MacのためのPages: 既存の Pages 書類を開く

既存の Pages 書類を開く

Mac、iCloud Drive、接続されているサーバ、および他社製ストレージプロバイダに保存された Pages 書類を開くことができます。Pages 書類を開けない場合は、Mac App Store から最新バージョンの「Pages」を取得していることを確認してください。書類が淡色表示になっていて選択できない場合、その書類は「Pages」では開けません。

「Pages」で Microsoft Word 書類(ファイル名の拡張子が .doc または .docx のファイル)を開いて編集してから、Pages 書類、Word 書類、または PDF として保存できます。

Pages で既存の書類を開く

必要に応じて以下の操作を実行します:

  • Mac で書類を開きます。Pages 書類の場合は、書類の名前またはサムネールをダブルクリックするか、「Dock」または「アプリケーション」フォルダの「Pages」アイコンにドラッグします。Word 書類の場合は、書類を「Pages」アイコンにドラッグします(Word がある場合はファイルをダブルクリックすると開きます)。PDF は「Pages」では開けません。

  • 最近作業した書類を開く:「Pages」で、画面上部の「ファイル」メニューから、「ファイル」>「最近使った項目を開く」と選択します。最近開いた書類が最大 10 件表示されます。

  • Mac 以外の場所(iCloud Drive など)に保存された書類を開く:「Pages」で、画面上部の「ファイル」メニューから、「ファイル」>「開く」と選択します。ダイアログで、左側のサイドバー内をクリックするか、ダイアログの上部にあるポップアップメニューをクリックして、書類が保存されている場所を選択します。書類をダブルクリックして開きます。

    「開く」ダイアログ。左側でサイドバーが開いていて、上部のポップアップメニューで「iCloud Drive」が選択されています。ダイアログには「Keynote」、「Numbers」、および「Pages」のフォルダと、「新規書類」ボタンが表示されています。

コンピュータにインストールされていないフォントを使用した書類を開くと、見つからないフォントに関する通知が書類の上部に一時的に表示されます。通知内で、「表示」をクリックして、代替フォントを選択します。

タブで書類を開く

一度に複数の Pages 書類を開いておくことができます。複数の書類を扱う場合、これらを別々のウインドウに開くよりも、タブに開いておいた方が便利です。タブバー内のタブをクリックすれば書類間を移動できます。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択してから、「Dock」をクリックします。

  2. 「書類を開くときはタブで開く」ポップアップメニューをクリックし、「常に」を選択します。

この設定は、「Pages」だけでなく、「テキストエディット」、「Numbers」、「Keynote」などのほかのアプリケーションの書類にも適用されます。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?