先進の Face ID テクノロジーについて

Face ID で iPhone X 上の情報を守る仕組みについてご案内します。

iPhone には私たちのデジタルライフのほとんどが詰まっており、その情報を保護することは重要な課題です。Touch ID の指紋認証が画期的だったように、Face ID も顔認証という革新をもたらします。Face ID は、最先端の TrueDepth カメラシステムと、顔の形状を正確に読み取る先進の技術があってこそ成り立つ直観的で安全な認証方式です。

ただ一目見るだけで、Face ID が iPhone X のロックを安全に解除してくれます。iTunes Store、App Store、iBooks Store で買い物するときも、Apple Pay で支払うときも、顔認証を使えます。他社製の App でも、Face ID でサインインできるようになっているものがあります。Touch ID に対応している App は自動的に Face ID にも対応するようになります。

先進テクノロジー

Face ID を実現したテクノロジーは、Apple がこれまでに開発した中でも一二を争う最先端のハードウェア/ソフトウェアと言えるでしょう。TrueDepth カメラは、3 万以上の目に見えないドットを顔の上に投射して解析し、顔の深度マップを作成して、顔の正確なデータを読み取ります。また、顔の赤外線イメージも取り込みます。A11 Bionic チップのニューラルエンジンの一部 (Secure Enclave の中で保護されています) が、深度マップと赤外線イメージを数学的モデルに変換し、そのモデルを登録済みの顔のデータと照合します。

メークを変えた、髭を生やした、といった外見の変化も Face ID は自動的に認識します。顔いっぱいに生えていた髭を剃ったなど、外見が大幅に変わった場合は、パスコードで本人確認をしてから顔のデータを更新します。帽子をかぶったり、スカーフを巻いたり、メガネをかけたり、コンタクトレンズをしたり、サングラスをかけたりしても、Face ID は機能するようになっています。さらに、屋内でも屋外でも、たとえ真っ暗な中でも使えます。

Face ID を使うには、まず、自分の顔を登録する必要があります。この登録作業は、初期設定の段階で行うか、後から「設定」>「Face ID とパスコード」で行えます。Face ID で iPhone X のロックを解除するには、iPhone をちらっと覘くだけ。TrueDepth カメラに顔が映りさえすれば、iPhone X を平面に置いていても、普段通りに支えていても、Face ID が機能します。TrueDepth カメラの画角は、フロントカメラで写真を撮ったり FaceTime 通話をしたりするときとほぼ同じです。Face ID がいちばん機能しやすいのは、デバイス本体を顔から腕の長さほど (顔から 25 〜 50 cm) 離した位置です。

TrueDepth カメラは賢く作動します。たとえば、iPhone X を持ち上げてスリープを解除するとき、画面をタップしてスリープを解除するとき、通知が届いて画面のスリープが解除されたときに働きます。iPhone X のロックを解除するたびに、TrueDepth カメラが正確な深度データと赤外線イメージを読み取り、あなたを認識してくれます。読み取った情報が、保存されている数学的モデルと照合され、認証されます。

セキュリティ対策

デバイスに入っている情報を守る上で、セキュリティはだれにとっても重要な課題です。Apple では、お客様の情報を守るため、Touch ID でも努めたように、重要な対策をいくつか施しました。Face ID は、TrueDepth カメラと機械学習の機能を用いて、安全な認証ソリューションを確立しています。Face ID のデータは、顔の数学的モデルも含め、暗号化され、Secure Enclave でしか利用できないキーを使って保護されます。

無作為に選ばれた他人が iPhone X を見て、Face ID で本体のロックを解除できてしまう確率は、およそ 100 万分の 1 にすぎません (一方の Touch ID は 5 万分の 1)。さらなる安全強化策として、Face ID を試せるのは 5 回までになっています。認証に 5 回失敗したらパスコードの入力が必要です。双子や似ている兄弟姉妹、または 13 歳未満の子供については顔の特徴も成長途上にあるため、統計的な確率が違ってきます。この点について懸念される場合は、パスコード認証をご利用になることをおすすめします。

Face ID は、出力紙や 2D のデジタル写真には映らない深度の情報に照らして認証します。なりすまし防止の先進のニューラルネットワークを使っているので、マスクやその他の技巧を使ったなりすましにも騙されません。さらに、Face ID には画面注視認識機能もあります。目が開いていて、意識してデバイスを見ているかを認識します。つまり、あなたの知らないうちに (寝ている間などに)、だれかが iPhone のロックを無断で解除することは困難です。

Face ID を使うには、iPhone にパスコードを設定しておく必要があります。以下の状況下では、セキュリティ強化のため、パスコード入力による本人確認が必要になります。

  • デバイスの電源を入れた直後や再起動したとき。
  • デバイスが 48 時間以上ロック解除されていないとき。
  • デバイスのロック解除に過去 6 日半パスコードが使われておらず、過去 4 時間に Face ID でデバイスのロックを解除していないとき。
  • デバイスでリモートのロックコマンドを受信したとき。
  • 顔認証に 5 回失敗した後。
  • 音量ボタンのどちらかとサイドボタンを同時に 2 秒間長押しして電源オフ/緊急 SOS を作動させた後。

デバイスを紛失したり盗まれたりした場合は、「iPhone を探す」の紛失モードを使って、Face ID がデバイスのロック解除に使われないように阻止してください。

プライバシー

プライバシーは Apple にとって最重要課題です。Face ID のデータは、顔の数学的モデルも含めて暗号化され、Secure Enclave で保護されます。このデータは、認証に成功した場合など、Face ID を使って物事がうまく運んだときに、そのつど洗練され、更新されていきます。また、照合率がきわめて高く、その後に入力したパスコードでデバイスのロックが解除された場合も、データが更新されます。

Face ID のデータがデバイスを離れることはなく、iCloud やその他の場所にも決してバックアップされません。お客様ご本人がサポートを受けるために AppleCare への Face ID 診断データの提出に同意した場合に限り、デバイスから該当データが転送されます。その場合でも、データが自動的に Apple に送信されることはありません。診断データを送信する前に、まずその内容に目を通し、承認していただきます。

Face ID に登録することにした場合、どのように使うかは自分で決めることができ、また、いつでも無効に切り替えることができます。たとえば、Face ID を iPhone のロック解除には使いたくない場合、「設定」>「Face ID とパスコード」>「Face ID を使用」の順に選択し、「iPhone のロックを解除」を無効にしておきます。Face ID そのものを無効にする場合は、「設定」>「Face ID とパスコード」の順に選択し、「Face ID をリセット」をタップします。これで、顔の数学的モデルも含む Face ID のデータがデバイスから削除されます。「iPhone を探す」を使うか、「すべてのコンテンツと設定を消去」を使って、デバイスを消去またはリセットする場合、Face ID のデータもすべて削除されます。

Face ID に登録していなくても、TrueDepth カメラは知的に作用し、画面注視認識機能を発揮して、たとえば、iPhone を見ていないときはディスプレイを暗くしたり、デバイスを見ているときは通知音を小さくしたりしてくれます。ほかにも、Safari を使っている場合は、デバイスを見ているかどうかが検知され、見ていなければ画面がオフになります。これらの機能を使いたくなければ、「設定」>「Face ID とパスコード」の順に選択し、「画面注視認識機能」を無効にしておきます。

Face ID に対応した App 内では Face ID 認証を有効にすることができます。App には認証が成功したかどうかしか通知されません。App は、登録されている顔に紐付けられている Face ID データにはアクセスできません。

安全

iPhone や TrueDepth カメラシステムは徹底的にテストされ、国際的な安全基準に合格しています。TrueDepth カメラシステムは、通常の使用条件下で使う限り、安全です。システムの出力は低いので、目や肌を痛めたりすることはありません。赤外線エミッタは修理や解体の際に破損する場合があります。そのため、iPhone の修理は必ず Apple または正規サービスプロバイダにご依頼ください。TrueDepth カメラシステムには、不正改造を検知する機能が組み込まれています。不正改造が検知されると、安全上の理由からシステムが無効になる場合があります。

特定の種類のカメラを通じて見ると、TrueDepth カメラから照射されている光が見える場合があります。一部のカメラは赤外線を検知するため、見えても正常です。非常に暗い室内で TrueDepth カメラから微かに光が照射されている様子が見えることもあります。きわめて暗い環境下では、これも正常です。

アクセシビリティ

アクセシビリティは Apple 製品の要を握る部分です。体の動きに制約がある場合は、登録中に「アクセシビリティオプション」を選択できます。頭を左右いっぱいに動かさなくてもさまざまな角度から読み取れるようになり、なおかつ利用しても安全面に変わりはありません。ただし、通常よりは、iPhone X を見るときの動作に一貫性が求められます。

Face ID には、視覚に障がいがある場合に役立つアクセシビリティ機能もあります。iPhone X を見るときに目を開いていなくても Face ID を使えるようにしたい場合は、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」の順に選択し、「Face ID を使用するには注視が必要」を無効にしておきます。この設定は、初期設定の際に VoiceOver を有効にすると、自動的に無効に切り替わります。

関連情報

  • iPhone で Face ID を設定し、使う方法については、こちらの記事を参照してください。
  • iPhone X の Face ID に問題がある場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: