Apple Watch で RTT 通話をかける/受ける

Apple Watch で RTT (リアルタイムテキスト) プロトコルを使って通話中にテキストで会話する方法をご案内します。

必要な環境

* RTT および TTY は、通信事業者や地域によってはサポートされない場合があります。RTT および TTY の機能は、通信事業者やネットワーク環境によって異なります。米国で緊急通話をかける場合、iPhone は特殊な文字や通知音を送り、オペレーターに知らせます。オペレーターがこうした通知音を受信したり応答したりできるかどうかは、地域によって異なります。オペレーターが RTT 通話や TTY 通話を受信/応答できるかどうかは、Apple では保証いたしかねます。

 

Apple Watch で RTT を設定する

iPhone が近くになくても、Apple Watch で RTT を使って通話中にテキストで会話できます。

RTT を以下の通りに設定しておいてください。

  1. iPhone で、Apple Watch App を開きます。
  2. 「アクセシビリティ」>「RTT」の順に選択します。
  3. 「RTT」をオンにします。

RTT 通話をかける

RTT 通話をかけるには、Apple Watch がモバイルデータ通信のネットワークに接続されている必要があります。モバイルデータ通信の設定方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple Watch で以下の手順を実行してください。

  1. 電話 App をタップします。
  2. 連絡先を選択し、電話をかけたい番号をタップします。
  3. 「RTT 通話」をタップします。
  4. 電話がつながったら、上にスワイプして「 RTT」をタップします。
  5. 定型の返信文から選ぶか、絵文字を送信するか、または「指書き入力」ボタン をタップしてテキストを入力します。「設定」で「すぐに送信」をオンにしている場合は、入力したそばから相手にメッセージが表示されます。オンにしていない場合は、メッセージを入力してから送信ボタンをタップします。

 

RTT 通話に出る

RTT を設定してある場合は、以下の方法で電話に出て、テキスト会話に切り替えることができます。

  1. 「応答」をタップして電話に出ます。
  2. 上にスワイプして「 RTT」をタップします。

RTT を設定していない場合も、RTT 通話に出ることはできます。以下の要領で行ってください。

  1. Apple Watch に RTT 通話がかかってきたら、「RTT とは、受信者同士で音声通話中にテキストメッセージが送信できるサービスです。このサービスは通常は耳の不自由な方に使用されています。発信者とテキスト通信するには、RTT ボタンを押してください」というメッセージが表示されます。
  2. 「了解」をタップして、RTT 通話に出ます。
公開日: