iPhone で音声コントロールを無効にする

iPhone、iPad、iPod touch で、音声コントロールや Siri について、サイドボタンやホームボタンの設定を調整する方法について説明します。

iPhone X 以降では、デバイスのサイドボタンを長押ししたときに音声コントロールや Siri が反応しないようにすることができます。iPhone 8 以前では、デバイスのホームボタンを長押ししたときに音声コントロールや Siri が反応しないようにすることができます。 

以下の手順で設定してください。

  1. iPhone X 以降では、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「サイドボタン」の順に選択します。iPhone 8 以前では、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ホームボタン」の順に選択します。
  2. 「押したままにして話す」の下で、以下のいずれかのオプションを選択します。
    • Siri:ホームボタンを長押ししたときに Siri が応答します。
    • 音声コントロール:ホームボタンを長押ししたときに、従来の音声コントロールが応答します。また、Siri が無効になります。
    • オフ:ホームボタンを長押ししても、何も起こりません。

「押したままにして話す」の設定は、サイドボタンまたはホームボタンにのみ適用されます。ヘッドセットを使っていて、Siri や音声コントロールが誤作動する場合は、ヘッドセットがデバイスにしっかりと差し込まれているか確認してください。

ヘッドセットとの接続が緩すぎたり、ケーブルが断線していたり、コネクタやリモコンに湿気が入ったりしていると、Siri や音声コントロールが誤って作動してしまうことがあります。問題が解決しない場合は、別のヘッドセットを使ってみてください。

iPhone、iPad、iPod touch の Siri について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

公開日: