水平方向に反転」および「垂直方向に反転」のボタンをツールバーに追加できます。「イメージ調整」、「インスタントアルファ」、「マスク」。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?