Mac 用 Pages に iBooks Author ブックを読み込む

Mac の Pages でブックを開いて編集し、公開する方法をご案内します。

Pages で iBooks Author ファイルを開く

iBooks Author のファイルを開く方法は、いくつかあります。ファイルの拡張子は「.iba」です。

  • Pages で、「ファイル」>「開く」の順に選択し、iBooks Author ファイルを選択して「開く」をクリックします。
  • Finder で iBooks Author ファイルを選択し、「ファイル」>「このアプリケーションで開く」>「Pages」の順に選択します。
  • iBooks Author ファイルを Pages App のアイコンの上にドラッグします。

iBooks Author ファイルを Pages に読み込むと、一部のコンテンツを別フォルダに保存するように案内される場合があります。

  • ブックの表紙の向きがブックの本体部とは違う場合は、表紙を別ファイルとして保存するように案内されます。ブックを Pages から書き出すときに、表紙を元通りにブックに追加できます。
  • ブックに所定のウィジェットが含まれている場合は、ウィジェットコンテンツを別フォルダに保存するように案内されます。保存した後、そのコンテンツを Pages の書類で再利用できます。

表紙やウィジェットコンテンツの保存を促す画面で「キャンセル」をクリックした場合や、保存先のフォルダが見つからなくなってしまった場合も、いつでも同じ iBooks Author ファイルを読み込み直して、適切なコンテンツが入ったフォルダを作成できます。


Pages でブックを編集する

EPUB に書き出したり、Apple Books に公開したりする前に、Pages でブックを編集できます。Pages でブックを表示すると、見た目が一部変わる可能性があります。たとえば、以下のような違いが見られる場合があります。

  • 目次はテキストベースになり、サイドバーで表示および編集可能です。 
  • 用語集はブックの末尾に表示され、各用語から用語集にリンクしています。 
  • イメージ、ビデオ、オーディオファイルは読み込まれますが、「フルスクリーンで再生」「自動的に再生」などの iBooks Author の一部の設定は利用できません。


表紙を使う

表紙の向きがブックのほかの部分とは違う場合、Pages はその表紙を「表紙」という名前の別の Pages ファイル (.pages) として保存します。EPUB に書き出す際やブックを公開する際にこの表紙を使うには、PDF に変換してから、「イメージを選択」を選択して、表紙として追加できます。

Pages で表紙が書類の最初のページとして挿入されている場合は、EPUB に書き出すときに「最初のページを表紙イメージとして使用」を選択します。 


ウィジェットコンテンツを使う

イメージギャラリーやメディアウィジェットは、Pages でも iBooks Author に表示されていたときと同様にブックに表示されます。その他のウィジェットは同じようには表示されません。このセクションで説明します。

ポップオーバー、スクロールサイドバー、インタラクティブイメージ、練習問題のウィジェット

Pages では、ポップオーバー、スクロールサイドバー、インタラクティブイメージ、練習問題のウィジェットコンテンツは個別の Pages ファイルとして保存されます。このファイルには、探しやすい名前が付けられます。iBooks Author でブックに固定レイアウトを使っていた場合、ウィジェットが表示されているページの番号がファイル名に含まれます (「Page3_Popover」など)。EPUB テンプレートから作成したブックの場合、ファイルには番号が割り振られます (「ScrollingSidebar_5」など)。

各 Pages ファイルには、ウィジェットのオリジナルのコンテンツが全部入っています。一部の種類のコンテンツは、これらの参照用ファイルから Pages のブックにコピーアンドペーストできます。たとえば、スクロールサイドバーウィジェットのコンテンツをテキストボックスにコピーし、すべてのコンテンツが収まるように、そのテキストやテキストボックスのサイズを調整できます。

HTML ウィジェット

Pages では、HTML ウィジェットごとに、ウィジェットのコンテンツを含む各種のファイルが入ったフォルダが 1 つ作成されます。メディアファイルにアクセスしてブックにコピーするか、Web ブラウザで HTML ファイルを開いてスクリーンショットを撮ったりQuickTime を使ってムービーを作成したりできます。

3D ウィジェット

Pages では、ブックで使われているすべての 3D ウィジェットの Collada (.dae) ファイルと、テクスチャファイルが入ったフォルダが作成されます。これらのファイルを互換性のある 3D モデリングアプリケーションで開くか、プレビュー App でファイルを開いてスクリーンショットを撮ったりQuickTime を使ってムービーを作成したりできます。

Keynote ウィジェット

Pages のブックに Keynote プレゼンテーションを追加するには、Keynote でオリジナルのプレゼンテーションを開いて、ムービーとして書き出してから、そのムービーをブックに追加します。 

Keynote ファイルを簡単に探せるように、iBooks Author でオリジナルの Keynote ファイルの名前を確認しておけます。iBooks Author でブックを開いて、ブックで Keynote ウィジェットを選択し、「ウィジェット」インスペクタを開いてください。

公開日: