Mac Pro (2019) 上の Microsoft Windows で AMD グラフィックスカードを使う

Apple MPX モジュールが取り付けられ、そのドライバがインストールされている場合、AMD のグラフィックスカードが Microsoft Windows で機能しない可能性があります。

AMD の既製品のグラフィックスカードを Mac Pro (2019) に取り付けた場合、Boot Camp を使って Microsoft Windows を実行したときに以下の症状が現れることがあります。

  • 取り付けた AMD グラフィックスカードに接続したディスプレイに映像が映らない
  • Mac の Thunderbolt 3 (USB-C) ポートに接続したディスプレイに映像が映らない

他社性の AMD グラフィックスカードを Windows で使いたい場合は、以下の手順で Apple MPX モジュールとそのドライバを取り除き、AMD カードを取り付け、そのドライバをインストールしてください。

必要に応じて HDMI を使って映像を出力する

AMD グラフィックスカードをすでに取り付けていて、接続しているディスプレイに映像が映らない場合は、カードを取り外す代わりに、映像出力に HDMI を使う方法があります。

  1. Mac の電源ボタンを 10 秒以上、Mac の電源が切れるまで押し続けます。 
  2. すべてのディスプレイを Mac から取り外し、1 台のディスプレイを MPX モジュールの HDMI ポートにつなぎます。
  3. Mac を再び Windows で起動します。これで、ディスプレイに映像が映るはずです。
  4. 映像出力に AMD グラフィックスカードを使いたい場合は、Microsoft Windows で以下の手順を実行してください。

MPX モジュールとそのドライバを削除する

  1. コントロールパネルで「プログラム」をクリックし、「プログラムと機能」をクリックします。
  2. AMD Radeon Software という名前のプログラムを右クリックし、「変更」を選択します。
  3. 「アンインストール」をクリックし、画面の案内に従ってドライバを削除します。
  4. Mac をシステム終了し、MPX モジュールを取り外します。

MPX モジュールとそのドライバを削除すると、Mac の上部および背面にある Thunderbolt 3 (USB-C) ポートを映像出力に使えなくなります。

AMD グラフィックスカードを取り付けてドライバをインストールする

  1. AMD カードをまだ取り付けていない場合は、取り付けます。 
  2. ディスプレイを AMD カードにつなぎます。
  3. Mac を Windows で起動します。
  4. Windows で自動的に AMD カードのドライバをインストールするように案内されます。案内されない場合は、AMD の Web サイトの「ドライバーとサポート」ページから適切なドライバをダウンロードし、インストールしてください。
  5. Mac を Windows で再起動します。

 


関連情報

AMD カードではなく MPX モジュールを使う状態に戻したくなった場合、上記と同様の手順を Windows で実行しますが、順番を逆にします。

  1. AMD カードのドライバをアンインストールしてから Mac を再起動します。
  2. Mac をシステム終了し、MPX モジュールを取り付け、AMD カードを取り外します。
  3. ディスプレイを MPX モジュールの HDMI ポートに接続し、Mac を再起動します。
  4. Mac Pro 用の AMD グラフィックスドライバをダウンロードし、インストールします。
  5. Mac を再起動します。HDMI ポートを使いたくない場合も、別のビデオポートを使えるようになります。

Mac Pro で他社性の PCIe カードを使う方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: