Apple Business Manager リリースノート

Apple Business Manager の新機能や変更点について説明します。累積方式でアップデートしているため、Apple Business Manager を開いたときには最新の機能をすべてご利用いただける状態になっています。以下では、各リリースの新機能や改善点をまとめて紹介します。

2020 年 8 月

  • SCIM (System for Cross-domain Identity Management:クロスドメイン ID 管理システム) に対応しました。詳しくはこちら
  • デバイスの管理用のユーザインターフェイスが更新されました。たとえば、フィルタリングや一括デバイス管理などが改善されています。

2020 年 6 月

AppleSeed for IT のベータ版テストポータルへのアクセスを提供する 2 つの新しい権限に対応しました。

2020 年 5 月

管理者が、同じ組織内のユーザ間で共有を自動的に受け入れるように共同作業を設定できます。

2020 年 4 月

連携済みのドメインを Apple Business Manager から削除できるようになりました。

2020 年 3 月

  • Apple Business Manager に追加した新しいドメインは確認作業を済ませてからでないと、そのドメインを使って管理対象 Apple ID を作成できません。詳しくはこちら
  • Apple Business Manager で iPad に共有 iPad を設定できるようになりました。

2019 年 10 月

Microsoft Azure Active Directory とのフェデレーション認証に対応しました。詳しくはこちら

2019 年 9 月

  • ユーザアカウントの検索機能を使って、ユーザが Apple Business Manager の組織内のほかのユーザやグループの連絡先情報を検索できるようになりました。iOS 13iPad OS 13、または macOS 10.15 が必要です。詳しくはこちら
  • Pages、Numbers、Keynote の書類、メモ、リマインダー、iCloud Drive のその他のファイルをユーザが共有可能な相手を選択できます。詳しくはこちら

2019 年 6 月

Apple Business Manager が iPad で利用できるようになりました。

2019 年 2 月

  • 「MDM サーバ」セクションが「設定」タブに配置されるようになりました。
  • 「設定」>「デバイス管理設定」と「設定」>「MDM サーバ」で、デフォルトのデバイスの割り当てを設定できるようになりました。

2018 年 9 月

tvOS App を「App とブック」で利用できるようになりました。

2018 年 5 月

Apple Business Manager は、IT 管理者にとって、人材、Apple 製デバイス、コンテンツを管理できる拠点となります。デバイスや役割の管理が改善されているだけでなく、位置ベースの新しいライセンス転送システムとして、「App とブック」も導入されています。

関連情報

Apple Business Manager へのアップグレード方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: