macOS Mojave 10.14.2、セキュリティアップデート 2018-003 High Sierra、セキュリティアップデート 2018-006 Sierra のセキュリティコンテンツについて

macOS Mojave 10.14.2、セキュリティアップデート 2018-003 High Sierra、セキュリティアップデート 2018-006 Sierra のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。Apple との通信は、Apple Product Security PGP キーで暗号化できます。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

macOS Mojave 10.14.2、セキュリティアップデート 2018-003 High Sierra、セキュリティアップデート 2018-006 Sierra

2018 年 12 月 5 日リリース

AirMac

対象 OS:macOS Mojave 10.14.1

影響:悪意のあるアプリケーションに権限を昇格される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、型の取り違え (type confusion) の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4303:Mohamed Ghannam 氏 (@_simo36)

2018 年 12 月 21 日に更新

AMD

対象 OS:macOS Sierra 10.12.6、macOS Mojave 10.14.1、macOS High Sierra 10.13.6

影響:アプリケーションが、制限されたメモリを読み取れる可能性がある。

説明:入力のサニタイズ処理を強化し、検証の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4462:cocoahuke 氏、Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する TrendMicro Mobile Security Research Team の Lilang Wu 氏および Moony Li 氏

2018 年 12 月 21 日に更新

カーボンコア

対象 OS:macOS Mojave 10.14.1

影響:アプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4463:Maksymilian Arciemowicz 氏 (cxsecurity.com)

ディスクイメージ

対象 OS:macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13.6、macOS Mojave 10.14.1

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4465:Pangu Team

ハイパーバイザ

対象 OS:macOS Mojave 10.14.1

影響:悪意のあるアプリケーションに権限を昇格される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4467:VMware, Inc. の Virtual Machine Monitor Group の Martim Carbone 氏、David Vernet 氏、Sam Scalise 氏、および Fred Jacobs 氏

2019 年 1 月 22 日に追加

Intel Graphics Driver

対象 OS:macOS Mojave 10.14.1

影響:悪意のあるアプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ消費の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4452:Qihoo 360 Vulcan Team の Liu Long 氏

2019 年 1 月 22 日に追加

Intel Graphics Driver

対象 OS:macOS Mojave 10.14.1

影響:ローカルユーザにシステムを突然終了されたり、カーネルメモリを読み取られる可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2018-4434:Qihoo 360 Nirvan Team の Zhuo Liang 氏

Intel Graphics Driver

対象 OS:macOS Sierra 10.12.6

影響:アプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4456:Cisco Talos の Tyler Bohan 氏

2018 年 12 月 21 日に追加、2019 年 1 月 22 日に更新

Intel Graphics Driver

対象 OS:macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13.6

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ初期化の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4421:Cisco Talos の Tyler Bohan 氏

2018 年 12 月 21 日に追加

IOHIDFamily

対象 OS:macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13.6

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4427:Pangu Team

カーネル

対象 OS:macOS Mojave 10.14.1

影響:ネットワーク上で特権的な地位を悪用した攻撃者から、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:脆弱なコードを削除することで、サービス運用妨害の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4460:Semmle Security Research Team の Kevin Backhouse 氏

カーネル

対象 OS:macOS High Sierra 10.13.6、macOS Mojave 10.14.1

影響:ローカルユーザがカーネルメモリを読み取れる場合がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ初期化の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4431:Beyond Security の SecuriTeam Secure Disclosure プログラムにこの脆弱性について報告した、独立したセキュリティ研究者

カーネル

対象 OS:macOS Sierra 10.12.6、macOS Mojave 10.14.1、macOS High Sierra 10.13.6

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4447:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する TrendMicro Mobile Security Team の Juwei Lin 氏 (@panicaII) および Zhengyu Dong 氏

2018 年 12 月 18 日に更新

カーネル

対象 OS:macOS Sierra 10.12.6、macOS Mojave 10.14.1、macOS High Sierra 10.13.6

影響:悪意のあるアプリケーションに権限を昇格される可能性がある。

説明:制限を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4435:Google Project Zero の Jann Horn 氏、Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する TrendMicro Mobile Security Team の Juwei Lin 氏 (@panicaII) および Junzhi Lu 氏

2018 年 12 月 18 日に更新

カーネル

対象 OS:macOS Mojave 10.14.1

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4461:Google Project Zero の Ian Beer 氏

WindowServer

対象 OS:macOS Sierra 10.12.6、macOS High Sierra 10.13.6、macOS Mojave 10.14.1

影響:アプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4449:Chaitin Security Research Lab の Hanqing Zhao 氏、Yufeng Ruan 氏、Kun Yang 氏

CVE-2018-4450:Chaitin Security Research Lab の Hanqing Zhao 氏、Yufeng Ruan 氏、Kun Yang 氏

ご協力いただいたその他の方々

LibreSSL

NCC Group の Keegan Ryan 氏のご協力に感謝いたします。

NetAuth

Digital Security の Vladimir Ivanov 氏のご協力に感謝いたします。

Simple certificate enrollment protocol (SCEP)

Aruba、Hewlett Packard Enterprise 子会社の Tim Cappalli 氏のご協力に感謝いたします。

Time Machine

Verisign の Matthew Thomas 氏のご協力に感謝いたします。

2019 年 1 月 22 日に追加

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: