macOS High Sierra

「FaceTime」にサインインする/「FaceTime」からサインアウトする

Mac で FaceTime オーディオおよびビデオ通話または電話をかけたり受けたりするには、お使いの Apple ID を使って「FaceTime」にサインインして、「FaceTime」をオンにする必要があります。

「FaceTime」からサインアウトした場合は、再度サインインするまで FaceTime 通話や電話を受けることはできません。「FaceTime」にサインインしたままで通話の着信を停止したい場合は、「FaceTime」をオフにできます。

「FaceTime」を使用するためのシステム要件については、FaceTime の要件を参照してください。

「FaceTime」を開く

FaceTime にサインインする

「FaceTime」を使うには、FaceTime 通話または電話をかけたり受けたりするのに使いたいデバイスのそれぞれでサインインします。すべてのデバイスで必ず同じ Apple ID を使ってサインインしてください。詳しくは、Apple のサポート記事「連係機能を使って Mac、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch をつなぐ」を参照してください。

  • 「FaceTime」を開き、Apple ID とパスワードを入力してから、「サインイン」をクリックします。「FaceTime」が自動的にオンになります。

    Apple ID やパスワードを忘れた場合や、Apple ID を作成する必要がある場合は、Apple ID アカウントの Web サイトにアクセスしてください。

FaceTime からサインアウトする

FaceTime 通話や電話の着信を停止するには、「FaceTime」からサインアウトします。再び通話をかけたり受けたりできるようにするには、サインインし直す必要があります。

  • 「FaceTime」>「環境設定」と選択してから、「サインアウト」をクリックします。

FaceTime のオン/オフを切り替える

「FaceTime」にサインインしたままで FaceTime 通話と電話の着信を停止したい場合は、「FaceTime」をオフにできます。通話できる状態に戻ったときには、「FaceTime」をオンにします(再度サインインする必要はありません)。

  • 「FaceTime」をオフにする:「FaceTime」>「FaceTime をオフにする」と選択します。

    電話がかかってきても、その通話の通知は表示されません。発信者にとっては、応答がないのと同様に見えます。

    注記:「FaceTime」をオフにする代わりに、通知センターでおやすみモードをオンにして、通知によって気をそらされないようにできます。おやすみモードについて詳しくは、通知を受信する/停止するを参照してください。

  • 「FaceTime」をオンにする:「FaceTime」>「FaceTime をオンにする」と選択します。

注記:すべての FaceTime 通話や電話をブロックするには、各デバイス上で「FaceTime」をオフにするか、「FaceTime」からサインアウトします。(個々の発信者をブロックすることもできます。ブロックリストに登録されている人は、同じ Apple ID で「FaceTime」や iCloud にサインインしているすべてのデバイスでブロックされます。)