macOS High Sierra 10.13 追加アップデートのセキュリティコンテンツについて

macOS High Sierra 10.13 追加アップデートのセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。Apple との通信は、Apple Product Security PGP キーで暗号化できます。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

macOS High Sierra 10.13 追加アップデート

2017 年 10 月 5 日リリース

StorageKit

対象 OS:macOS High Sierra 10.13

影響:ローカルの攻撃者が、暗号化された APFS ボリュームにアクセスできる可能性がある。

説明:ディスクユーティリティで暗号化した APFS ボリュームを作成する際にヒントを設定すると、パスワードがヒントとして保存されていました。この問題は、ヒントがパスワードそのものだった場合にヒントの記録を消去し、ヒント保存時のロジックを改善することで解決されました。

CVE-2017-7149:Leet Tech の Matheus Mariano 氏

セキュリティ

対象 OS:macOS High Sierra 10.13

影響:悪意のあるアプリケーションがキーチェーンのパスワードを抽出できる。

説明:アプリケーションでクリック操作を偽造して、キーチェーンアクセスのプロンプトを回避する手段が存在していました。この問題は、キーチェーンアクセスのプロンプトでユーザパスワードの入力を必須にすることで解決されました。

CVE-2017-7150:Synack の Patrick Wardle 氏

macOS High Sierra 10.13 を新たにダウンロードした場合は、macOS High Sierra 10.13 追加アップデートのセキュリティコンテンツが適用されています。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: