iPhone や iPad のストレージを確認する方法

iOS や iPadOS は、デバイス上のストレージを監視し、各アプリが消費している容量を分析します。また、デバイスのストレージの使用状況は「設定」画面や、コンピュータの iTunes または Finder で確認することができます。

ストレージを最適化する iOS や iPadOS の仕組み

デバイス本体の空き容量が少なくなってくると、アプリのインストール、iOS や iPadOS のアップデート、曲のダウンロード、ビデオの撮影などの際に自動的に空き容量が確保されます。

空き容量を増やすため、再ダウンロードが可能なアイテムや、不要になったアイテムがデバイスから削除される場合もあります。その対象となるのは、使っていないアプリや、iCloud Drive にあるファイルのローカルキャッシュなどです。さらに、一時ファイルが削除され、デバイス上のキャッシュが消去されます。

デバイス本体でストレージ使用量を確認する

  1. 「設定」>「一般」>「[デバイス] ストレージ」の順にタップします。デバイスのストレージを最適に利用するためのおすすめのリストが表示される場合があります。その後に続いて、インストールされているアプリと、各アプリが消費しているストレージの容量をまとめたリストが表示されます。

    iPhone の画面に本体の容量を節約するおすすめの方法が表示されているところ
  2. アプリの名前をタップすると、その使用状況の内訳を確認できます。キャッシュに保存されたデータや一時データは、消費量として算入されない場合があります。

この詳細画面では、以下の操作ができます。

  • アプリを取り除く:アプリ本体が使っている分のストレージを解放しますが、その書類やデータはそのまま保管しておきます。

  • アプリを削除:アプリ本体とその関連データを削除します。

  • アプリによっては、その書類やデータを一部削除できる場合もあります。

デバイスの空き容量がほとんどなくなり、容量を解放して空きを増やすこともできない場合、「ストレージの空き領域がありません」というメッセージが表示されることがあります。この警告メッセージが表示された場合は、おすすめのストレージ節約法を確認するか、あまり使っていないビデオやアプリなどのコンテンツを削除してください。

コンテンツのカテゴリ

デバイスで使われているコンテンツは、以下のカテゴリに分類されます。

  • アプリ:インストールされているアプリとそのコンテンツ、ファイルアプリの「この iPhone/iPad/iPod touch 内」ディレクトリに保存されているコンテンツ、Safari でダウンロードしたコンテンツ。

  • 写真:写真アプリに保存されている写真やビデオ。

  • メディア:音楽、ビデオ、ポッドキャスト、着信音、アートワーク、ボイスメモ。

  • メール:メールとその添付ファイル。

  • Apple Books:ブックアプリに入っているブックや PDF。

  • メッセージ:メッセージとその添付ファイル。

  • iCloud Drive:デバイスにローカルにダウンロードされた iCloud Drive のコンテンツ。1

  • その他:Siri の音声、フォント、辞書などの削除できないモバイルアセット、削除できないログやキャッシュ、Spotlight のインデックス、キーチェーンや CloudKit データベースなどのシステムデータ。2

  • システム:オペレーティングシステムが消費している容量。お使いのデバイスやモデルによって異なります。

「おすすめ」を使ってストレージを最適化する

「設定」の「ストレージ」セクションで、ストレージを最大限に有効活用するための「おすすめ」が提示されることがあります。ストレージを最適化するには、以下の要領で行ってください。

  1. 「すべてを表示」をタップすると、お使いのデバイスに「おすすめ」の節約法がすべて表示されます。

  2. おすすめの節約法それぞれについて説明を読み、「使用」をタップしてその節約法を活用するか、おすすめの節約法をタップして、削除できるコンテンツを確認してください。

Finder または iTunes を使って iOS デバイス上のストレージ使用量を確認する

  1. macOS Catalina 10.15 以降を搭載した Mac では、Finder を開きます。macOS Mojave 10.14 以前を搭載した Mac や Windows パソコンでは、iTunes を開きます。

  2. デバイスをコンピュータに接続します。

  3. Finder または iTunes でデバイスを選択します。コンテンツのストレージ使用量がコンテンツタイプ別に積み上げ横棒グラフ状に表示されます。

  4. 横棒グラフの上にマウスを移動して、各コンテンツタイプが消費しているストレージ容量を確認します。

    Mac の画面。Finder を使って iOS デバイスのストレージを確認する様子が示されています。

コンテンツのカテゴリ

デバイス上のコンテンツのタイプと、各タイプに該当するデータについて、以下にまとめています。

  • オーディオ:曲、オーディオポッドキャスト、オーディオブック、ボイスメモ、着信音。

  • ビデオ:映画、ミュージックビデオ、テレビ番組。

  • 写真:写真ライブラリ、カメラロール、フォトストリームのコンテンツ。

  • アプリ:インストールされたアプリ。アプリのコンテンツは、「書類とデータ」に分類されます。

  • ブック:iBooks のブック、オーディオブック、PDF ファイル。

  • 書類とデータ:Safari のオフラインリーディングリスト、インストール済みのアプリ内に保管されているファイル、アプリのコンテンツ (連絡先、カレンダー、メッセージ、メールと添付ファイルなど)。

  • その他:Siri の音声、システムデータ、キャッシュファイル。

  • 同期されたコンテンツ:Finder ウインドウで「同期」をクリックしたときにコンピュータから同期されるメディアコンテンツ。3

「その他」に分類されるキャッシュファイルについて

Finder や iTunes では、キャッシュされた曲、ビデオ、写真は、実際の曲、ビデオ、または写真ではなく「その他」として分類されます。キャッシュファイルは、音楽、ビデオ、写真などのコンテンツをストリーミングまたは表示する際に作成されます。曲やビデオをストリーミングする際、そのコンテンツは再びアクセスするときに時間がかからないように、デバイスにキャッシュファイルとして保存されます。

デバイスの容量が不足してくると、キャッシュファイルと一時ファイルが自動的に削除されます。

デバイスに表示される使用量と Finder や iTunes に表示される数値が異なる場合

Finder や iTunes ではキャッシュファイルが「その他」として分類されるため、「ミュージック」または「ビデオ」として報告される使用量が違ってくる場合があります。デバイスで使用量を確認するには、「設定」>「一般」>「[デバイス] ストレージ」の順にタップしてください。

デバイスからキャッシュファイルを削除する必要がある場合

デバイスの容量が不足してくると、キャッシュファイルと一時ファイルが自動的に削除されます。自分で削除する必要はありません。

1. iCloud のコンテンツは自動的に削除できません。

2. キャッシュ済みのファイルがシステムによって削除されることはありません。

3. 同期されたコンテンツのデータは、iPhone では削除できません。このデータを削除するには、コンピュータで Finder を開いて、データの選択を解除し、「同期」をクリックしてください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: