MacのためのPages: Pages 書類内のページを追加したり、削除したり、並べ替えたりする

Pages 書類内のページを追加したり、削除したり、並べ替えたりする

進める前に、作業している書類がページレイアウト書類と文書作成書類のどちらなのかを確認してください。書類はこのどちらか一方であり、ページの追加および管理方法はそれぞれで異なります。

文書作成書類では、入力中にページの終わりに達すると、ページが自動的に追加されます。手動でページを追加することもできます。ページレイアウト書類では、ページは必要に応じて手動で追加します。

新しいページを追加する

  • 文書作成書類で:ページ内で新しいページを後ろに追加したい位置に挿入ポイントを置き、ツールバー「ページを追加」ボタン をクリックします。

  • ページレイアウト書類で:新しいページを後ろに追加したいページでクリックし、ツールバー「ページを追加」ボタン をクリックします。自動的に空白のページが追加されます。テンプレートにほかのマスターページがある場合は、追加したいものを選択します。

ページを複製する

ページレイアウト書類では、1 つのページを複製できます。文書作成書類では、セクションを複製してから、不要なページを削除します。

  1. ツールバー「表示」メニューボタン をクリックし、「ページのサムネールを表示」を選択します。

  2. ページのサムネールを選択して、画面上部の「編集」メニューで、「編集」>「選択部分を複製」と選択します。

    複製されたページまたはセクションが、元のページまたはセクションの下に追加されます。

  3. 必要に応じて以下の操作を実行します:

    • 新しいセクションで不要なページを削除する:文書作成書類で、ページ上のすべてのテキストとオブジェクトを選択してから、キーボードの Delete キーを押します。ページの内容が消去されると、ページも削除されます。

    • ページまたはセクションを移動する:サイドバーで、移動したいページまたはセクションを押して、書類内の目的の位置にドラッグします。

ページを削除する

  • ページレイアウト書類で:ツールバー「表示」メニューボタン をクリックし、「ページのサムネールを表示」を選択し、ページのサムネールを選択してから、キーボードの Delete キーを押します。

  • 文書作成書類で:ページ上のすべてのテキストおよびオブジェクトを選択し、ページが消去されるまでキーボードの Delete キーを押します。

    削除したいページが空白の場合は、次のページの先頭をクリックして(最初のテキストまたはグラフィックの前に挿入ポイントを置いて)から、キーボードの Delete キーを押してください。空白のページには、段落区切りなど、表示されないフォーマット要素が含まれている場合があります。これらの要素を削除すると、ページが削除されます。フォーマット記号を表示して、隠れている要素がないか確認することもできます。

誤ってページを削除してしまい、元に戻したい場合は、画面上部の「編集」メニューから「編集」>「取り消す」と選択するか、キーボードの Command + Z キーを押します。

ページレイアウト書類でページを並べ替える

  1. ツールバー「表示」メニューボタン をクリックしてから、「ページのサムネールを表示」を選択します。

  2. ページのサムネールを選択してから、目的の位置にドラッグします。

文書作成書類でページを並べ替える

文書作成書類ではテキストがページからページへとフローするため、セクション内のページを並べ替えることはできません。ただし、1 つのページから内容をカットして、別のページにペーストすることはできます。

以下は、テキストやオブジェクトをカットして、書類内の別の場所にペーストする操作の一例です。

  1. 内容を表示したい場所をクリックしてから、ツールバー「ページを追加」ボタン をクリックします。

    これにより 2 つのページ区切りが追加されて、移動する内容を配置できるようになります。

  2. 移動したいテキスト(テキストと一緒に移動するように設定されているオブジェクトも含まれます)を選択し、画面上部の「編集」メニューから「編集」>「カット」と選択します。

    内容が書類から削除され、そのコピーがコンピュータのクリップボードに保存されます。操作を誤った場合は、キーボードの Command + Z キーを押すと操作が取り消されます。

  3. 空白のページでクリックしてから、「編集」>「ペースト」と選択します。

    一度にすべてを移動しなかった場合は、カットとペーストの操作を繰り返して、すべての内容を目的の場所に移動させます。

  4. ページ区切りを削除する場合は、移動したテキストの前に挿入ポイントを置いてから、キーボードの Delete キーを押します。

    これにより移動したテキストが前のテキストとつながってしまう場合は、キーボードの Return キーを押して改行します。

  5. 2 つ目のページ区切りを削除する場合は、移動した内容に続くテキストの直前に挿入ポイントを置いてから、キーボードの Delete キーを押します。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?