iPhone、iPad、iPod touch で音声コントロールを使う

音声コントロールを使えば、タップ、スワイプ、入力などを声で指示してデバイスを操作できます。

音声コントロールを使うには、iOS 13 以降または iPadOS が必要です。音声コントロールを使う前に、ファイルのダウンロードが必要です。ダウンロードが終わったら、Wi-Fi に接続していなくても音声コントロールを使えるようになります。音声コントロールをはじめて有効にする前に、Wi-Fi に接続しておくようにお勧めします。

国または地域によっては、音声コントロールを利用できない場合があります。音声コントロールは、米国英語に限り、Siri 音声認識エンジンを使います。

音声コントロールを有効にする方法

  1. 「設定」を開いて「アクセシビリティ」を選択します。
  2. 「音声コントロール」を選択し、「音声コントロールを設定」を選択します。バックグラウンドでダウンロードが始まります。 

ダウンロードが終わると、デバイスのステータスバーにマイク  が表示され、音声コントロールが音声を認識中かどうかを示してくれます。

音声コントロールの使い方

「音声コントロール」をオンにすると、タッチ操作でアクションを実行する場合と同様に、コマンドを読み上げて操作できます。たとえば、ホーム画面で Spotlight 検索を使う場合は、「Swipe down」と伝えます。または、特定の App の長押しメニューを表示するには、「Long press [App 名]」と話しかけてください。音声コントロールを有効にしても、デバイスをタッチしたときの反応は変わりません。

それぞれの状況下で利用できるコマンドのリストを表示するには、「Show me what to say」と聞いてみましょう。

利用できるコマンドをすべてまとめてリストで表示するには、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」を開いて「アクセシビリティ」を選択します。 
  2. 「音声コントロール」を選択し、「コマンドをカスタマイズ」を選択します。 

音声コントロールのコマンドをカスタマイズする方法については、こちらの記事を参照してください。

音声コントロールでできる操作の例

  • 初期設定の後で音声コントロールのオン/オフを切り替えるには、「Hey Siri」やアクセシビリティのショートカットを使うか、「設定」を開いて「アクセシビリティ」を選択し、「音声コントロール」を選択します。
  • デバイスをロックするには、「Lock screen」と言います。
  • デバイスのロックを解除するには、「Hey Siri、音声コントロールをオンにして」と話しかけます。
  • 音声認識を作動させるには、「Go to sleep」または「Wake up」と伝えます。音声認識の機能そのものが無効になるわけではなく、コマンドでデバイスのスリープを解除するまで、マイクがスリープ状態になります。

画面を操作する方法

画面上の項目を操作するには、「Tap」などのアクションを言ってから、項目の名前を言い添えます。たとえば、「Tap Accessibility」と伝えます。

名前を表示する

項目の名前がわからない場合は、「Show names」と言えば、オーバーレイに項目名が表示されます。 

番号を表示する

項目に名前が付いていない場合や、名前の代わりに番号を使いたい場合は、「Show Numbers」と言えば、画面上の各項目の数値タグが表示されます。 

グリッドを表示する

操作に精度が求められる場合や、空間的な参照が必要になる場合は、「Show grid」と言えば、番号付きのグリッドオーバーレイが表示されます。グリッド上の番号を伝えれば、グリッドのその部分が拡大表示され、さらに細かく分けて番号が表示されるので、項目を選択しやすくなります。グリッドは、画面上の項目をドラッグする際に、ドロップ先を指定するために役立ち、ジェスチャやフリーハンドアクションを実行する際にも使えます。 

次のコマンドを話すと、グリッドは消えます。複数のコマンドを使う間ずっとグリッドを画面に表示しておくには、「Show grid continuously」と伝えてください。 

その他の画面の操作例

  • オーバーレイを非表示にするには、「Hide [名前、番号、グリッド]」と伝えます。
  • タップやスワイプなどのアクションを繰り返すには、「Repeat that」と伝えます。アクションを何回繰り返すかも指定できます。たとえば、「Swipe right. Repeat that three times.」と言ってください。
  • 1 つ前の画面やメニューに戻るには、「Go back」と伝えます。

音声コントロールの設定をカスタマイズする方法

「音声コントロール」で、いくつかの設定をカスタマイズできます。調整できる設定内容を以下に一部紹介します。

  • 言語:音声コントロールは、iPhone や iPod touch に設定されている主要言語を使います。
  • コマンドをカスタマイズ:利用できるコマンドがすべてリストにまとめて表示されます。コマンドのオン/オフを切り替えたり、カスタマイズしたコマンドを作成したりできます。
  • 用語集:音声コントロールに新しい単語を登録できます。
  • 確認を表示:コマンドが認識された時に、画面の上部に確認メッセージが表示されるので、見てわかります。
  • サウンドを再生:コマンドが認識された時にサウンドエフェクトを再生します。
  • ヒントを表示:コマンドの候補を動的に表示します。システムコマンドと似ていながら、完全には一致していない指示内容を話しかけた後で、自動的に表示されます。
  • オーバーレイ:番号、名前、グリッドのオンスクリーンオーバーレイを連続表示するように設定できます。
  • 画面注視認識:Face ID 搭載のデバイスでは、この設定を使って、画面を見ているかどうかに応じて、音声認識のオン/オフを切り替えることができます。音声コントロールで複数のデバイスを使っている場合に便利です。

音声コントロールの関連情報

音声コントロール (クラシック) の使い方について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

公開日: