Apple Watch の VoiceOver 用の共通点字コマンド

Apple Watch の VoiceOver で点字ディスプレイを使う場合、以下のコマンドを使って画面を操作できます。

Apple Watch で点字ディスプレイを使うには、watchOS 7.2 以降が必要です。点字ディスプレイで正しい表が使われるように、必ず最新バージョンの watchOS をご利用ください。

Apple Watch で「設定」>「アクセシビリティ」>「VoiceOver」>「点字」の順に選択し、ディスプレイをペアリングします。点字ディスプレイを接続し、設定を調整する方法については、「Apple Watch ユーザガイド」を参照してください。

ナビゲーション

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
前の項目に移動する Dot 1 + スペースバー
次の項目に移動する Dot 4 + スペースバー
最初の項目に移動する Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + スペースバー
最後の項目に移動する Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー
通知センターに移動する Dot 4 + Dot 6 + スペースバー
コントロールセンターに移動する Dot 2 + Dot 5 + スペースバー
現在のコンテキストをエスケープする Dot 1 + Dot 2 + スペースバー

スクロール

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
上に 1 ページスクロールする Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー
下に 1 ページスクロールする Dot 1 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー
表示されているページ番号または行を読み上げる Dot 3 + Dot 4 + スペースバー

ローター

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
ローター設定を使って前の項目に移動する Dot 3 + スペースバー
ローター設定を使って次の項目に移動する Dot 6 + スペースバー
前のローター設定を選択する Dot 2 + Dot 3 + スペースバー
次のローター設定を選択する Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

操作

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
タップを実行する Dot 3 + Dot 6 + スペースバー
Digital Crown ボタンを作動させる Dot 1 + Dot 2 + Dot 5 + スペースバー

テキストの読み上げ

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
選択した項目からページを読み上げる Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + Dot 5 + スペースバー
ページを先頭から読み上げる Dot 2 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー

編集

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
すべて選択 2 + Dot 3 + Dot + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー
左を選択 Dot 2 + Dot 3 + Dot 5 + スペースバー
右を選択 Dot 2 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー
「delete」キーをアクティベートする スペースバーまたは Dot 1 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー
テキスト検索 Dot 1 + Dot 2 + Dot 4 + スペースバー

コントロールする

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
スクリーンカーテンのオン/オフを切り替える Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + スペースバー
読み上げを一時停止または再開する Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + スペースバー
読み上げのオン/オフを切り替える Dot 1 + Dot 3 + Dot 4 + スペースバー
Dock Dot 1 + Dot 2 + Dot 5 + スペースバー (2 回)
ヘルプ Dot 1 + Dot 3 + スペースバー
QuickNav のオン/オフを切り替える Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー

点字

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
点字ディスプレイを左へパンする Dot 2 + スペースバー
点字ディスプレイを右へパンする Dot 5 + スペースバー
通知の履歴のオン/オフを切り替える Dot 1 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー
翻訳 Dot 4 + Dot 5 + スペースバー
次の出力モード Dot 1 + Dot 2 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー
次の入力モード Dot 2 + Dot 3 + Dot 6 + スペースバー
2 級英語点字と 1 級英語点字を切り替える Dot 1 + Dot 2 + Dot 4 + Dot 5 + スペースバー

入力モードと出力モードは、6 点式点字、6 点式点字の略字略語、8 点式点字の Braille 式に対応しています。

8 点式

VoiceOver のアクション ディスプレイのキー
削除する Dot 7 + スペースバー
return Dot 8 + スペースバー
メニューを切り替える Dot 1 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 7 + スペースバー
ヘルプを開始する Dot 1 + Dot 3 + Dot 7 + スペースバー
上に 1 ページスクロールする Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + Dot 8 + スペースバー
下に 1 ページスクロールする Dot 1 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 6 + Dot 8 + スペースバー
長押しをシミュレーションする Dot 3 + Dot 6 + Dot 7 + Dot 8 + スペースバー
1 文字の QuickNav Dot 1 + Dot 2 + Dot 3 + Dot 4 + Dot 5 + Dot 7 + スペースバー

関連情報

Apple Watch が対応している点字ディスプレイについては、こちらの記事を参照してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: