iPhone、iPad、iPod touch の iOS のパフォーマンスについて

iOS デバイスの動作が遅くなったりフリーズしたりした場合は、以下のヒントをお試しください。

ネットワークの状況を調べる

デバイス上の多くの App は、コンテンツやその他の機能を使う上で、インターネット接続が必要になります。接続しているネットワークが混雑している場合、たとえば、同じネットワークを大勢で使っているような場合には、App を開いたり、そのコンテンツを表示したりするのに時間がかかることがあります。また、車で移動している場合は、次から次へと携帯電話の基地局を乗り継ぐので、動作が遅く感じられることもあります。

信号の強度が良好だとデバイスに表示されてはいても、しばらく待たされたり、別の場所でつなぎ直すか、Wi-Fi を使える場所なら Wi-Fi につなぐといった対策が必要になる場合があります。複数の地点でモバイルデータ通信の速度、通信範囲、パフォーマンスに問題がある場合は、通信事業者にお問い合わせください。

モバイルデータ通信について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

反応していない App を閉じる

App が反応しなくなった場合やフリーズした場合は、強制的に終了してから開き直せば、治る場合があります*。

  1. iOS 12 を搭載した iPhone X 以降または iPad では、ホーム画面の下部から上にスワイプし、画面の中ほどでそのまま指を止めます。iPhone 8 以前では、ホームボタンを 2 回押すと、最近使った App が表示されます。
  2. 左右にスワイプして、閉じる App を探します。 
  3. App のプレビューを上にスワイプし、その App を閉じます。 

* 通常は、App を強制終了する必要はなく、強制終了してもデバイスの動作が速くなるわけではありません。実際、App を強制的に終了した後は、データを全部読み込み直す必要があるため、開くのに時間がかかります。

App が反応しなくなる場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

ストレージに十分な空きを確保する

iOS では、デバイス本体の空き容量が少なくなってくると、App のインストール、iOS のアップデート、曲のダウンロード、ビデオの撮影などの際に自動的に空き容量を作ってくれます。iOS で削除されるのは、再びダウンロードできるアイテムか、必要でなくなったアイテムだけです。 

デバイスの容量は、「設定」>「一般」>「[デバイス] ストレージ」で確認できます。快適に使えるように、少なくとも 1 GB は空き容量を確保するように心がけてください。空き容量が 1 GB を下回る状況が続くと、コンテンツが増えるたびに iOS がそのつど空き容量を作るので、それに伴い、デバイスが低速化する場合があります。

容量を一部解放する必要ができた場合は、以下の手順にそって、iOS に組み込まれている容量節約の対策 (おすすめ) を有効にしてください。

  1. 「設定」>「一般」>「[デバイス] ストレージ」の順に選択し、iOS が「おすすめ」してくれる対策を確認します。
  2. 「使用」をタップして対策を有効にするか、対策案 (おすすめ) のタイトルをタップして、削除するコンテンツを検討します。

対策案 (おすすめ) が 1 つも表示されない場合や、さらに容量を解放する必要がある場合は、デバイス上の App を個別に検討できます。同じ「[デバイス] ストレージ」画面に App がリストアップされ、消費容量も併せて表示されます。

App をタップして、以下のオプションのいずれかを選択してください。

  • App を取り除く:App 本体が使っている分のストレージを解放しますが、その書類やデータはそのまま保管しておきます。
  • App を削除:App 本体とその関連データを削除します。
  • App によっては、その書類やデータを一部削除できる場合もあります。

ストレージを最適化するその他の方法については、こちらの記事を参照してください。

低電力モードは不要な場合はオフにしておく

低電力モードは、iPhone の消費電力を極力抑え、バッテリーを長持ちさせる機能です。低電力モードでは、一部の機能が無効になり、タスクによっては所要時間が長くなることがあります。バッテリーのアイコンが黄色く表示されている場合は、低電力モードになっています。 

電力の使用制限を課さずに iPhone を作動させる場合は、低電力モードはオフにしておきましょう。低電力モードは「設定」>「バッテリー」でオン/オフを切り替えることができます。

低電力モードについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。

デバイスが高温/低温になりすぎないようにする

外的条件が原因でデバイスの温度が上がりすぎた場合、たとえば、暑い車内に放置した、直射日光のあたる場所で長時間使ったなどの場合、iOS はデバイスのパフォーマンスを適宜調整します。デバイスを涼しい場所に移して、温度が落ち着くまで待ってください。 

凍るほどの低温でも、デバイスの動作が遅くなることがあります。デバイスを低温下に長時間置いた後で動作が遅くなった場合は、暖かい場所に移動してください。

動作可能温度について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

バッテリーの状態を調べる

充電式バッテリーはすべて消耗品で、化学的経年劣化が進むにつれて性能が低下します。しかし、どの iPhone モデルであっても、時間の経過とともに充電式バッテリーの容量やピークパフォーマンスは低下し、いずれは交換が必要になることに変わりはありません。iOS は、バッテリーの状態を表示し、iPhone のバッテリーの交換が必要な場合は交換を推奨してくれます。「設定」>「バッテリー」の順に選択し、「バッテリーの状態」をタップしてください。

iPhone のバッテリーを調べる方法については、こちらの記事を参照してください。

さらにヘルプが必要なときは

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: